• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

買いだめしたキノコを保存する方法

Date:2013.10.20

安いときに買いだめしても大丈夫!

おいしくて、いろいろなお料理に使えるきのこは、スーパーなどでも一年中買うことが出来てとても助かる食材ですよね。

ですが、安いときに沢山買いだめしておいて、いろいろ使おうと思っていたら、いつの間にか時間が経って、気付いたときには傷んでいたということはありませんか?食材をムダにするのは避けたいので、今回はとても簡単に出来るきのこ類の保存方法をご紹介します!

しめじの保存方法

今回は、しめじとえのきの保存方法をご紹介します。まずはしめじからです。安いときに沢山買いだめしました。

用意するもの

  • フリーザーバッグ

以上です。冷凍保存なので、フリーザーバッグさえ用意すればすぐに出来ます!

意外なポイント!

すぐにしめじから切りたくなるところですが、まずはあれこれ始める前に、フリーザーバッグをすぐに使えるように用意することをオススメします!フリーザーバッグの上部を折り曲げて、マチ付きならば立たせると更に使いやすくなります。

それではやってみましょう!

まずは、しめじを手で半分に割ります。

次に、石づきを切り落とします。V字に包丁を入れると、無駄な部分が出ません。

石づきがちゃんと切り落とせているか確認します。

食べやすい大きさに手で分けて、フリーザーバッグに入れていきます。残りのしめじも同じようにします。

全部入れ終わったら、手で平たくして冷蔵庫に入れやすくします。

きちっと封をすることをお忘れなく!

そして、冷蔵庫の冷凍室に入れて終わりです!とても簡単ですよね。

続いてえのきを保存します。

えのきの場合も基本的にはしめじと同じですが、少々工夫すると、使うときに使いやすくなりますので、ぜひチェックして下さい!

まず、えのきの石づきを切り落とします。あえて、直接、袋の上から切り落としています。

石づき付近のくびれを目安に切り落としました。

しめじの石づきを袋の上から直接切り落とす理由は、しめじの石づきにはオガクズが付いていますので、なるべくそのオガクズをまな板などに落とさないようにするためです。

石づきを切り落としたえのきを、普段、使う大きさに切っていきます。今回は2等分しましたが、3等分でも食べやすい大きさになります。

ここで、フリーザーバッグに入れたくなりますが、もう一工夫します。この状態で冷凍してしまうと、分けて使うときにえのきの上の部分だけ、または下の部分だけとなってしまうので、均等に使えるようにします。

えのきの下の部分を食べやすい大きさにほぐしていきます。

上の部分と下の部分が同じような大きさにすると、使うときに便利です。

ここで、先ほどほぐした部分と、上の部分を混ぜます。こうすることで、分けて使うときに上の部分も、下の部分も均等に使えます。

ここからは、しめじの保存方法と同じ要領で行います。

全て入れ終えたら、手で平たくしましょう。

平たくしたら、しっかりと封をしましょう。

最後に、冷凍室へ入れたら完了です!

きのこを冷凍保存するもう一つの利点

きのこ類は冷凍することでとても簡単に保存できるので、沢山買っていつでも使えるようにしておきたい食材です。

また、きのこは冷凍すると旨み成分が増えるという特徴もありますので、買いだめしたときは、ぜひこの方法で保存することをオススメします!

この記事をシェアする

関連記事