• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

筋トレの落とし穴。間違った筋トレは逆に体を壊す事も・・・

Date:2012.12.17

筋力トレーニングは男性やボディビルダーだけが行うものではありません。でも女性にとって筋トレなんて違う世界の話、と思っている人も少なくないかもしれませんね。筋トレは有酸素運動と同じくらい、人によっては有酸素運動よりも大切な運動なのですよ。

筋肉は加齢とともに衰えて、動かなくなったり、傷めやすくなるものです。すると体の姿勢が崩れたり、余計なところに負荷がかかって膝が痛くなったり、腰が痛くなったりするのです。

また、筋肉がないと脂肪が燃焼されませんね。筋肉がないと血流も悪くなります。美肌にも悪いです。ダイエットにも美肌にも必要な筋肉。筋トレは女性にとって大切なことです。

しかし、ただやればいいというものではありません。その方法が間違っていると、効果がないばかりか、美しいボディラインが崩れてしまう危険性もあるのです。

筋トレの効果

食事制限だけをしてもヒップアップにはつながりませんね。そこで必要なのがお尻を引き締める筋トレです。また、プルプルしている二の腕もトレーニングをして引き締めることで、締まってきます。

また、筋肉があってもそれを使っていないと、衰えてしまいます。腹筋がないと猫背になってしまう、ということからも分かると思いますが、使うべき筋肉が使われないと正しい姿勢を保つことができません。

また、筋肉をつけることで基礎代謝が上がりますから、脂肪を燃焼させやすい体になり、食べても太りにくい体になれるのです。

筋トレで重要なのは正しいフォーム

筋トレは重要だ、と思ってもむやみに思いダンベルを持って振り回しても、どこの筋肉も締まりませんし、反対に筋肉を痛めてしまいます。筋トレをする際には、正しいフォームで行うことが大切。

筋トレにはたくさんの種類があり、どの部分の筋肉を鍛えるかによってトレーニングの方法が違ってきます。二の腕を引き締めたくてダンベルトレーニングをしても、動かし方が違っていると違う筋肉が発達して太くなってしまうこともあります。

また、鍛えたい筋肉に働きかけることができなければ、効果があがりませんね。筋トレを行う際には、どこの筋肉を動かしているかをきちんと意識することが必要です。

そのためには、できるなら筋トレのプロであるトレーナーなどに正しいフォームをおしえてもらい、定期的にチェックしてもらうといいですよ。

毎日同じ筋トレをしてはいけない

やればやるほど引き締まる、と思い毎日同じ筋トレを行うのはいけません。筋トレをすると筋繊維が破壊されます。そのままトレーニングを続けても筋肉は育たないのです。筋トレをしたら、同じ内容の筋トレは2~3日空けてから行うようにしましょう。

また、筋肉痛があるときというのは、筋肉が痛んでいるということ。そんなときに筋トレを行っても筋肉を傷めてしまうことがあるので、注意しましょう。

炭水化物も食べよう

ダイエットしているからといって、炭水化物を摂らないというのは筋肉のためにはよくありません。質のよい筋肉を作るには炭水化物も必要なのです。ダイエット中の人は玄米などがおすすめ。

筋トレの前後はストレッチを

いきなり筋トレをすると、温まっていない筋肉を無理に伸ばしたり、使うことになりケガの原因になることも。効果を上げるためにも、ストレッチをして体をほぐしてから筋トレをするといいですよ。また、筋トレの後は必ずストレッチをしましょう。

酷使した筋肉をゆっくり伸ばしてあげることで、疲れも取れやすく、筋肉痛の予防にもなります。それと、寝る直前に激しい筋トレをすると寝つきが悪くなることもあるので、入浴して体も心もリラックスしてから寝るようにしましょうね。

この記事をシェアする

関連記事