• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

脱ネガティブ!「嫌い」という感情をコントロールしてイイ女になろう

Date:2014.05.01

世の中には色々な人がいます。私たち全員が全て同じ行動をとるわけでもありませんし、意見が違うことも当たり前、性格だって違うものです。私たちは社会で違った個性の人と付き合っていかなくてはいけない場面に多く遭遇します。

中にはどうしても好きになれないとか嫌いな人も存在するでしょう。でも、嫌いだからといってその感情を野放しにして、相手を傷つけてもいいのでしょうか?それは違いますよね。嫌いという感情はネガティブです。感情を蝕んでしまいます。

嫌いという感情は貴女の人生に影を落としてしまうのです。人生、どうせなら楽しく過ごしたいですよね。それなら、「嫌い」という感情を理解、コントロールして、人を嫌いになるのをやめてみませんか?

嫌いになるということ

嫌いとはそもそも何なのでしょう?自分が対象のことを好きでなく、更にそれ以上に強い不快感を抱くことが嫌いといえる感情でしょう。でも、嫌いという感情は愛がなくては起こらないといいます。

一度は耳にしたことがあるかと思いますが、「嫌いの反対は好きではない、無関心だ」ということがまさにこのことなのです。好きと嫌いは表裏一体とも言える例として、大好きだった彼と別れてしまった後、大嫌いになるということです。

だから、逆を言うと大嫌いな人はこれ以上嫌いになれない分、好きになる可能性もあるし、逆に関心が全くなくなるという状況になりうるということなのです。

なぜ嫌いになるの?本当の理由

嫌いと一言で言っても、その理由は人によって様々です。例えば、自分は相手に不快な思いをしないように接しているのに、向こうからは失礼な態度ばかりをとられ、相手のことが嫌いになってしまった。

または、自分が一生懸命苦労しても中々手に入らないものを、努力もしていない人がいとも簡単に手に入れてしまい、その人を嫌いになってしまったなんてこともあります。

でも、ちょっと考えてみてください。相手の行動や相手の態度を自分がうらやましいと思っているいうことではありませんか?

傲慢な態度を取っている人を嫌いになるのは、自分が人付き合いの上で我慢して周りに合わせているのに、それをストレートに表現できているその人がうらやましいと感じている可能性があります。

また、自分が一生懸命やっていることを相手が掠め取るように横から持っていてしまい、その人を嫌いになるのであれば、本当は自分も努力せずに相手から掠め取れるその人の大胆さや要領のよさをうらやましく思っているのかもしれません。

そう考えると問題は相手ではなく、相手のことを嫌ってしまう自分にあるということが見えてくるのではないでしょうか?

そして、一つ勘違いしやすいのが、貴女はその相手ことを嫌いなのではなく、相手の行為や態度が嫌いなのです。その人という人間が嫌いというのではありません。そう考えると、人を嫌うこと自体がちょっと的外れなもののような気がしませんか?

人を嫌うことで多くのことを逃してしまっているかもしれない!?

例えば、嫌いな同僚がたくさんいるからという理由で会社の自由参加パーティを欠席した。でも、実際にはそこには自分を高めてくれる出会いが用意されていたり、昇進のチャンスもあった。

でも欠席したがためにそれは嫌いな同僚に回ってしまった…これは損をしたのは自分ですよね。

また、自分が好きな人がいても、嫌いな人がその人と話していたら、嫌いな人と避けるために結局好きな人と話せなかった、なんてことにもなります。それって、貴女が望むことなのでしょうか?

「嫌い」には気持ちを向けない

嫌いというパワーはとても強いものです。嫌いという感情に集中してしまい、その感情を優先させてしまうと、実は貴女を気にかけてくれている人や、愛してくれている人、そして貴女が大切にしたい人が実は別の方向からやってきているのに、その人に気づかないなんてことになりかねないのです。

人を嫌うというのはエネルギーを使います。愛する人にエネルギーを使うのはいいのですが、嫌いな人にエネルギーを使うなんて馬鹿げていませんか?そうなのです、折角エネルギーを注ぐのであれば、好きな人に使うのがよいのです。

好きな人に集中していたら、嫌いな人は自然と目に入ってこなくなります。また、前述のとおり、あくまで「嫌い」なのはその人ではなく、態度や行動なのです。その人を嫌う必要はありません。誰にでもよいところも悪いところもあります。

その人の良いところを見るのに集中しても、嫌な態度や行動はそういうものと割り切るのです。そう、いわゆる嫌いの反対、「無関心」を決め込むのです。私たちの人生は限られています。

嫌な感情に気持ちを持て遊ぶ暇なんてないのです。「嫌い」に意識を向けるのではなく、「好き」に意識を向けることで、驚くほどに自分が充実、成長し、愛にあふれたイイ女に変身できますよ!

この記事をシェアする

関連記事