• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

キラキラネームは採用しない企業が出現!我が子の名前を考えてみよう

Date:2013.11.20

先日私はビックリなニュースを耳にしました。なんと、就職を希望している人の名前がキラキラネームというだけで採用されないという企業が存在するというのです。

キラキラネームとはヤンキーのような漢字を使ったりホストのような名前の事です。普通にはなかなか読めない名前が多いです。例えば流星と書いて「るきあ」ちゃんという名前はちょっと前に結構流行りましたよね。

私は個人的には可愛いし結構好きです。私の息子はキラキラネームとまではいきませんが、やっぱりふりがなをふらなければ「何と読むんですか?」と必ず聞かれます。「最近の子は名前が難しいからね~」なんて結構言われたりもします。

ネットで「キラキラネーム」と検索するといろいろな実際の名前が結構見られますが、個性的な名前が多いです。

そういう名前だからと言って採用しないという理由は、「そんな名前をつけるような親に育てられたのだからろくな人間じゃない」というものもあったりして、一瞬目を疑いました。

もちろんその就職希望者本人にはなんの問題もありません。私的には親にも問題があるとは別に思えないのですが。

それって差別じゃないの?なんて意見ももちろん多々あるみたいなのですが、どういう人間を採用するかは企業の自由なのでそれぞれの企業の採用の基準というのは企業が決める事であって、たとえそれが理不尽なものでも文句は言えないみたいなんです。

賛否両論あるかと思いますが、私的には何だかちょっと悲しいニュースでした。

名前とは親が与える最初の愛情

キラキラネームをつける親なんて!とありましたが、どんな親だって子供に名前をつける時は真剣に悩んでつけるわけですよね。たとえその親がヤンキーだろうがギャルだろうが極道だろうが、親は親であって生まれてくる子供に精一杯の愛情を持っているわけです。

どんな人間であろうと関係ありません。自分の好きなキャラクターの名前をつけるのだって、その大好きなキャラクターくらい自分の子供の事が大好きって事ですし。それに対して誰かが口を挟むことではありませんよね。

好きな俳優の名前をつけたりする人だって沢山いますし、それがキャラクターになったというだけの話です。親が子供に対して愛情を注ぐにあたって一番はじめに形にできるのは「名前」ですよね。

そしてその一生懸命考えた名前を出生届に書いた時、親になった実感というものが湧いてきたりするものです。確かにビックリするような名前もあったりしますが、それも一つの愛の形なのです。

それでも子供に被害があったらかわいそう

名前は親の自由だという事を述べてきましたが、実際そのせっかくの愛情の形が子供を傷つけることになっては可哀想なような気もします。例えば学校でいじめられたりとかする事もあるわけです。

今回の就職に関しては、そんな企業なら就職しなくていい!別の企業を探せと親なら言うと思いますが、いじめの場合はそうも言ってられませんよね。

ですから、キラキラネームをつけるにしても学校でからかわれたりした時に「自分の名前にはこういう意味があるんだ!」と胸を張って子供が言えるような名前にしてあげるべきなんでしょうね。親が原因でいじめられるなんて辛すぎます。

そう考えたら名前ってすごく難しい問題ですよね。だからと言って周りの声を気にして名前をつけるというのも違う気がしますし。ですが名前というのは「やっぱり変える」という事ができません。その子にとっては一生ものなのです。

私は画数などは全く気にしませんでしたが、結構本を読みあさっている方は多いですよね。それほど皆さん悩みに悩んで名前をつけているという事なんですね。逆に自分の名前もそうやって一生懸命考えてくれたのかなと思うとなんだか嬉しくなってきますね。

名前負けって実際あまりないと思います

よく綺麗過ぎる名前に対して「名前負けしてる」なんて言い方しますが、実際には名前というのはどの子にもピッタリと感じるのは私だけでしょうか。キラキラネームでも、その子にはすごく似合っていると私は思えます。

すごく和風な顔立ちをしている子が洋風な名前をしていても、名前負けしているなんて私は思いませんよ。たとえどんな名前でも全ての人にはその名前しかないのです。

逆に芸能人で本名が実は結構地味な名前だったという場合が意外と結構ありますが、その名前を知った時何故あんなに笑ってしまうのでしょうか。失礼なのでその癖は直したいと思います。

この記事をシェアする

関連記事