• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お姑さんにこれだけは言った方がいい本音と、嫌われない上手な伝え方

Date:2013.06.15

お姑さんとは上手くやっていきたい、誰もが思うことです。できるだけ衝突を避けたいから、お姑さんの言うことには、はいはい、と素直に従い、してくれることに対しては笑顔で「ありがとうございます」と言っている、というお嫁さんは多いでしょう。

しかし、いつまでもお姑さんのいいなりになっていると、口出しされたくないことにまで、口出ししてくるかもしれません。

口出しされたくないことは、きちんと伝えないと、自分が苦しくなるばかり。言いたい本音は言った方がいいですよ。もちろん、角の立たない、嫌われない方法で。

本音を言いやすくするには?

「夫婦の問題に口を挟まないでください」と、突然電話をかけて言ったら、お姑さんは目がまん丸になってしまうでしょうね。

言ったこちらはスッキリするかもしれませんが、言われた方は納得できずに、夫に文句の電話が来るでしょう。そしてお姑さんとは気まずくなる…という成り行きが目に見えるようです。

こうならないためにも大切なのは信頼関係です。どの関係においても信頼関係は大切ですよね。相手を思い、思われる気持ちがあるから、何を言ってもむやみに腹を立てずにすむのですね。

信頼関係を築くには、やはり日頃のコミュニケーションが必要なのではないでしょうか?

お姑さんとのコミュニケーションの取り方

同居している場合は、お姑さんを避けずに、たくさん話をすることです。料理でも洗濯でも掃除でも、お姑さんがしていることで勉強になることや便利だと思うことはどんどん教えてもらいましょう。また、そういった姿勢でいることが大事です。

もちろん、教えてもらうだけでなく、お姑さんが大変なことは積極的に手伝い、好きなものが差し入れをしたり、相手が喜ぶことは何かを考えて行動しましょう。

自分のことも知ってもらい、相手のことも知る。そうしていくうちに、信頼関係は生まれてくるのではないでしょうか。

別居をしている場合は、あまり疎遠にならないようにすることです。季節の変わり目には電話をしたり、ときには夫婦で実家の方に遊びに行ってあげましょう。常に気にかけている、ということを示すことが大事です。

別居していると、お姑さんと連絡を取るのは面倒かもしれません。しかし、言いたいことを理解してもらうには、こまめに連絡を取り合う関係でいることが必要なのです。

夫婦の問題には無関心でいてほしい

息子夫婦のことが心配なあまり、つい口を出してしまうお姑さんは多いものです。子どもはいつ作るの?ご飯はこういったものがいいんじゃない?お仕事いつまで続けるの?夕ご飯は何を作ってるの?朝は何時に起きるの?

夫婦生活に関しては自由にさせてほしいですよね。夫婦生活に関してはキリがないので、お姑さんには、きちんと言った方がいいですよ。言わずに勝手にしていると、さらに口うるさくなっていくばかりです。

家事の方法などに口出ししないでほしい

生活スタイルも違えば、おのずと家事の方法も変わってきます。お姑さん夫婦と同じようにはできません。何を優先して、どう生活をするかは夫婦で決めること。夫婦が納得して生活をしている限り、お姑さんに何も言われる筋合いはないのです。

夫の兄弟家族まで連れて急に来ないでほしい

お姑さんだけでも気を遣うのに、夫の兄弟とその家族まで引き連れて、しかも急に連絡してきて、「今からお邪魔するわ」。こちらの予定などお構いなし。

これではストレスがたまるだけ。来るなとは言えませんが、せめて連絡だけは前もってほしいもの。こちらの都合も考えてもらいたい、ということは言ってもいい本音ですよね。

毎日のように息子に電話

結婚した息子の携帯に毎日のように入る電話。それほど大切な用事もないのに、息子の声を聞くために、息子の結婚生活の様子を知るために電話をしてくるお義母さん。

妻としてはあまり気分のいいものではありません。我慢しているとイライラしてしまいます。これはなかなか言いづらいことですね。これはお嫁さんが言うよりも、旦那さんに言ってもらった方がいいかもしれません。

お姑さんに本音を言うときは顔を見て

本音を言うのは勇気が要ります。メールなどですますことばできれば、そのときは楽かもしれません。

でもメールは言葉すくなになり、誤解を招きがちです。電話も相手の表情が見えないので、言いすぎたり、言葉がきつくなりやすいです。

本音を言うなら相手の顔を見て、表情を汲み取って、優しく言いましょう。できるだけお姑さんを傷つけないように言葉を選び、誠意を持って話をしましょう。

この記事をシェアする

関連記事