• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

嫌われるのが怖い…恋愛だけじゃなくすべてに疲れきってしまう前に

Date:2014.03.13

あなたは人から好かれる方がいいですか?それとも嫌われる方がいいですか?誰だって人からは好かれたいものです。好き好んで嫌われたいと思って行動する人なんて、いないでしょう。

しかし、好かれるということはそんなにいいことばかりでしょうか。よく、人から嫌われたくない一心で友人からの頼みごとを抱え込み、結果的に自分を追い詰めてしまう人がいます。

好かれようと思ってやったことが自分を苦しめることになってしまうなんて、悲しいことです。

一方で、あっけらかんと「それはいやです」なんて気軽に断れる人の方が、結構「面白い人だよね」なんて高評価や人気を得たりするのも、人生の納得いかない部分だったりしますよね。

でも好かれることよりも「嫌われること」の方が、ときには大事だったりします。誰にでもいい顔をして、自分を苦しめてしまうよりも、疲れきる前に嫌われる覚悟を持つこと。

ちょっと難しいかもしれませんが、そのコツさえつかむことができれば、人生はもっと楽に、スムーズになるはずです。ここでは思い切って嫌われることの有意義さをお伝えしたいと思います。

全員から好かれている人など、いない

はじめに、人から好かれることを意識しすぎてしまう人というのは、「全員から好かれる自分でなければならない」と思い込んでいる傾向があるということを書いておきましょう。

自分が関わるすべての人から好かれる人なんて、この世にはいません。どんなにいい人でも、どんなに人望が厚い人でも、100人中100人に好かれるなんていうことは絶対にありえません。

まずはそのことを理解しなければ嫌われる覚悟を定めることはできません。

嫌われるということは、個性的であるということ

さて、あなたの周りで「あの人は協調性がないよね」などと言われ、ちょっと疎まれている人はいませんか?そういう人たちに共通している点とは一体何でしょうか。

それは「個性的である」ということだと思います。疎まれる、つまり嫌われるということは、その人の個性が前面に出てしまうため、周りと衝突してしまうことから起こる副産物なのです。

個性的と評価されている人というのは周りからの目を気にせず、堂々としているものです。嫌われようがどう思われようが自分を貫くことができるわけです。

そう考えると嫌われることが必ずしも悪いことだけではなく、有意義なことであるとご理解いただけると思います。人の目を気にしてビクビクしながら過ごすよりは、堂々としている人の方が断然魅力的。

そしてそういう人の方が、人からの注目や評価を得るに適しているというのは明白な事実なのです。

自分から寄っていかなければ、相手から寄ってきてくれる

人から好かれようと無理をしてしまう人というのは、相手に何かを働きかけて自分の印象アップを図る傾向にあります。

本当はしたくないのに「何かお手伝いしましょうか」と気を遣ってしまって、結局は自分が抱え込んで疲れてしまう…という展開。身に覚えがある人もいるでしょう。

しかし、結局はあなた自身が疲れてしまうのであれば、いくら人から好かれようとも、あなたが苦しいだけです。

でも、人にいい印象を与えようとする努力を思い切ってやめてみましょう。困っている人がいても、放っておく。そうするとどうなるでしょう。相手からあなたに寄ってきます。

相手が本当に困った状況、手を貸してほしい状況になったとき、縁があれば自然とあなたに寄ってきてくれます。

また、行きたくない会合や飲み会に誘われて、嫌われたくない一心で無理して参加してしまうということもあるかもしれませんが、これももしその人たちとあなたの間に縁があれば、たとえ断っても同じような機会は必ず巡ってきます。

断ったくらいで嫌われるなんて、それはその程度の縁だったということです。断る勇気を持ちましょう。

余計な付き合いがなくなる分、自分の時間が有効的に使える

嫌われるというのは言い方が悪いかもしれません。好かれることに神経を注ぎすぎない、という言い方にしましょう。では、好かれることばかりに神経を注ぎすぎないことで得られる利点とはなんでしょうか。

それは、人間関係においての余計なしがらみが無くなるため、自分の時間が有効的に使えるようになるという点にあります。

人に時間を合わせてばかりいたら、自分がやりたいこと、興味のあることに時間を避けません。時間というのは限りがあります。

人のためではなく自分のために時間を使い、充実した時間を過ごせるのなら、多少人から疎まれようとも得るものはとても大きいはずです。

好かれるばかりが能じゃない。嫌われる覚悟さえ持つことができればもっと人生は楽しく、有意義に過ごせるはずです。そして人の目を意識していたときよりもあなたの評価は自然とアップしていくでしょう。

この記事をシェアする

関連記事