• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「キレイな笑顔だね」と彼に必ず言わせる!美笑顔をつくる5つのコツ

Date:2012.08.27

笑う門には福来る、とはよく言ったもので、よく笑う人の周りには人が自然と集まりますね。笑顔は自分もそばにいる人のことも、幸せにしてくれます。さらに、その笑顔がとてもキレイだと、男性はドキッとしてしまいます。

その美しい笑顔を自分だけのものにしたい、と思わせるようなキレイな笑顔ができる女性でいたいですね。

美人であるとか、そうでないとかは関係ありません。美人だからといって、笑顔がとびきりキレイなわけでもないですよね。

自然と生まれる笑顔はとても美しいものです。さらに、もっとその笑顔を美しく見せるコツを紹介しましょう。

エクササイズで美笑顔のための口元をつくる

笑顔の最大のポイントは口元です。口元がキレイな形であれば、美笑顔をつくることができます。

例えば口角が下がっていると、キレイな笑顔ができません。鏡を見て確認してみてください。直線よりも口角が下がっていたら要注意!

加齢とともに顔の筋肉は衰えてきます。口角が下がっているのは、筋肉が衰えてきたことが原因の一つ。口角を上げるエクササイズで筋肉の衰えを防ぎましょう。

  1. 口を閉じて上下の唇を隠すように合わせます。
  2. 口角を上げ、そのまま30秒キープします。

また、口角を上げて笑った顔を作ります。それを1分間キープ。というエクササイズもあります。どちらも簡単なので、毎日行うようにするといいですよ。

顔のしわをなくして美しい笑顔

「しわくちゃになる笑顔が素敵」と言う人もいますが、そうでない美しい笑顔を目指すには、顔のしわ対策が必要です。

しわは加齢とともに増えてしまうものですが、できるだけしわをつくらないためにはスキンケアが大切です。特に乾燥をさせないことが必要。

肌を乾燥させないためには、ていねいな洗顔、たっぷりの水分、そしてその水分を逃がさないための保湿ケアをしっかりとしましょう。

保湿ケアはセラミドやヒアルロン酸といった保湿成分が配合された保湿化粧品できちんと保湿すること。また、睡眠不足や偏った食生活も見直しましょう。

自然な笑顔の作り方

作り笑顔や愛想笑いというのは、他人から見たら感じのいいものではありませんね。素敵な笑顔を作るといっても、わざとらしい笑顔であっては美しい笑顔とは言えません。

また、口元だけ笑っていて、目が笑っていないと作り笑いをしている、と思われてしまいます。

作り笑顔と思われないためには、相手の話をよく聞いて状況を確認しながら笑顔を作りましょう。常ににこにこしていると、愛想笑いと思われてしまうこともありますから注意しましょう。

キレイな笑顔のカタチというのは、口元は二等辺三角形で上の歯が見えていること、しかし、歯茎は見えすぎないことです。

自分の笑顔がどうなっているか、どんな笑顔がキレイに見えるかを確認するためにも、鏡で研究をするといいでしょう。いろいろな笑い顔を作って自分の最高の笑顔を見つけましょう。

美しい笑顔は幸せメイクで作る

メイクの力は偉大です。キレイな笑顔もメイクの力を借りると、さらに美しい笑顔に。キレイな笑顔に見せるメイクのコツは幸せメイク。

きりっとしたメイクではなく、きらびやかもでない、ふんわりとした幸せ感が出るような仕上がりにするのがコツです。

アイシャドーは淡いピンクやベージュなどのパール感の効いたものを。しかし、ラメが入り過ぎていないものを選びましょう。

まつ毛はしっかりとカールし、マスカラをたっぷり目につけると明るい印象に。口紅はあまりしっかりと縁どりをせずに。色はピンクベージュや淡いオレンジ色などの優しい色を使います。グロスは塗り過ぎず、ツヤが出る程度にしておきましょう。

顔色をより健康的に見せるためにはチークは欠かせません。頬骨のあたりを中心に少し範囲を広めにうっすらと色づく程度に塗ります。

メイクがしっかりと決まるとテンションも上がりますね。美しい笑顔づくりにテンションはとても大切。自信を持って笑顔を作りましょう。

キレイな笑顔は明るい心が大切

笑顔を作ろうと思っても、落ち込んでいたり、悩んでいるとキレイな笑顔は作れません。無理に笑おうとするとそれは作り笑顔になってしまいます。

美しい自然な笑顔を作るには、心が元気でなければなりません。元気でいれば笑うことが増え、顔の筋肉を動かすことになり、しわなどを防いで生き生きとした表情をつくることができ、それが美しい笑顔につながります。

心が元気でいるためには、必要以上に思い悩んだり、落ち込んだりしないことです。できる限りポジティブに物事をとらえ、考えるようにしましょう。

そうすることで暗い顔をする時間が減り、明るい表情でいることが増え、素敵な笑顔を自然につくることができるようになるでしょう。

この記事をシェアする

関連記事