• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

顔立ちは関係ない!?男性がドキッとする女性が綺麗に見える条件とは

Date:2014.04.12

顔立ちは

女性は誰しもいつも綺麗でありたい、そう願うものです。「ああ、私の顔がもっと美人だったらなあ」とか「あの女優さんみたいに整った顔立ちだったら、私ももてただろうに…」なんて考えることもしばしば。でも、顔は生まれ持ったもの。

矯正で小顔にできたりといったことはできても、顔立ちは基本美容整形をしないと変わりません。でも、顔立ちが整っていないと女性は綺麗ではないでしょうか?いいえ、そんなことはありません。

男性から見ても、ましては女性から見ても、女性が綺麗に見えるポイントというものがあるのです。このポイントさえ押さえれば、女性が綺麗に見える、綺麗にしていると見えるのです。

逆にこのポイントを押さえないと、折角の美人もあまり綺麗に見えなかったり、手抜きしているように見えたりしてしまいかねません。忙しいけど、常に綺麗に見せたい、そんな貴女はここでご紹介するポイントをカバーすることから始めてみませんか?

1. 手入れされた爪

手は毎日使うものですよね。その中でも知らずとダメージを受けるのが爪です。でも、その爪や指先は意外と見られているものなのです。そこで活躍するのがマニキュアです。綺麗にマニキュアが塗られているとかなり印象が違います。

せめて透明のマニキュアを塗るといいでしょう。また、マニキュア自体が家事などの状況で塗れないというようであれば、せめて爪の形をやすりで整え、爪と指の間に汚れがたまらないように気を付けるだけでもかなり違います。

2. フェイシャルヘアの手入れ

ちょっと放っておくと出てきてしまう顔のムダ毛ですが、これは手入れしないと意外と目立つものです。特に鼻の下の「ひげ」は女の子らしさを半減してしまいます。どんなに忙しくとも顔のムダ毛、そして眉毛の手入れはするように心がけましょう。

3. 健康的な髪

輝く美しい髪は女性の魅力を際立たせる一つです。髪の毛にふけが一杯、寝起きにただ櫛をかろうじて通しただけの髪の毛は、清潔感も女性らしさもなくなってしまいます。髪の毛はしっかりと洗い、トリートメントをして、清潔に保つようにしましょう。

そして、ブラッシングも丁寧にして、健康で綺麗な髪を保ちましょう。髪の毛が長い人はまとめ髪をマスターしておくと色々なシーンで役立ちます。髪の毛ひとつで女性の印象は変わるのです。

4. つややかな顔

吹き出物や乾燥でボロボロの肌、くすんだ顔色は、女性の「綺麗」から遠ざかったものになってしまいます。どんなに疲れていても、忙しくても、寝る前のメイクは必ず落としましょう。

そして、自分の肌質に合った洗顔料で朝晩しっかりと顔を洗い、保湿をしっかりするようにしましょう。水をしっかりと飲んで身体の中から肌を潤すことも大切です。

5. 若々しい瞳

笑った時の笑いじわなど、意外と人の目元は目につくものです。また、目の下のくまは疲れた感じがしてしまいますし、マイナスの、暗いイメージを与えてしまいます。

ぜひアイクリームを塗ったり、腫れぼったい目の時は冷やしたスプーンを目に当てて腫れをとったりといった工夫をしましょう。また、ブルーベリーエキスを摂るなど、目の疲れや視力の低下を回復させると、輝いた魅力的な目づくりに役立ちます。

6. 白い歯

話すときに人は目を見るのと同時に、口元にも目が行くものです。そんな口元から覗く歯が黄色っぽかったりしたら、折角素敵な笑顔を作っても、綺麗さから遠ざかってしまいます。最低でも朝晩の歯磨き、できたらお昼の後の歯磨きも心がけましょう。

ホワイトニング効果がある歯磨き粉を使ったり、重曹を使ったりして、輝くような白い歯づくりを心掛けましょう。

7. 清潔な服装

身に着けている服装である程度人は判断されてしまいます。貴女も、もしきちっとしたスーツを着た男性か、穴があいてしみだらけのボロボロの洋服を着た男性のどちらかと食事をしなくてはならないといったら、まず前者を選ぶのではないでしょうか。

着る洋服に個性はあった方がよいでしょうが、何よりも洋服には清潔感が大切なのです。同じブラウスでも、しっかりと洗われてきちんとアイロンがかけられたブラウスと、なんか黄ばんだよれよれのブラウスでは印象が違うことは言うまでもありません。

お気に入りの洋服でも、毛玉が一杯でいたり、生地が傷んできたら、思い切って捨てましょう。清潔感を大切に、自分に合った服装を選ぶようにしましょう。

いかがですか?これらは日常化してしまえば、大変なことでもなんでもありません。そして、お分かりかと思いますが、やはりポイントになるのは「清潔感」です。

どんなに顔立ちが整った女性でも、清潔感がなかったら「だらしない」とか「下品」になってしまうのです。ぜひ自分の生まれ持ったものを大切に、自分のキレイを作り出しましょう。

この記事をシェアする

関連記事