• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

30代・40代は内側から綺麗に!内臓力を付けてもっと綺麗になれる!

Date:2012.09.15

美容と聞くと、どうしても肌表面についてのケアを想い浮かべる方が多いと思いますが、美肌を作るには、体の中からのケアがとても大切なのだそうです。

お肌表面だけでなく、内臓美人になる事が美肌を作る近道だったのです。そこで、内臓と美容の関係や内臓ケアの方法などを調べてみました。

内臓と美容の関係

美容の為と、さまざまな美容液を使用したり、お肌に気を使っている方は多いと思いますが、なかなか成果が出てこないという方はいませんか?そんな方は、内臓機能に問題があるかもしれないのです。肌は内臓の状態で変わってきます。

便秘になって、吹き出物が出来てしまったなんて経験はありませんか?それも、内臓機能の低下からくる肌荒れです。このように内臓と美容には大きな関係があるのです。

では、何故胃腸機能の低下が、美容に関係してきてしまうのでしょうか?胃腸機能が低下してしまうと、体外に排出されるべき老廃物や毒素が、体内に留まってしまいます。

老廃物が体内に溜まる事によって、新陳代謝が悪くなり、しわやくすみの原因になるといわれているのです。又胃腸は、栄養を吸収する為の器官でもあります。

胃腸の機能が低下してしまうと、食事やサプリメントでせっかく摂取した栄養素も、体内に吸収されにくくなり、本来期待できる美肌への効果が出ないという事になってくるのです。

内臓を鍛える事で、新陳代謝が上がり、体内の毒素や老廃物の排出もスムーズに行われるようになります。老廃物が体内に溜まりにくくなれば、栄養補給もスムーズになります。

美容の為にと、気を付けていた食事やサプリメントの効果が上がりやすくなるという事になります。内臓を鍛えて、美容効果をグーンとアップさせてしまいましょう。

内臓ケアの方法

内臓機能を低下させる要因となっているのが、乱れた生活や食生活などがありますが、その他には、体幹内の運動不足があるそうなのです。

でも体幹内とは、一体どこ?とお思いの方もいるでしょう。体幹は、体の軸の部分を指しており、胴体部分の事をいいます。すなわち体幹内とは、その胴体部分の内部を指しているのです。

体幹内を鍛えるとは、内臓付近の筋肉をしっかり付けていく事になります。では、体幹内を鍛えられるとエクササイズをご紹介します。

少しずつ内臓に筋肉を付けていき、内臓機能を乱れにくくしていきましょう。息遣いがポイントになりますので、息遣いに注意して行ってみて下さい。

内臓力アップ体操

  1. まずは、腰と頭の下に薄いクッションを置き、腕は左右に広げ、膝を曲げた状態で仰向けに寝ます。
  2. 鼻から息を吸い込み、口から息を吐き切る直前に息を止めます。
  3. 息を止めた状態で、お腹をおもいっきりへこませて、胸は上に突き出すようにします。
  4. 息が苦しくなってきたら、体を楽にして鼻から息を吸います。

この体操を1回を3セットとして、毎日行ってみて下さい。息を吸ったり止めたりしながら、胴体内部を意識して動かす事で、内臓機能を高めてくれます。

体の中の事なので、なかなか効果を実感するには、時間がかかりますが、地道に続ければ体の中も外も美しく変身出来るはずです。ぜひ、お試し下さい。

この記事をシェアする

関連記事

コメント