• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

目指せ美乳!きれいで大きなバスト作りに欠かせない栄養素と知識

Date:2012.12.13

若々しくて、美しい、形の良いバストラインは女性みんなの憧れです。でも、悲しいことに現実は甘くはなく、努力もなく自分の理想のバストラインを持つ人は限られていますよね。バストは大きければいいものではなく、美しく、セクシーであってほしいものです。

弾力があり、程よく大きく、形良く…そんな理想に近づくため、ここでは美容整形ではなく、理想のバストを手に入れるために必要な栄養素、避けたい食品、コツを紹介していきます。

バストの発達に必要なもの)

どんな栄養素が魅力的なバスト作りに関係してくるかをご紹介する前に、まずは基本的なバストの発達の仕組みについて触れておきましょう。

まずプロゲスチン(黄体ホルモン)、プロラクチン、プロスタグランジン、成長ホルモンの分泌は女性のバスト細胞の発達におき、特に思春期に重要な要素となります。更に通常20歳くらいまでに女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が盛ん、順調になります。

エストロゲンは脂肪を溜め込むことでバスとの成長の過程を促進、間質組織を発達させ、必要な栄養素を供給し、より魅力的なバスト作りを促します。

また、高レベルのプロゲステロンとプロラクチンは小葉と肺胞を発達、機能性を維持させる助けをし、女性の乳房の増大を助けます。つまり、身体にあるホルモンは女性の美しいバスト作りの元で、それを刺激するための栄養素を理解、利用することが魅力的なバスト形成への近道となるわけです。

エストロゲンとサイトエストロゲン

エストロゲンとは女性ホルモンの一種で、卵胞ホルモンとも呼ばれます。エストロゲンはバストの発達、形成、常態において基本的な役割をし、女性らしいラインを作る第一人者なのです。

サイトエストロゲンは植物性のエストロゲンで、天然エストロゲンと同様の働きがあり、美しく、大きく、セクシーなバストに必要な栄養素として知られています。天然エストロゲンが摂取できる食品としては大豆があげられます。

大豆以外にも、香辛料、全粒粉食品、種子といった食材は天然エストロゲンとサイトエストロゲンを含んでいます。また、プエラリアの高品質エキスが入ったバストアップサプリメントはサイトエストロゲンが豊富に含まれています。

是非これらを日常生活に取り入れてみてください。ただ、過度なエストロゲンは逆に身体に悪影響を起こしてしまうと言われていますから、ひたすら豆腐を食べ続ける…みたいなことは絶対にやめてくださいね。

ビタミンAは綺麗なバストラインの味方

ビタミンAの消費は骨格と細胞の成長に良く、様々な果物や野菜から簡単に摂取することができます。しかしながら、ビタミンAだけでは働きが悪く、ビタミンCを補助として取る必要があります。そのため、青い葉の野菜のようなビタミンCが豊富な食材を日常の食生活に取り入れることが必要となります。

また、ビタミンE、ベータカロチンやミネラル、セレンのような抗酸化物質のサプリメントやたまねぎ、にんにく、にんじん、トマト、ブロッコリー、キャベツ、カリフラワーといった新鮮で抗酸化物質を豊富に含んだ野菜や果物を取るように心がけてください。

抗酸化物質は成人病や身体のサビ、老化の一因となる活性酸素を抑え、若々しい身体を保つ助けをします。

ビタミンB6はバストアップへの近道

ビタミンBひとつとっても色々な種類がありますが、バストアップに欠かせない栄養素としてビタミンB6が挙げられます。ビタミンB6はエストロゲンと深い関わりがあり、ビタミンB6を摂取することでPMS(月経前症候群)も緩和されるといわれています。

また、ビタミンB6は肌にも良いとされており、綺麗なバストを保つのには不可欠です。マグロ、レバー、バナナ等に多く含まれて居ます。話題になったバナナダイエットではバストアップの効果を得た人もいて、B6の過剰摂取は殆ど問題がないとも言われてはいますが、目安は100g、バナナ約3本程度です。

良質の油をとろう

バストが大きくなるということは脂肪が多くなることでもあります。そこで、油は動物性より植物性、調理油はバージンオリーブオイル、肉からよりも魚から油を摂取をお勧めします。良質で綺麗な油は綺麗なバストに繋がるのです。

食物繊維は綺麗なバスト維持に貢献、乳がんも防ぐ?

食物繊維が豊富な、オーツ麦、ライ麦、玄米、豆、キビ、青野菜等を忘れずに取りましょう。こういった繊維が多い食物を摂取することはを美しいバストの維持に非常に効果的です。

植物繊維は食べ物が腸を通りやすくして、エストロゲンの再吸収を減らし、結果乳がんを防ぐことに繋がります。腸内を綺麗にしておくことは美肌にも繋がります。

アルコール、カフェインの摂取はバストアップの妨げ?

アルコールの消費は適度に抑えましょう。バストアップの妨げということよりも、バストアップ実践中の方の体調、健康への悪影響の可能性が問題となります。

適度のアルコールはエストロゲンの分泌につながりますが、エストロゲン自体は肝臓の働きを抑制してしまうため、呑み過ぎるとアルコール等を肝臓で浄化できなくなり、結果、酔いやすくなるのです。また、コーヒー、コーラ、ココア、濃いお茶の摂取を控えましょう。

カフェインは脂肪分解に効果的でダイエットを助けますが、その分脂肪で出来ているバストは小さくなってしまいます。カフェイン抜きを選ぶか、摂取しても適量で抑えましょう。

ただ、どちらも、好きなのに完全禁止、というのは避けましょうね。ストレスが逆にバストアップを妨げにもなりかねるので、無理は禁物です。

ブラジャーは大切

栄養素からは少し外れてしまいますが、綺麗なバストラインを作るためは正しいサイズのブラジャーの着用が欠かせません。身体にあっていないブラジャーを着用しているとバストラインのみでなく、身体のラインも崩し、ゆがみにも繋がり、最悪、体調不良にも繋がります。

下着を購入する際に店員に相談してサイズのあったものを選ぶようにしましょう。是非参考に、無理なく日常生活に取り入れてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事