• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

間違った基礎化粧品の使い方してない?正しいスキンケアでモチモチお肌へ

Date:2012.11.07

間違った基礎化粧品の使い方をしていないでしょうか?高価な化粧品ばかりがいいという訳ではありません。

なかなか効果が出ない、ましてや肌トラブルが目立つようになったなど、思うような実感が得られないのは使い方一つで変える事が可能です。

洗顔料はちゃんと落とせてますか?

基礎化粧品と言っても、付けるばかりが化粧品ではありません。洗顔料やクレンジングオイルも基礎化粧品のひとつですよね!

このようなメイク落としなどの洗顔料も、最近では無添加の肌にやさしいものが主流となっています。しかし、クレンジングはクレンジングです。

皮膚に付いた老廃物やほこり、それにメイクなどと一緒にこのクレンジングもしっかり洗い流せていない場合が多いのです。

特に注意しないといけないのが、額のきわと顎の部分です。髪の毛と接触するこの部分には、意外にすすぎ残しが多いのです。

髪の毛が額に垂れないようにカチューシャやヘアバンドなどで止めて、顎にかかる毛は耳より後ろ側にピンなどでしっかりと止めましょう。

よくテレビCMや雑誌の広告では、中途半端に髪の毛を垂らしたまま洗顔するシーンを見かけますが、額の生え際が洗いづらくしっかりすすげません。また、髪についてしまった洗顔料が肌へ張り付いてしまうため最悪です。

質より量で手間もかける

高価な化粧水や美容液を大切に使うのもいいですが、実は成分などの質以上にたっぷりと使うという事が重要です。

特に冬場は肌が乾燥しやすいために、塗って数分後には乾いてしまうという事もよくあります。

ましてや化粧水などは洗顔後、一番に肌に染み込ませるものですから、ここでたっぷりと潤わせておかないと、次に使用するクリームや美容液がまんべんなく浸透する事ができません。

化粧水は、一度つけたら数分後にもう一度つける位の手間をかけてあげましょう。面倒だとは思いますが、せめて冬場は2度づけが必須だと考えて下さい。

これだけの手間をかけるだけで、乾燥などの肌トラブルは驚くほど改善します。また、化粧水や美容液がひとつになった最近主流のオールインワンですが、できればこのオールインワンを使用する前にも化粧水をつける方が理想です。

クリームやジェルタイプのオールインワンの中には、分子量が大きくてせっかくの美容成分が皮膚へ浸透しないタイプもあるからです。美容成分が浸透しやすい「道筋」をつくってやるのも化粧水の大切な役目なのです。

決して高い化粧水でなくてもかまいませんので、その分たっぷりと浴びるように使いましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント