• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたの肌が悲鳴を上げる!基礎化粧品の間違った使い方

Date:2013.12.15

基礎化粧品はメーカーによって、美容成分やスキンケアの考え方がそれぞれ違います。そのため、あまりの種類の多さに何がいいのかわからなくなったり、正しいスキンケアとは何なのか考えることはありませんか?

また、基礎化粧品は値段が高ければ効果も高いと信じる女性たちもいます。しかし実際は、基礎化粧品は値段が重要なのではありません。

大切なことは、自分が求めている機能をもった美容成分が入っているものを使い、肌をいじめるスキンケアの仕方は避けることです。そこで今回は、肌をいじめるスキンケア方法と基礎化粧品の間違った使い方についてご紹介します。

化粧水をつけるときに手でたたく→赤ら顔・シミの原因に

肌を引き締めるために、化粧水をつけた後たたき込もうとする人がいますが、実際は肌をたたいても全然意味がありません。むしろ肌への刺激で赤ら顔になったり、シミができてしまいます。

また、コットンで基礎化粧品をつける人もいますが、コットンはどんなに上質なものであったとしても、繊維が肌に小さな傷をつけてしまうと言われています。基礎化粧品は手で優しく肌になじませるようにしましょう。

化粧水だけは毎日つける!→かえって肌が乾燥する

どんなに仕事から疲れて帰ってきても、肌のために必ず毎日欠かさず化粧水だけはつけるという人がいます。しかし実際は、スキンケアが面倒ならば、美容液か乳液、保湿クリームだけをつける方が良いのです。

なぜなら化粧水自体には保湿効果がなく、水を与えているだけの状態だからです。たとえ化粧水をたっぷりつけたり重ね塗りしたとしても、肌を守ることにはなりません。

もし、化粧水だけは毎日欠かさずつけている!という方は、化粧水を美容液か乳液、保湿クリームに変えましょう。これは、肌が乾燥などであれているときにも有効な方法です。

ニキビができても乳液はつける→ニキビが油分で悪化

肌にニキビができたとき、悪化を恐れて基礎化粧品を全くつけない人もいれば、乾燥はニキビの原因だからといつも通り基礎化粧品を一通りつける人もいます。しかし、実際はどちらもニキビをかえって悪化させてしまう行為です。

ニキビができたときは、乳液やクリームなどの油分が多く含まれたものをつけるのは避けましょう。代わりに成分にこだわって、水分をメインに化粧水と美容液のみつけるようにしましょう。

まず、化粧水はビタミンC誘導体が含まれたものを選びます。ビタミンC誘導体入りの化粧水は皮脂を抑えてニキビを予防し、ニキビ痕の赤みを薄くしてくれるはたらきがあります。次に、美容液はセラミドやヒアルロン酸が含まれたものを選びましょう。

これらをつけて水分補給をすると肌がやわらかくなり、毛穴が詰まりにくくなるのでニキビの悪化を防げます。

朝は洗顔をしない→朝と晩は洗顔したほうが○

肌のためにあえて朝に洗顔をしない人もいます。その理由は、洗顔をすると肌の潤いが逃げてしまうからという不安があるからです。確かに洗顔すると肌がつっぱった感じになったり、肌が乾いたように感じます。

しかし古い油分が肌に残ったままでは、油分が酸化して肌の老化の原因になります。肌を守りたいからこそ、肌を清潔にするための洗顔は必要なのです。

洗顔するときは泡をしっかり立てて、Tゾーンから先に泡をのせてなじませましょう。次にUゾーン(頬、顎などの部分)、目もと・口元の順で洗っていきます。ぬるま湯ですすいだ後は、必ず鏡を見て泡が残っていないか確認しましょう。

折角良い美容成分が多く含まれた基礎化粧品を使っても、使い方で肌をいじめていては意味がありません。基礎化粧品を選ぶときは美容成分にも注目し、スキンケアは自分の肌をいたわるように行いましょう。

この記事をシェアする

関連記事