• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

キスされない理由はコレ!キスしたくないと避けられる女性の唇

Date:2014.06.12

「好きな人とデートできるけどキスされない」

「最近彼氏からのキスが減った」

など、キスされないことを悩んでいる方は居ませんか?キスされないということは、何らかの理由があることが考えられます。

今回は、「キスしたくない」と避けられる女性の唇の特徴を4つご紹介します。当てはまる項目があれば直してみてはいかがでしょうか。

1 虫歯や便秘など口臭がある

キスは、唇を密着させるので口臭がある女性は避けられる可能性があります。会社員Kさんは、口臭がある彼女と付き合っていた時にキスを求められて辛かったと言います。

彼女は便秘になることが多くて、口臭がかなりきつかったんです。一緒に暮らしていたので、野菜とか牛乳とか便秘にならないように摂らせていましたが、全然駄目で息を止めてキスすることもありました。

フレンチキスなら問題ないかもしれませんが、虫歯や便秘の状態でディープキスすると相手に迷惑をかける恐れがあります。

初キスで口臭があると気付かれることでキスされないだけではなく、お付き合いのお断りなんて事態に陥るかもしれません。

日頃から口臭が気になる方やニンニクを使った料理が好きという方は、口臭対策サプリメントやミントで臭いを消す努力をしましょう。

2 リップグロスや口紅が濃い

女性の魅力をアップさせるリップグロスや口紅は、キスの時の妨げになることがあります。会社員Hさんは、仕事中にデートすることもあるようで口の状態によってはキスを避けると言います。

昼間は営業の外回りなのでランチやお茶などを彼女や気になる女性とすることが多いんです。

別れ際にキスをして次回の約束をすることがお決まりパターンですが、油を塗ったような唇や真っ赤に染まった唇、ラメパウダーで光っている唇の場合はキスをしないで別れます。

特にラメは厄介で唇から顔中に広がることもあるんで、会社に戻ってから『なんか光っているぞ』と上司から指摘されると言い訳に困ります。キスしたい気持ちがあっても、唇状態によっては無理なんで遠慮します。

唇を可愛く見せるための努力は必要ですが、過度の演出はキスを遠ざけてしまいますので気をつけましょう。

3 香水や柔軟剤の香りがきつい

香りが持続する香水や柔軟剤は、女性らしさをアップさせるので多くの方が使用しているのではないでしょうか。しかし、匂いの好き嫌いは人によって違うので注意が必要です。

派遣社員Jさんは、匂いに敏感であるが故にキスしたくなくなることがあるそうです。

いいなと思う女性とデートし、開始30分位で帰った経験があります。理由は匂い。俺は、匂いに敏感で駄目な香りだと吐き気に襲われるんです。

特に甘ったるいバニラ系の匂いは強敵で、香水か柔軟剤かわかりませんが女性からその匂いがしてきたら『ちょっと用事ができた』とか嘘をついて帰ります。

付き合っている彼女なら『匂いきついな』と指摘できますが、付き合う前の時点で文句は言えませんからね。吐き気をこらえながらキスすることは無理なので、香りがきつい女性とはキスを絶対にしませんね。

自分では良い香りと思っていても彼氏や好きな男性がどう思うかはわかりませんので、デートする時に香りをまといたい時には微かに香る程度に抑えたほうが良いでしょう。

4 キスを避けることがある

皆さんは、キスされる時に避けた経験はありませんか?自営業Aさんは、彼女との苦い思い出を引きずってキスは自分からしないと言います。

付き合ってしばらく経った頃、彼女にキスをしようとしたら避けられたんです。彼女が好きな俳優が出ているドラマ中でしたが、どうしてもキスしたくて顔を近づけたら『やめて』と顔をそらされたんです。

一度きりなら気にしませんがそれが何度か続いたんです。とてもショックでキスしたくても、また避けられるかもしれないと考えるようになってしまいました。

何度か避けられると自分からはキスしたくなくなったので、今は彼女から求められた時だけキスしています。

軽い気持ちでキスを避けたつもりでも相手の心を深く傷つけてしまうこともあるようですから、キスは避けない方が良いかもしれません。

雰囲気作りも大切です…

キスは愛情表現の一つですから、無いと場合は不安になってしまうことでしょう。ご紹介した項目の中に当てはまる部分が無かった場合は、彼氏に理由を聞いてみることをお勧めします。

「乾燥で唇が割れて痛かった」、「風邪気味だった」など納得できる答えをもらえるかもしれません。

また、キスする隙がないという理由からキスしてもらえない可能性もありますので、彼氏との距離を縮めてキスを気軽にできる雰囲気作りもしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事