• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

キスをして幸せになろう!幸せになれるキスのタイミングとキスの種類

Date:2013.03.01

皆さんは毎日キスをしていますか?キスにもさまざまな種類のキスがありますね。恋人とのキス、旦那様とのキス、子どもたちへのキス…。

キスをすると幸せな気持ちになりませんか?キスをすることでお互いが許しなっている気持ちにもなるし、愛情の確認にもなりますよね。

でもおざなりのキスはかえって寂しさを伴います。温かい、愛情のこもったキスをしたいですね。キスにはすごくいい効果がたくさんあるのですよ。それを知ったら、もっとキスがしたくなりますよ。

キスをするとキレイになれる?

キスをすると気持ちよくさせる成分であるエンドルフィンが増加し、またリラックス効果のあるオキシトシンが増えるのだそうです。

だからキスをすると心がやすらいだり、気分がよくなるのですね。エンドルフィンには落ち込んだ気分を元気にしてくれる作用もあるそうですよ。

また、唾液を交換することでドーパミンも増えるので興奮して愛情が高まるとも言われています。

心が和らいだり、愛されていると確信することは女性ホルモンの分泌を促し、女性をキレイにさせます。キスをすると女性はキレイになれるのですね。

表情筋を鍛えて老化防止

舌をからませるキスは、顔の30以上もの筋肉を使うのだそうです。つまり、キスは表情筋のトレーニングになるということですね。

キスをすることで、表情筋を鍛え引き締った顔になれるのです。キスは美容にもいいのですね。キスはやっぱり女性をキレイにしてくれますね。

キスで旦那さんを長生きさせる

毎朝のキスをしている男性としていない男性とでは、キスをしている男性の方が平均して5年は長生きするという研究発表があるそうです。

キスをすることで安心したり、心がやすらぐのは女性だけでなく男性も同じことのようですね。精神的安定は寿命にも関係しますものね。

キスで分かる彼との相性

キスをすることで相手が自分に合っているかどうか、相性がいいかどうかが分かってしまうそうです。キスをして気持ちいい、と感じることできればその相手との相性が合うそうです。

逆に気持ち悪い、キスをしたくない、と思うとその相手とはお付き合いがうまくいかないそうですよ。

キスを楽しむ

キスがこんなに美容や健康に効果があるものならいくらでもしたいもの。

彼とのデートではキスを何回するか目標を決めて数えながらキスをする「カウンティング・キス」というものあるそうです。これなら楽しみながらキスできそうですね。

キスを言葉なしで誘う方法

女性から「キスして」とおねだりするのもかわいいですが、雰囲気だけで分かってほしいこともありますね。言葉を使わずにキスを誘うにはどうすればいいでしょう?

まずは唇を少しだけ開き、目をうるうるさせて上目づかいに彼を見ましょう。彼もキスをしたくなりますよ。また、黙って見つめたり、彼の手や体にそっと触れてみるのも彼をソノ気にさせる方法ですよ。

キスしたくなる唇づくり

乾燥した唇は魅力的に見えませんね。お肌と同様、唇もケアをすることが大切です。ワセリンやリップクリームで乾燥対策をすること、クレンジングはポイントメイク落としでていねいに落とすこと、をしっかり守りましょう。

また、口紅の中には唇の皮膚に合わないものもありますから、すぐに皮がむけたり、乾燥してしまうような口紅は使わないようにしましょう。

うるうるした唇をつくるにはリップグロスは必需品でもありますが、乾燥しているときにはあまり使わない方がいいでしょう。また、男性の中にはあまりグロスを好まない男性もいます。使いすぎには注意しましょう。

彼が近づいてもあわてないために

エチケットとして口臭には注意したいですね。ガムを噛んだり、エチケット用のサプリメントを利用するといいでしょう。口臭の原因になる歯石や歯垢などは日頃からケアをしておきましょうね。

また、彼の顔が近づいてもあわてないよう、お肌のケアは毎日欠かさずしておきましょう。遠くから見ているとわからなかったけれど、シミやシワが多いんだね、なんて言われたくないですからね。

また小鼻の周りの黒ずみも角質ケアをして解消しておきましょう。口髭なんかもキレイにお手入れをしておきましょうね。

この記事をシェアする

関連記事