• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

汚い部屋は女子力低下のもと!キレイな部屋を保つ掟

Date:2013.08.30

あなたの部屋はきれいですか?

女子力の高には、人に見られない部分もきれいにして気を遣っているかどうかが関わってきます。例えば下着、バッグの中、お財布の中などなど・・・。人目には付きにくいけれど、そこもしっかり整頓されていると、自分自身の気持ちも良いですよね。

中でも部屋は、特定の親しい人にしか見られない場所。しかも一人暮らしなら人が来ない限りどんな常態かは分からないわけです。いくら素敵なファッションやメイクで着飾っていても、部屋がぐちゃぐちゃ、ごちゃごちゃではなんだか残念です。

ただ、部屋を常にきれいに保つというのは案外難しいものです。その人の几帳面さや性格による影響も大きいですよね。大雑把な性格の人は特に、すぐ部屋が散らかってしまうという人も多いでしょう。

部屋をきれいに保つためのいくつかのポイントを押さえておけば大丈夫!いつ人が来ても良いような、整頓された部屋を目指してみましょう。面倒くさがりのずぼら女子でもできる、キレイな部屋に見せるコツを伝授したいと思います。

乱雑になりやすい衣類

脱いだ服をついついベッドやソファに置きっぱなしにしてしまうという人、多いのでは?1回着ただけでは洗わないような服もあると思います。1度着た服って、汚れていなくてもタンスに仕舞いなおすのは気が引けます。そこで、服の一時置きボックスを用意してみましょう。

そのまま部屋に出しておいても見栄えのするような、可愛いかごを用意しましょう。その中にまだ洗わずに着る服や部屋着などを一時的に入れておきましょう。ベッドやソファーなどに置いておくよりずっと部屋がすっきりします。

部屋着の置き場所も特定していない人が多いので、この一時置きボックスは非常に便利ですよ。もちろん定期的に入れ替えて、洗濯するものは洗濯籠へ。なんでもかんでも入れてしまうと、かごから服が溢れて余計にだらしなく見えてしまいます。

また、上着類はすぐにハンガーに掛けるのは鉄則です。そのまま椅子の背やソファーにかけてしまうと、部屋が散らかった印象になるだけでなく、服の形も崩してしまいます。ボックスなどに乱雑に入れることもできないので、すぐに掛けて仕舞うように習慣付けましょう。

つめ切り、耳かき、ボールペン、などなど細々したもの

細々としたものがテーブルの上に乱雑に置かれていませんか?部屋が片付いているかどうかは、テーブルの上や棚の上の空きスペースで判断されます。

本来空いているべきスペースに物が置いてあると、それだけで生活感が出てしまい、散らかっている印象になります。これも一時置きボックスが活躍します。

まず、普段頻繁に使う細かい物を入れて置くための箱を用意しましょう。お勧めは洋書デザインになっている箱や、木の蓋ができる箱など。見た感じがインテリアにマッチして、生活感を感じさせないようなデザインだと印象アップします。

そこに、すぐに使いたい物や普段頻繁に出し入れする物を入れておきましょう。そのまま棚の上やテーブルの上に置いておいてもOK。注意したいのは、たまに中身をチェックして不必要な物が入っていないか確認すること。

一時置きボックスだからと、余計な物までぽんぽんと入れてしまうと蓋が閉まらなくなってだらしなくなります。本当に必要な物だけを厳選して入れておくようにしましょう。

ベッドメイキングは必須

朝起きたらすぐにベッドや布団を整えるようにしましょう。布団を敷いて寝ている人は、必ず毎日上げ下げするのが基本です。生活にメリハリが出ますので、片付けるというだけでなく「起きて活動する」という気分の切り替えにもなります。

ベッドの場合は軽く掛け布団やカバー、枕の位置を直してベッドメイキングするようにしましょう。今まで寝ていたのが一瞬にして分かるようだと、そこにもまた「生活感」が出てしまいます。だらしない印象になりますので、習慣になるよう努力していくことが大事です。

溜まりやすい飲み物の容器やカップ

飲み物のペットボトルや空き缶、コップやマグカップなどは結構すぐに溜まってしまうもの。特にペットボトルは何本もテーブルに出ていると、雑然としたお部屋に見えてしまいます。

ペットボトルや空き缶は、その都度片付けるか、キッチンのシンク付近に移動させましょう。マグカップやコップなども同じです。すぐにキッチンにもって行くようにし、複数溜まってから洗うのでも問題ありません。

とにかくテーブルの上は、空いているスペースがなるべく多くなるように見せるのがポイントです。

この記事をシェアする

関連記事