• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

年末の大掃除に向けて知っておきたい!ピカピカキッチンの掃除法

Date:2012.12.27

キッチンは食を作る大切な場所です。命を作る大切な場所でもあります。やはり清潔にしておきたい場所であり、1番汚れる場所もキッチンなのではないでしょうか?賢いお掃除の知恵を知って、快適なキッチンで美味しい料理を作りましょう!

換気扇の汚れには小麦粉がベスト!

料理などでどうしても残りがちな小麦粉。捨てずにとっておいてください!実は掃除に使える万能なアイテムなのです。

油でベトベトした換気扇を新聞紙の上に置きます(シンクの中で掃除をすると簡単ですよ)。ぬるま湯をかけ、その上にまんべんなく小麦粉を振り掛けます。

30分くらい置いておくと小麦粉が油汚れを吸い取ってくれるので、古いタオルでこするように拭きます。小麦粉と一緒に油汚れがキレイに落ちますよ。

排水口のヌメリはアルミ箔が使える

流しの排水口は料理の度に洗っておくのが理想です。そのまま放置すれば2日でヌルヌルの汚れがつき、悪臭の原因になります。

ヌメリを少しでも防ぐ方法は、アルミ箔を丸めて排水口のステンレスの編み籠に入れておくことです。アルミは水分がつくと金属イオンを発生し、抗菌作用を起こして汚れのヌメリから守ってくれるのです。

食器棚や冷蔵庫内のニオイには番茶

食器棚の中は家具の素材と食器のニオイが混じってニオイがこもる場所です。深めの器に残りの番茶をフライパンで炒ったものを入れて隅に置くと、ニオイを吸収してくれます。冷蔵庫内も同じ方法でやってみる事をオススメします。

ポットには角砂糖を

お湯を入れるポットを長時間しまう時、中に角砂糖を1個入れて置くと、湿気とニオイを防ぐ事ができます。

オーブンのニオイにはみかんの皮を

オーブンは高温料理には便利ですが、熱いうちにキレイに掃除をしないと時間が経つにつれてとても厄介な汚れになります。

余熱が残っているうちに拭いたり磨いたりしてきれいにした後、みかんやオレンジの皮を入れ、少し焦げ目が付くくらいに焼きます。オーブンの庫内のニオイも取れて、台所中にかんきつ系のいい香りが広がってアロマ効果大ですよ。

ステンレスのシンクの掃除方法

ステンレスは水や酸、塩分をとても嫌います。固いもので磨くとすぐに傷ができます。ですので、水滴がステンレスに残らないようにするのが手入れの常識でもあります。

水仕事をしたら必ず水滴は乾いたタオルで拭きましょう。水アカがつきにくく、磨く掃除が省けます。ステンレス素材は、漂白剤を使ったり、固いブラシで磨くとすぐに傷がつくのでいつでも拭くだけで済ますのが理想的です。

くすみをとる時には
時々料理で余った小麦粉か台所用中性洗剤をタオルにつけて磨きます。こうすれば傷がつかずにキレイになりますよ。

サビの場合は
古くなったステンレス製のシンクにはサビがついてきます。トマトケチャップをタオルにつけて磨くと不思議と取れるのです。

また、大根やにんじん、きゅうりなどの野菜の切れ端で磨き、水でさっと洗い流した後、タオルにオリーブ油を少量つけて磨くようにします。鏡のような光沢が甦りますよ。

是非試してみてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事