• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女はいつからオバサンになる?気をつけたい話し方・笑い方

Date:2013.07.28

お姉さんとオバさんの境界線はどこにあるのでしょう?40歳を越えたら?シワが増えたら?顔がたるんだら?私は、人に「オバさん」に見られたら、だと思っています。

容姿だけでなく、若さの印象を大きく左右するのはその人の発する声。喋り方や笑い方。今回は、ついつい発してしまいそうな「オバさん」語録について検証してみましょう!

ロッカーの向こうにいるのは・・・

いつも通っているスポーツジムのロッカールームでの事。ロッカーの向こう側から、数人の女性が話す声が聞こえたのです。姿を見なくても一瞬でそれが、「オバさん」達だと分かった時に何でだろう?と不思議に思いました。

もちろん、加齢とともに声帯が少しずつ張りを失う為、私たちの声は少しずつ低く、メリハリの少ない丸みのある響きになっていきます。でも声の高低だけではない何か、喋り方・笑い方にも「オバさん」っぽさがあると気付いたのです。

気をつけたい、オバさん語録とオバさん行動

・人目を憚らず大人数で大声で喋る

若い世代であれば大盛り上がりしながらも「ヤバイ、うちらうるさくない?」と一人ぐらいは気づく子がいたりしますが、オバさん達はヒートアップしたらなかなか止まらない!

・アレ、ソレ、コレ。明確な単語が出てこない

「こないだアレしたのよ」
「アソコ行ってきたわよ」
「コレもアレね、高いわよね~」

的確な言葉をすぐに思いつけず、アレ・ソレ・コレで済ませてしまうのは、頭がオバさん化してる証拠!?

・笑い方が豪快、笑ったあとにため息

“キャハハハ”ではなく“ゲラゲラ”と形容したくなる豪快な笑いっぷり、加えて大笑いのあとに、“はぁ・・”とため息が聞こえてきたら、姿が見えなくても、オバさんと認識されてしまいます。

どうすれば若々しい声でいられる?

声帯も筋肉なので、使えば使うほど衰えを防ぐことができます。歌を歌ったり、大きな声を発することは若々しい声を保つのに重要なポイント。

逆に、声を発する機会が少ないと、声帯の老化がすすみ、早いうちから張りのない嗄れ声になってしまいます。

女性は特に、閉経を境に女性ホルモンの分泌が低下して声に変化が出やすいので、日頃から適度に声帯を使って鍛えておきたいものです。

笑い方は、自分の笑い声を客観的に意識してみること。女優さんなどの理想的な笑い方を、真似てみるのも良いでしょう。初めは不自然でも、いつも間にか慣れて自分のスタイルになっていきます。

喋り方は、喋りだす前に会話を組み立てる意識を。アレ・コレを使わず、的確な言葉を使って話す女性は知的な印象で、まわりの「オバさん喋り」から一際浮き立つ存在になるでしょう。

意識することで誰でも「声美人」に近づけます。いつまでも素敵なお姉さんでいたいアナタは、発する声のアンチエイジングを忘れずに!

この記事をシェアする

関連記事