• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

痩せた?と思わせる5つの着やせポイント教えましょう

Date:2012.09.26

洋服のコーディネートで痩せて見えたり太って見えたりするという経験はないでしょうか。本当は痩せたのにコーディネートで太ったと思われてしまうということもあります。

今回は「あの子痩せたね」と思わせるような、着やせポイントを5つ紹介します。着やせポイントを抑えてコーディネートしてみましょう。

色をうまく使いこなす

締まって見えるからといって全身を黒でコーディネートしていませんか?実は全身黒コーデはそんなに着やせ効果がないのです。全部黒だと結局目線は全部に行ってしまい、何の変化もないのです。そこで色をうまく使うことが大切になってきます。

女性だから淡い色の洋服を着たいけど太って見えてしまうからと、躊躇する女性も多いはず。淡い色を着る時にこそ、さし色でどこかに黒や紺などを使うと引き締まって見えるものなのです。

コーディネートが難しい場合は、靴やカバンを黒にするだけでも目線がそこへ集まることで引き締まってみえます。黒や紺などの引き締め色は、ここぞという時のためにとっておきましょう。

長さを利用する

足を長く見せたい、背を高く見せたいなどいろいろ願望はあると思います。そこで役立つのが長さです。足を長く見せたい場合はハイウエストパンツを使ったり、トップスの丈を短いものをチョイスしたりするだけで足長効果が得られます。

背を高く見せたい場合は、縦のラインを出すことによって背が高くなったように見えます。ストールを垂らしてみたり、長めのベストなどを使うことで縦のラインができます。

小物で目の錯覚を

コーディネートが苦手という人は小物を使ってみましょう。一番つかえるものがバッグです。バッグの大きさや色で締まって見えるという効果があります。淡い色を使った服の場合は、濃いめの色のバッグを持つことでそこへ視線が集まりやすくなります。

バッグ以外だとベルトなども使えます。ベルトの太さ、色、位置でウエストが細くみえたり足長効果が出たりします。ちょっとした工夫で着やせ効果は手に入ります。

流行アイテムを使う

体型を気にして流行りのアイテムを使えないと思っている人はいないでしょうか。そんなことはありません、流行アイテムこそ着やせ効果に持ってこいなのです。

腕の太さが気になる時はドルマンが役立ちます。夏の場合はニットを使えば涼しく過ごすことができるので、ドルマンは季節を選ばず使えるマストアイテムです。

太ももの太さが気になる場合は、裾の広がったスカートなどを着るとスカートの広がりでカバーできたりします。

靴に要注意

洋服のコーディネートばかり目がいってしまい、靴選びが雑になっていることはありませんか?

靴も足首などを細く見せたり足長効果などがあり、とても重要なアイテムになっています。ヒールがないと足長効果がないと思っている人もいると思いますが、それは洋服次第であって洋服の選び方でペタンコ靴でも足長効果はあります。

ヒールなどの場合は、ベージュなどの肌なじみのいい色をチョイスすると、足長効果が得られると言われています。

ちょっとした使い方、チョイスで着やせ効果は誰でも手に入れることができます。いろんなものにチャレンジして自分に一番あったものを選んでたくさんオシャレしましょう。

この記事をシェアする

関連記事