• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自覚がないから尚怖い!男性心理が傷つく貴女の思いやりに欠けた行為

Date:2014.01.30

大好きな彼や旦那にはいつも幸せでいてほしいですよね。彼が幸せなら貴女もまず幸せになれます。

でも、実は貴女が何気なく行っている行為がその大切な男性を傷つけてしまっていたら…?

そんなつもりはなくても、その自覚のない行動で、男性は女性が自分を思いやっていない、気にかけていないと勘違いし、女性への愛情が薄れてしまう可能性もあるのです。少し胸に手を当てて、そんな行動を見直してみませんか?

1. 長すぎたり、詳細すぎるおつかいリスト

特に夫婦でしたら、旦那さんにお買い物などのおつかいを頼むことがあるかと思います。夫婦共働きならなおさら、旦那さんにも家の周りのことを色々手伝ってもらってもよいですよね。

でも、そのおつかいリストがものすごい長さになってしまったり、必要以上に細かすぎると、彼はまるで自分が雇われのお手伝いさんになったかのような気分になってしまうのです。

家のことを手伝うのはいいけど、あまりにも押し付けられたり、自分がもう分かっているようないちいちと細かいことまで指示されたらうんざりしちゃいます。

男性は女性ほど気が利かないので、詳細を指示したほうが安心なのですが、以前にも頼んだ同じようなことなら、相手をもっと信用してあげてもいいかもしれませんよね。

また、仕事を押し付けすぎず、自分でできることはする努力もしないといけません。

2. 二人で決めたことを覆す

二人で話し合い、決めたルールを女性が覆してしまう、そんなことは男性の気持ちを傷つけてしまいます。

例えば、二人で自分たちの子供へのおもちゃは1ヶ月1個までにしようと決めたのに、女性があまりにも子供がせびるものだから、男性が知らない間に買い与えてしまった、なんてことがあります。

男性も本当は買ってあげたい気持ちがあっても我慢していたのに、このようにされてしまったら、まるで自分が意地悪で子供に買ってあげなかったかのようでショックに思うのです。

3. 彼の好きなテレビ番組を一緒に観てくれない

男性が観たいテレビ番組と女性が見たいテレビ番組は違うこともあります。でも、それが特に男性が情熱を持っているものであったら、たまには一緒に観て、盛り上げてあげるのも愛情なのです。

確かに貴女がそれが好きではなく、興味を持てないのかもしれません。でも、それによって貴女が彼の趣味に全く無関心なのだと、自分が情熱を置いているものには興味を持ってくれないのだとがっかりしてしまいます。

4. 愛の言葉に反応しない

愛の言葉というのは照れくさいものではありますよね。しかも関係が長くなると、出会ったころのラブラブさはなくなってきてしまうので、余計に相手に「大好きだよ」なんて言葉は発しなくなってしまうかもしれません。

でも、折角相手が「大好きだよ」とかいってくれているのに、それに気付きもしないで自分の仕事をしてしまっている、なんてことありませんか?貴女にはそんな気がなくても、そのように無視されてしまうと、彼は恥ずかしく思ってしまいます。

彼が発している言葉にはいつも注意を払って、少なくとも笑顔で返すくらいのことはしてあげましょう。

5. 友達に何でも話す

勿論貴女にとって友達のことは大切ですよね。だからといって、彼と貴女の関係のことを根掘り葉掘り話したり、さらには彼のプライベートなことまでベラベラ話してしまったりするのはNGです。

思わず友達に話してしまうのも分かりますが、彼にもプライバシーというものがあります。思いやりがない、と思われても仕方がない行為ですよね。

6. いつまでも恨みを引きずる

彼の一度の過ちをいつまでも恨みにもってしまっていませんか?

例えば、彼が一度、友達の付き合いで女の子もいる飲み会に貴女に伝えずに行ってしまい、その後の発覚で喧嘩した後、必ず行く前に報告をするという取り決めを二人で話し合っていたとします。

でも、何か喧嘩があるたびに「貴方、あの時黙って飲み会行ったじゃない!」なんていつまでもそのときの恨みを持ち出してしまう。貴女も似たようなこと、していませんか?それは男性にとって、本当にうんざりすることなのです。

7. ドタキャン

友達皆で一緒に夕飯を食べに行こうとか計画していたのに、当日になって、「ごめん、悪いけど一人で行ってくれない?疲れちゃって」なんてことがあると、男性はショックです。

一人で行けるけど、貴女と行きたかったのが本音なのです。疲れてしまっているのは分かるけど、よほどのことでなければ、ドタキャンは避けましょう。

8. 女子会が多すぎる

女の子同士で集まる女子会は楽しいものですよね。そして、同性の友達を大切にすることはよいことです。

でも、そんな女同士の集まりばかりが続いていると、男性は「自分のことはどうでもいいんだ…」といじけてしまいますよ。

この記事をシェアする

関連記事