• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

子宝運をあっという間に高めるアイテム!妊活のおまじない

Date:2013.08.05

1.これが妊活の3原則

妊娠したいタイミングで授かれない日々が続くと、心身ともに疲れてしまうものです。両親からは孫の催促、周りからは期待の重圧。心が折れそうになることもしばしば。

世間では数年前から「妊活」なんて言葉が使われるようになりましたが、「赤ちゃん待ち」の方の妊活って具体的にはどんなものがあるのでしょうか。

私が、以前、不妊治療をしていた時は、授かるために大事なことはとにかく「休養:充分な睡眠」「運動:適度な有酸素運動」「栄養:バランスのいい食事」の3つだと漢方薬の先生に教わりました。

そして、湯船につかり子宮を温めること、ストレスにならない程度にお菓子を控えることとも言われていました。

2.子宝運アップのアイテムたちズラリ

そして、ついつい頼りたくなるのが子宝運アップのアイテムたち。身に受けると、部屋に置くと、食べると、触れると妊娠するよ~と言われるジンクスの数々。聞いたことあるものも多いと思いますが、書き出してみたいと思います。

まずは、オレンジのさるぼぼ。

オレンジはもともと子宝運を高めると言われているカラーですが、さるぼぼはまさに飛騨の里で、幸せな結婚ができて元気な赤ちゃんが安産で生まれるようにとお母さんやおばちゃんたちが願いを込めながら作ったことから、子宝・安産のお守りとされてきました。

ストラップタイプのものやお部屋に飾るタイプのものまで種類も豊富ですね。ちなみに私は妊活中は寝室に置いていました。

コウノトリキティも同様に身につけていると子宝運が高まり、黄色のくちばしが取れると妊娠が近い、なんて言われています。コウノトリキティは、色違いでご夫婦で持たれている方も多いのではないでしょうか。

続いて子宝草、ワイルドストロベリーは育てると良いとされている植物ですね。ただし、子宝草は水のやり過ぎと寒いのが苦手な植物なので注意しなければなりません。せっかくの子宝グッズが枯れちゃったなんてことになったら、気分もいっきに沈んじゃいそうです。

また、寝室に飾るといいとされているものにザクロの絵がありますね。私は、インターネットで検索したお気に入りのサグロの写真をハガキサイズで印刷し、飾っていました。

同じく絵のつながりになりますが、妊婦さんが陣痛中に描いた「富士山の絵」。私は絵心がないので、描きませんでしたしが(出産前そういう余裕もなかったのですが)、よく芸能人の方がブログにアップされたりしていますよね。

子宝の神様と言われている「木村さん」の画像もそうですが、ケータイの待ち受けにされている方も多いです。

他にも、クマのプーさん、全国各地の子宝神社、子宝温泉など妊娠に良いとされているグッズやアイテムは多くあります。

その中でも一番知られているのが「妊娠菌」と言われている「妊婦さんに接触すると自分も妊娠する」と言われるジンクスではないでしょうか。

妊婦さんの作ったおにぎりを食べると妊娠するとも言われますので、近くに妊婦さんがいたら、お腹を触らせてもらったり、おにぎりを作ってもらうのもいいかも知れませんね。ちなみにおにぎりの具は「たらこ」が効果的です。

3.ちょっぴりレアだけど効果抜群のおまじない

最後はアイテムではなくておまじないになります。よく晴れた日に、太陽の光が部屋に降り注ぐことはありませんか。

そんな時、赤ちゃんが授かることを祈りながら、手のひらを太陽にかざして、お腹にゆっくり当てます。それを3回繰り返すとお空にいる赤ちゃんへ想いが届くと言われています。

太陽を通じて赤ちゃんとつながっていると思うと優しい気持ちにもなれるものです。妊娠しやすい身体に整えることも大切ですが、少しでもストレスを排除できるように自分の心をケアすることも忘れないでくださいね。

この記事をシェアする

関連記事