• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「このままじゃ孤独に飲み込まれそう」寂しくなった時の過ごし方

Date:2013.06.12

皆さんは、一人で過ごす平日の夜や休日に孤独を感じたことはありませんか?今回は、一人暮らしや遠距離恋愛中の方にお勧めしたい、一風変わった寂しさを吹き飛ばす方法をご紹介します。

画像をプリントアウトして部屋に飾る

寂しい気持ちに心が支配されているときは、別な気持ちに浸ることをお勧めします。そんな時のお助けアイテムは写真です。デジカメや携帯電話に入れたままの画像はありませんか?プリントして写真にすることで思い出旅行を楽しめるでしょう。

画面から写真にすることで部屋中に飾ることもできます。お気に入りの写真をクリップで繋げる、紐に通す、天井に並べるなど飾り方は無数にあります。トイレや寝室、玄関などエリアごとに思い出を分けても楽しいでしょう。

但し、会いたい人や嫌な思いをした場所などの写真は、気分の落ち込みを招く可能性があるので、明るい気持ちになれる写真に限定しましょう。

普段作らない料理を作って楽しむ

料理は、味付けや見た目など配慮すべきことが豊富にあるので、何かに没頭したいときにはお勧めです。日頃料理をする方はレシピがマンネリ化していることも考えられるので、ネットや雑誌で作ったことがない料理を探してみましょう。

料理が苦手な方や時間がない方は、手間のかかる料理ではなくホットケーキやアイスに生クリームやチョコスプレーでトッピングするだけでも楽しい気分になるでしょう。

お店で出されるようなおしゃれな器に飾ってプリントし、オリジナル写真集を作ってみてはいかがでしょうか。

日頃は掃除しない場所の汚れを取る

寂しさは、考える時間があるから感じるのですから、考える内容を楽しさやワクワクすることへ向けてみましょう。

例えば、普段は掃除しない場所の汚れを取ることは、どの洗剤でどのように洗えば綺麗になるかを考えるので、悩みを忘れて気分もすっきり晴れやかになるでしょう。

掃除する場所がない場合は、ディスプレイを変えても良いでしょう。玄関やトイレなど小さな場所は少ないアイテムでも模様替えしやすいので、季節ごとにアレンジすれば普段から季節商品を敏感に見るようになり、寂しさを考える時間も減るのではないでしょうか。

非常時用の持ち出し袋を準備する

震災時に慌てないために、日頃から持ち出し袋を準備しておく必要がありますが、アイテムを揃えるとなれば時間がかかるものです。

寂しくなった時間は防災時間にまわして、お菓子や靴、ライト、電池などを揃えてみてはいかがでしょうか。生きるための準備を必死で行うことで寂しさから解放されることでしょう。

ネットショッピングで欲しかったものを探す

とにかく時間をやり過ごしたい方にはネットショッピングをお勧めします。興味のない商品ではなく、欲しいものを探すことがポイントです。

たとえばポーチやバッグでも色や大きさ、価格はお店ごとに違うので画像や口コミなどを閲覧しているだけで、30分から1時間程度はあっという間に過ぎてしまいます。

「この商品を購入したらどこへ持っていこうか」「誰に見せようか」などと考えていると楽しい妄想によって寂しさが吹き飛ぶことでしょう。但し、クレジット決算にする方は買いすぎにご注意ください。

ご紹介した様に孤独や寂しさは、充実した時間を過ごすことで解消できるので是非お試し下さい。

この記事をシェアする

関連記事