• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

先輩ママ直伝!目指せ虫歯ゼロ!子どもの歯磨き嫌いを直す方法

Date:2013.11.24

赤ちゃんに小さな歯が8本くらい生えてきたら、そろそろ歯磨きをはじめるサインです。ママは、虫歯の怖さも知っているし、子どものためを思って、しっかり歯磨きするように促すけれど、当の本人が歯を磨くのを嫌がって、手を焼いてしまうママも多いと思います。

中には、歯磨きの時間になる度に、大泣きしてしまう子もいるようで、子どもに歯磨きを教えるのって、新米ママには、かなり大変なタスクです。

今回は、先輩ママに、子どもの歯磨き嫌いを直した体験談を聞いてみました。愛する子どもの虫歯ゼロを目指す方、子どもがなかなか歯磨きをしてくれなくて、困っている方必見です。

その1 絵本で虫歯のこわさや歯磨きの楽しさを伝える

「上の子のときはそんなに困らなかったけど、下の子が歯磨きトレーニングを嫌がって。どうしたらいいか困っていたときに、保育園の先生から教えてもらったのが、はみがきの本で虫歯のこわさを教える事。

子どもって、絵本の主人公に感情移入しやすいから、絵本を毎日読み聞かせしていると、歯磨きしないとだめなんだ!って気づくみたいです。

ばい菌がでてくるシーンで、かなり怖がっていて、ご飯の後には”ばい菌さんイヤイヤ”っていいながら、歯磨きしてくれるようになりました。

自分から進んで磨く、というよりは、ばい菌に怯えて仕方なく、という感じですが、歯磨き促しても大泣きしていた状態からは、かなりの進歩だと思います」(28歳 女性 東京都)

「家の子どもの場合は、”はみがきしましょ”という仕掛け絵本を読ませてから、歯磨きを好きになってくれました。普段は嫌がるのに、くまさんやカバ、チンパンジーが歯を磨いているのを見て、僕も一緒に歯磨きする!と言い出して。

仕掛け絵本になっていて、絵本の中の動物たちの歯を磨いてあげるのが楽しかったようです。同じように歯磨き嫌いに悩んでいたお友達のママにもおすすめしました」(23歳 女性 神奈川県)

無理矢理歯を磨かせるよりも、子どもが自分の頭で歯磨きの大切さを理解してくれたら嬉しいですね。

絵本の他にも、アニメや教育番組がきっかけで、歯磨きが好きになる子もいるようです。本屋さんで、子どもが興味を持ちそうな絵本を探してみてはいかがでしょうか。

その2 小さな進歩でもとにかく褒めてあげること

「家の子は、機嫌がいいときしか自分で歯磨きしてくれなくて。自分から歯を磨いたときには、”今日はいい子でママ嬉しいよ!”、”自分から歯を磨いてくれて、助かっちゃうな!”など、とにかく褒めてあげることを続けました。

褒められて調子にのったか、いつの間にか自分から歯を磨く日が増えていって。気づくと、歯磨きへの苦手意識がなくなったようです。褒めて育てることに抵抗がある方もいるかと思いますが、厳しく叱りつけるより効果的だと思います」(32歳 女性 茨城県)

「歯磨きを最初にしたとき、私が慣れていなかったのもあって痛かったらしく、歯磨きを怖がるようになってしまって。

根気づよく、最初は大きくお口を開けられたら、”頑張ったね!”、慣れてきたら”今日は奥まで頑張ってみようか”、少しの進歩でも褒めながら、ゆっくり歯磨きトレーニングを続けました。

最初は大泣きしていたけれど、だんだん怖がらなくなってきて、なんとか自分で歯ブラシを使えるように。歯医者さんに聞いたのですが、やっぱりどの子も歯磨きするのが最初のうちはこわいとのこと。

褒めながら、一緒に頑張って続けていくのがいいと思います」(26歳 女性 東京都)

厳しくするばかりが、子どものしつけではありません。できなかったことができるようになったとき、褒めてもらえるのは嬉しいもの。小さなことでも、少し大げさなくらいに褒めてあげるのが、子どもの成長を促します。

その3 磨く場所が分かりやすいように赤くなるチェッカーを使用してみる

「歯磨きすることはするけど、奥までしっかり磨かないので困っていました。どうやら、磨き残しがあることに本人は気づいていない様子。歯垢があると赤くなるチェッカーを使用してから、視覚的に分かりやすくなったのか丁寧に歯磨きしてくれるようになりました。

赤くなると、なんとなく悔しい気分になるみたいで、一生懸命磨いています」(28歳 女性 神奈川県)

小学校などで良く使用される歯垢チェック、ご自宅用に液体歯磨きタイプが発売されています。
磨き残しがすぐに分かると、やる気が出る子もいるようです。
ママのチェックもしやすくて、虫歯予防には有効な手段だと思います。

その4 家族みんなで一緒に並んで歯磨きする

「子ども1人だと、なかなか歯磨きしてくれないので、夜の歯磨きはパパと私も一緒になって、みんなで歯磨きする習慣をはじめました。家族一緒が嬉しいのか、自分から”歯磨きの事案だよ”と促すように。

歯磨きの時間が楽しみになったみたいで嬉しい限りです」(32歳 女性 東京都)

「子どもって、仲間はずれを嫌いますよね。パパとママ、今から歯磨きするけど、一緒にする?と誘うと、嬉しそうにノってきます。毎晩続けていたら、歯磨きへの抵抗がなくなったようで、自分1人でもしっかり歯磨きできるようになりました。

家族の力は偉大です」(25歳 女性 埼玉県)

お母さん、お父さんが楽しそうに歯を磨いている姿を見せると、非常にいい影響がでるようです。お父さんにも協力してもらって、家族全員での歯磨きタイム、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

子どもの歯に虫歯が出来ると、食欲不振で成長に影響が出たり、永久歯が正しい位置にでてこなかったりと、マイナスのことばかりです。

できれば早いうちに、歯磨き嫌いは克服したいところ、自分の子どもにあう方法を見つけて、早急に改善できるといいですね。

この記事をシェアする

関連記事