• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

子供だけが持つ不思議な力。期間限定の超能力者たち

Date:2013.06.17

子供には不思議な力があるといわれています。今になって思い返してみれば、そういえば自分も、子供の頃にだけ使うことが出来た不思議な(ただし何の役に立つわけでもない)力があったと気付く方も多いのではないでしょうか。

個人的な話をしてしまいますと、私は幼い頃、夢から現実へ戻ってくる方法を知っていました。この方法を知っていたからと言ってこれまでの人生、これといって何の役にも立ちませんでしたが。

大人になるといつの間にか消えてしまった不思議な力。今回はそんな微笑ましいエピソードをご紹介します。

お母さんの妊娠をズバリ的中

先日、某女芸人の方の妊娠を、2歳になる長男が的中させたとして、その不思議な力が話題になっていましたが、この不思議な予言、結構よくある話のようです。

直接的な予言はなくても、子供の普段とは違う行動が妊娠を予兆している場合もあります。例えばある日を境に、やたらと甘えてくるようになったり、赤ちゃんをお世話する(お兄ちゃんお姉ちゃんとしての自覚を思わせる)ようなおままごとをするようになったり。

直感というか本能というか、本当に不思議な能力ですよね。

お腹の中にいた時の話をする

こちらも代表的な、子供が持つ不思議な力ですよね。3歳くらいまでの子供によく見られるようで、突然思い出したかのように胎内にいた時の話や、本来本人が知るはずのないことをまるで見ていたかのように話し出します。

これは「胎内記憶」と言われており、近年ではベストセラー書籍や専門に研究されている方もいらっしゃり、様々なところで話題となっています。

この胎内記憶、実は特別なことではなく、ほとんどの子供にみられるようです。ただ、その多くが4歳になるくらいまでには忘れてしまうため、それまでに話したり、それ以降も覚えていたりすると、「不思議な力を持った子」と思ってしまうのですね。

愛する我が子が、自分のお腹にいた時の話や、妊娠を予言してくれたりするなんて、本当に愛くて嬉しいことですよね。

でもだからと言って、あまりこちらから聞きすぎるのはよくないそうです。親からの期待に応えようとして、幼いながらも作り話をするようになるそう。お子様が自分から話してくれる日を楽しみに待ちましょう。

この記事をシェアする

関連記事