• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

子供が出来ると途端に変わる夫婦の関係とは

Date:2013.10.12

子供は愛の証と言うけれど

夫婦が一緒に生活するようになると、いずれその家庭には子供が授かります。そうすると、それまで2人だけだった生活に変化が訪れます。

そこには、良い変化もあれば、悪い変化もあります。良い変化は、子供が産まれたことに関する喜びや、子供が成長することへの喜びです。

しかし、悪い変化とは一体どういうことなのでしょうか。それは、夫婦は2人なら上手くやって行くことでも、子供が間に入るとより複雑になると言うことです。何故、複雑になるのか、理由は幾つかあります。

しかし、その根本的な理由とは、子育てに不慣れだと言う点にも要約されます。子供を何人持っても、それは変わりません。それは、その子供それぞれに個性があるからです。

だから、個性が違う子供を育てるのに、親はだんだん疲弊して行きます。途中で道を間違ってしまうこともあります。

子供のことが原因で、笑顔になれれば良いのですが、子供のことが原因で別れる原因になるのは、不幸以外の何物でもありません。それでは、どうすれば夫婦は道を間違わずに、幸せになれるのでしょうか。

子供が産まれる少し前から始まること

結婚した夫婦が実際に直面する問題は、妻が妊娠すると言うことです。ここでは、非常に男女の感覚や考え方が違って来ます。夫には、子供が産まれるまでは、普通は父親の実感が湧きません。むしろ、子供が産まれても、実感を伴わないこともあります。

しかし、妻は、妊娠した瞬間から母性の強さと本来の女性の本能で、すぐに母親の顔に変化します。考え方も全て、それまでの独身女性から、新婚の可愛い妻へ、また、強い母性に溢れた母親に変化します。その速度はとても速くて、男性にはついて行けないものでしょう。

しかし、これは女性の本来の子供を産むと言う本能に忠実になっている行為なのです。だから、女性は妊娠している時の方が、母親の愛に溢れています。逆に、産んでしまった後は、子供を自分の従属物のように扱う傾向があります。

そして、男性は、親と言う自覚が別の方面に発揮されて行きます。男性は、個別の別人格として、子供の成長を見守って行きます。その為に、ここで母親である妻と衝突することがあるのです。

女性は、自分の思ったようなレールで子供を歩かせようとします。そうすれば、とても安全で、子供が安心出来るような人生を歩ませることが出来るからです。どちらかと言うと、父親の方が、子供には危険な人生を旅させることを認める傾向があります。

何か、新しいことを始める時には、母親が保守的になって反対する。父親が、若いうちには、どんどん好きなことをして、自分の可能性を広げることを応援する。そういう傾向があります。

ここで、夫婦がそれぞれの子供に対する感性の違いや、対応の違いに悩んで衝突します。何も、これは子供が成人した状態を言っているだけではなくて、子供が産まれた瞬間から様々なことが起こります。

夫婦の道を踏み外さない為に出来ることとは

それでは、夫婦が子供の為に、自分達の夫婦関係を壊さない為には、どんなことに注意すれば良いのでしょうか。これは、一見とても簡単なことに思えるかも知れませんが、夫婦のそれぞれの意見を冷静に聞くことです。

子供のことで思うことや、考えることは、それぞれ違います。これは、男性と女性、父親と母親と言うことだけではなくて、人それぞれの個性や生きて来た経験で変わります。だから、まずはお互いの意見を冷静に聞くことから始めます。

しかし、意外とこれが出来ないのが、男女の関係・父親と母親の関係なのです。特に、子供が目の前にいる場合には、夫婦の会話はどんどん感情的になって行きます。これは、子供と言うギャラリーがいることで、どんどんヒートアップして行きます。

こういう状態にならない為にも、子供に何か相談をされたら、子供の話しだけを聞いて、助言や返事は夫婦で話してからの方がベストです。どうしても子供の目の前だと、どちらかが子供の立場に寄って行きます。

そうならない為にも、相手の話しに耳を傾けることが大事です。そうすれば、きっと子供にとっても一番良い解決案が提示出来ます。夫婦で話し合った結果は、上手くお互いの考え方がミックスされて、子供にとっても最善な方法になることでしょう。

これが、片方だけの考え方ではなくて、2人の考え方で子供を育てたことになります。さらに、こうして育てた子供が巣立って行った時には、感動で胸がいっぱいになることでしょう。また、夫婦としての絆もこの間に深まって行きます。

すると、子供が巣立ったことで寂しさを感じることよりも、満足感が先に来ます。夫婦は、子供がいてもいなくても、お互いの絆で生きて行くことが出来ます。子供が独立するまで、夫婦生活を我慢して続けて行くなんてこともなくなります。

もちろん、子供が家を出た後に、離婚するなんてパターンにもはまらないですみますね。

この記事をシェアする

関連記事