• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

子育てママ必見!家を汚さずに子供にお絵かき遊びさせる方法

Date:2013.08.09

お絵かきをしたがる子供のためにも思いっきり描かせてあげたいところですが、部屋の壁や床などにクレヨンやペンで書かれてしまっては大変。

ついついダメダメ言ってしまうママも多いのではないでしょうか。思いっきりお絵かきして子供もママも大満足のツールやアイデアをご紹介します。

汚れても落としやすいクレヨン

カラフルな色でお絵かきをさせたいという場合は、サクラクレパスの「水で落とせるクレヨン」がオススメ。テーブルにはみ出して書いてしまっても、水に濡らしたふきんでサッと拭けばキレイに取れます。子供の手に付いたクレヨンも洗えばキレイに取れます。

何よりクレヨンの色が鮮やかで、スルスルと描けるので筆圧が弱い子でも書きやすいです。逆に筆圧が強すぎると削れてしまうので要注意です。素材によっては色が落ちにくいものもあるようですので、お絵かき場所が大丈夫か確認してから使用するようにしましょう。

目を離しても安心な水のお絵かき

子供だけで遊んでいても汚される心配がないものを探しているなら、パイロットの「スイスイおえかき」がピッタリです。専用のペンに水を入れるだけで、スイスイおえかきのシートにくっきりとお絵かきできます。

シートは乾きが早く、乾けば絵が消えるのでまた新しくお絵かきすることができます。書いた絵を残しておきたい場合は不向きですが、目を離して床や壁に書かれても中身は水なので安心です。

絵を描くシートも床に広げて書くもの・壁に貼って書くもの・持ち歩きもできる小さめのもの・トミカやトーマスとコラボしているものまで様々な種類が発売されています。マグネットを利用して絵を描くタカラトミーの「せんせい」も汚す心配がなくて安心なツールの一つです。

どれだけ汚してもOK!お風呂で落書き

もっと思いっきりお絵かきさせたいという場合は、お風呂でお絵かきできるクレヨンはいかがでしょうか。様々なメーカーから発売されていますが、石鹸型のクレヨンで体や浴室の壁などに好きなだけ落書きすることができます。

お湯に溶けやすい素材なので、消すときはお湯で流すだけという簡単さ。お風呂に入りたがらない子供でも、お絵かきが楽しくてお風呂が好きになったというようなケースもあるようなので、お風呂でのコミュニケーションツールとしても優秀かもしれません。

お風呂に置きっぱなしにすると溶けやすいので、使い終わったら乾燥しやすい所に置くように気を付けましょう。

たまには親子でお絵かきデーを作ってみましょう

お絵かきが大好きなお子さんなら床一面に紙を並べてつなげて、一緒に思う存分お絵かきをしてみるのはいかがでしょう。きちんとした紙でなくても、新聞紙や広告などを隙間ができないようにガムテープなどで繋げるだけで充分です。

普段とは違う広いキャンバスでママと一緒に思う存分お絵かきをする体験は、子供にとってとても楽しいものになること間違いなしです。

この記事をシェアする

関連記事