• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

子供のネット依存が不安なママへ!その解決法とは?

Date:2014.01.11

今どきのお子さんは小さい頃からデジタル機器に囲まれて生活しています。それなので自分たちの子供の頃と違って機械に対する抵抗も少なくその操作にもあっという間に慣れてしまいます。

これからの時代、それらの電子機器を使いこなせることは必要ですからそれはいい事なのですが、のめり込み過ぎが社会的に問題となっています。新聞等でお子さんのネット依存が問題視されています。

お子さんを持つ親なら少なからず自分の子供の事も心配な事と思います。その子の性格にもよるのですが、親の努力次第でネットへの依存を防ぐことができるかもしれません。その方法について具体的に紹介していきたいと思います。

他の楽しみを見つけること

インターネットを使い始めると、それにはまってしまってついつい長い時間利用してしまいます。またそれに没頭してしまうのは、他の楽しみがないからという理由も考えられるのです。

例えば外で体を動かす、友達と遊ぶなど、お子さんにインターネット以外の楽しみをできるだけ多く与えてあげましょう。そうすることで他の事に興味を向けるように仕向けるのです。

親子で会話の時間を多く持つこと

なぜインターネットにお子さんがハマるのでしょうか。それはネット上での会話を楽しむためという理由も考えられます。本当は誰か友人や両親に自分の話を聞いてほしいのに、それができないからインターネットの世界に逃げ込んでしまうのです。

親も自分自身が忙しいとついついお子さんの話を聞く余裕もありませんよね。しかしそれらの積み重ねが親と子の距離を作ってしまっているのです。忙しくてもお子さんとじっくりと話をする機会を持つことはお子さんの成長には欠かせないのです。

親のネット依存に注意

子供は親の鏡だと言うのは事実だと思います。子供というのは、最も身近にいる大人、つまり自分の親のことを良く観察しておりその真似をして大きくなっていくのです。

つまり親がネットに依存がちだと、お子さんもそのように育ってしまう可能性が非常に高くなるのです。授乳中だから、まだお子さんが話をすることができないからといってお子さんの前でスマホやタブレット端末ばかりいじっていませんか?

食事中にもメールが来たらお子さんの前でそれをチェックしていたりしませんか?それをやっていたら今日からでもすぐにやめましょう。わかっていないと思ってもお子さんはそれをしっかりと覚えているのです。

月齢が小さくて話ができなくてもお子さんときちんと向き合う時間はそれに集中しましょう。目と目を合わせるだけでいいのです。それだけで立派にコミュニケーションが成立しているのです。

子供を変えたければ、まずは自分自身が変わる努力をしなくてはいけないのです。

この記事をシェアする

関連記事