• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

子供のおもちゃはどうやって選んでる?失敗せずに選ぶコツ

Date:2013.08.08

子供のおもちゃとひと言で言っても、その種類は膨大。どれが我が子に合っているのか、どんなおもちゃが子供のためになるのか、選ぶのは本当に難しいもの。

子供が欲しがるままに買い与える訳にもいきませんし、高いおもちゃで失敗するとダメージも大きいですよね。おもちゃ選びでの失敗を防ぐコツをいくつかご紹介します。

アナログおもちゃはまず100均でお試し

100均のおもちゃ売り場を覗いたことはありますか?けん玉やオセロなどの昔ながらのものから、車やプラレールのような電車、サクサクと切れるおままごとセットまでとても充実しています。

作りはそれなりのものもありますが、高いおもちゃを揃える前のお試しとして購入するのにピッタリ。子供が壊したり無くしたりしても笑って許せるのも100均おもちゃならでは。

子供の好みが分かって高いおもちゃを購入した後は、壊れてもOKなお出かけ用として使うと便利です。お風呂に浮かべるお魚すくいセットやアヒルさんなどいつまで遊ぶか分からないようなものも100円なら気兼ねなく買えますよね。

お風呂のおもちゃは気付くとすぐカビてしまったりするので、安いものの方が処分する時も思い切れます。

子供のおもちゃになるのは「おもちゃ」として売られているものだけではありません。

100均のキッチン用品をおままごと用として与えれば本格的なマネっこ遊びができますし、セロテープなどに興味を持つ年頃なら可愛い柄のマスキングテープを与えれば家具や壁などに貼ってしまっても簡単にはがすことが出来て安心です。

人気のおもちゃも安く買う!

お誕生日などに買う高価なおもちゃだって、できれば安く手に入れたいですよね。おもちゃをお得に買いたいならネットで買うのが一番です。

例えば1〜2才の子供を持つママさんから高評価を受けている「アンパンマンおしゃべりいっぱいことばずかんDX」は、おもちゃ屋さんで買うと1万円前後しますが、Amazonなら7千円以下で送料も無料!

うちの近所のショッピングモールではバーゲンの時でも8000円以上していました。その他、リカちゃん人形やプラレールやトミカなどの定番商品もお店より安く手に入れることができます。

子供が欲しがるその場で手に入らないのは不便ではありますが、おもちゃ売り場ではスマホで値段比較しながら買い物というのが上手な買い方かもしれません。

塗料やパーツには要注意!

月齢の低い子供は何でも口の中に入れてしまうので、おもちゃ選びにも注意が必要です。表面にインクなどでプリントされているものは、口に入れた際にプリントが剥がれてしまうことがあります。

同じようなおもちゃに見えても塗装されているものと無塗装のものが並んでいることがありますので、「無塗装」のものをしっかりと選びましょう。

また月齢よりも対象年齢が高いおもちゃを与える場合は、見た目は分からなくても予想外に小さなパーツが外れるようなおもちゃもありますので要注意。自己責任でしっかりとチェックしてください。

子供が飲み込める大きさの目安はトイレットペーパーの芯の大きさです。芯を通る大きさのものは飲み込んでしまう危険がありますので、あらかじめ与えないようにしましょうね。

この記事をシェアする

関連記事