• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

子どもへのプレゼントに最適!子どもの興味は万国共通?!子どもたちに人気の絵本とは?

Date:2013.10.13

子どもへのプレゼント選びに苦労するのは万国共通のようです。おもちゃやゲームが溢れ、物が豊富にある今の世の中、飽きずに長く、楽しく喜んでもらえるものを子どもへのプレゼントを探すのは至難のワザ。

どうせ渡すなら喜んでもらいたい!興味を持ってもらいたい!役に立ってもらいたい!っと思うとなかなか簡単には見つかりません。

また予算の問題もあるので高価なゲームをプレゼントするのは予算オーバーという方も多いはず。今まで日本の子どもだけでなく、外国の子ども達にも喜んでもらえた万国共通?

子どもに興味をもってもらえた!子どもだけでなく大人も夢中になり喜んでもらえた絵本があるので紹介させていただきます。

絵本の役割

子ども、幼児への教育において絵本は子どもの心や知性の成長に大変役に立つものとされていて、幼児教育の土台を築くもの!っとも言われています。

幼児期の子どもは体験、経験もまだまだ未体験、未経験。これからいろんな事を学んで、体験、経験していく上でまず手っ取り早く五感を使って教えることができるものが”絵本”です。

絵本で五感を刺激

絵本を読み、聞かせることは、生の肉声を耳から聞き、口を使って聞こえた音、言葉を繰り返したり質問したり、絵を目で見て、絵本をめくりながら手で触り、鼻をつかって環境、空気を覚えます。

ただ絵本を読んで聞かせてあげるだけでも五感をしっかり刺激し、感性を育てる手助けをしています。

嗅覚(鼻)と絵本の関係

赤ちゃんの嗅覚は大人以上に優れているとも考えられていて、五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)のうちで感覚情報がダイレクトに脳へ伝わるのは”嗅覚だけ”で他の視覚、聴覚、触覚、味覚の感覚情報は一旦中枢基地を経由して脳へ届きます。

また嗅覚は人間の脳の中でも一番原始的な部分で、動物は嗅覚がとても発達していて嗅覚を遣って安全、危険、快、不快を即断します。

そのためまだ発達途上の赤ちゃんでも嗅覚は大人と同じくらい優れていると考えられています。そのため絵本は嗅覚を含む”五感”の発達、成長に大きな役割を果たしています。

遊べる絵本

ゲームやなぞなぞは年齢に関係なくいくつになっても楽しく遊べ、考えるという作業があるので脳に刺激を与えます。

以前「ウォーリーをさがせ!」シリーズが世界的に大人気になり子どもから大人まで楽しみましたが、それに似た感じの絵本「ミッケ」シリーズの絵本が今大人気です。

この絵本は精巧なジオラマをうつした写真の中におもちゃや模型、アンティークやぬいぐるみ、石や木の実などが隠されていてそれを探しながら謎を解く絵本です。物の名前を覚えたり、数を数えたり、たくさんの隠された物からたくさんの知識を得る事ができる絵本です。

子どもだけでなく大人も興味津々、また年配の方にも目や脳への刺激にもなり大好評です。一人ではなくみんなで探せて遊べ、何回やっても楽しく、書いてある内容以外にもたくさんの質問アイデアも考えられ遊び方もたくさんありおすすめの絵本です。

この記事をシェアする

関連記事