• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

整理整頓ができない子供から整理整頓が好きな子供にする魔法の遊び

Date:2014.02.11

子供に整理整頓を教えるってとっても難しいですよね。突然お部屋をきれいに片付けなさいといっても、遊んだ後のブロックを片付けなさいといわれてもきっと子供はおもしろくないはずです。そこで、遊びながら整理整頓の感覚を身につける方法があります。

ポイントは整理整頓は楽しい事という風に考えられるようにする

小学校の時に、教室に整理整頓と書いてありましたが、とっても大変なことでしんどいと思っていました。ですが、本当は整理整頓は楽しみながら身につけるものだと思います。

おままごとで整理整頓の基礎を身につけさせる

そこで考えたのはおままごとです。おままごとは整理整頓してから、ごっこが始まります。ですから、整理整頓できないと、ごっこもできないということになります。また、これからは男の子といっても、家事はこなせないといけない時代になっています。

ですから、男女とわずにお片付けは楽しくできた方がいいのです。そこでお勧めはおままごとで遊ばせるというものです。特に、キッチンセットというものをそろえてあげるといいと思います。

まな板、包丁、食器、スプーン、フォーク、お箸、小皿、大皿、冷蔵庫の中の野菜やフライパン、鍋など色々です。そして、台所という場所を設定して、今日のシェフというのを代わりばんこにさせるのです。

最初はお母さんが台所というおままごとスペースの中に、フライパンコーナー、食器コーナー、冷蔵庫コーナー、まな板コーナーなどと綺麗に小分けして並べてあげます。そして最初はお母さんがシェフ役でみんなに食事をふるまいます。

そしてごちそう様をした後で、今度はお片付けボックスというものをつくっておき、一人ひとり食べたものをその箱の中へいれていきます。そして最後にシェフは台所のものもまとめて全部箱の中にいれます。そして次の子供にシェフを交代します。

そうすると、子供は最初に台所スペースにフライパンや、ボールや食器などのセットをしたうえで、食事をつくらないといけません。ここで、整理整頓が身に付きます。そして、綺麗に並べられたらすごいねとほめてあげましょう。

それを他の子もみて、その子よりも早くセットできるはずです。そうやってあそんでいるうちに、いつのまにか実際の台所でも、整理整頓が自然とできるようになってきます。

もちろん、おままごとの醍醐味はお父さんお母さんごっこであり、日常生活を縮小した遊びでリアルなのですが、整理整頓の基礎としても十分に使える遊びです。また、男の子だから料理はつくらないとか、家事は女の子がするものだという古い考え方も変えられます

もちろん、もう少し大きくなれば、パズルとかコレクションが出てきますから、そこから整理整頓は身に付くのでしょうが、ほんの小さな子供のときからという前提で考えてみました。いかがでしょうか?お子様の遊びにはおままごとを是非とりいれてみてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事