• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性は声に恋をする!声でトキメキ補給して女性ホルモンアップ!

Date:2015.03.18

shutterstock_192406874_「恋をすると女性はキレイになる」ってよく言いますよね。好きな人にはちょっとでもキレイな自分を見て欲しくてアレコレ美容法を実践したりファッションに磨きをかけたりするのも、もちろん恋をするとキレイになる理由です。

それともう一つ見逃せないのが女性ホルモンによる美容効果!恋をすると女性ホルモンのバランスが整って肌や髪をキレイにして、メリハリのあるスタイルにしてくれます。

でも、なかなか出会いがなかったり、今の彼とは付き合いが長くてあんまりトキメキを感じなくなってきたり…などなどトキメキ不足を自覚している女性も多いのでは?そこで、今回は手軽にトキメキ補給できちゃう方法をご紹介します!

女性は声で恋に落ちる!

男性が女性の見た目で恋愛対象化どうかを判断するのに対して、女性はもっと色々な部分をよーく見て判断します。特に、女性は男性より言語中枢が発達しているから声や言葉、会話の内容を重視して相手がどんな人か見極めようとする傾向が強いです。

大好きな彼の声なら何時間でも聞いていられると思った経験のある女性も多いのではないでしょうか?また、彼の声を聞くと安心する、癒される、幸せな気持ちになるというのも女性が声に恋をするという現象の特徴です。

恋をするとキレイになるのは女性ホルモンのおかげ

恋をしている時って毎日幸せな気分でいつもよりやる気が出たり前向きな気分になりませんか?これは恋をすることで幸せホルモンと呼ばれるセロトニンやドーパミンなどの脳内ホルモンの分泌が増えるからです。

女性は体質的にストレスに弱いので、セロトニンが増えるだけでも健康と美容にものすごく効果があります。その上、幸せいっぱいの気分でいると女性ホルモンの分泌を促す視床下部が活発に働き始め、女性ホルモンの分泌が増えます。

女性ホルモンの美容効果には以下のようなものがあります。

  • 肌荒れを防ぎ、肌のキメを整えたりツヤを与える美肌効果
  • 髪にツヤやコシを与える美髪効果
  • バストやヒップのふくらみ、ウエストのくびれを作る効果

恋をしてトキメキを感じたり幸せな気分になると、女性ホルモンの分泌が増えてどんどんキレイになっていくというわけです。

トキメキ補給は恋愛ゲームがオススメ!

「トキメキも出会いもないよー!」という女性にオススメしたいのが乙女ゲームや恋愛映画です!自分が主人公になったつもりで思いっきり感情移入して、泣いたり笑ったりしながら楽しむのがベスト。

手軽にトキメキ補給ができる方法をご紹介します。

主人公気分に浸れる「乙女ゲーム」

乙女ゲームとは、主人公になった気分で進められる恋愛ゲームのこと。SNSサイトやアプリでもたくさん配信されている他、PSPなどのゲーム機で遊べるゲームもあります。最近は無料で遊べるアプリにも声付きのものが増えています。

女性は声に弱いので声のあるゲームが一番ですが、声がない乙女ゲームも十分楽しめます。ファンタジー色の強いストーリーも多いから、仕事や家事など現実にお疲れ気味な女性にもぴったり!

乙女ゲームの人気作と言えば、フルボイスなら「薄桜鬼」、ボイスなしなら「イケメンシリーズ」や「恋人はSP」などがあります。

PSPやPCなどで遊ぶいわゆるコンシューマーゲームはストーリーの作り込みがしっかりしているので、じっくり物語を楽しみたい方におすすめです。

スマホアプリやSNSサイトで無料で遊べる乙女ゲームは手軽に楽しめてちょっとた息抜きにもなります。

耳で楽しむ「シチュエーションCD」

声に特化しているなら乙女ゲームよりシチュエーションCDです。一人、もしくは二人のキャラクターが、様々なシチュエーションに沿ってあなたに向かってささやいてくれるもの。個人的には、乙女ゲームより甘い言葉が多いように感じます。

乙女ゲームと違って聞き流せるから、家事をしながら聞いたり、寝る前にウトウトしながら聞いたりと、色々な聞き方ができます。

おすすめは「憧れシリーズ」です。憧れのデートから、お隣さんや後輩など色々なタイプの男性と恋人同士のようなシチュエーションが楽しめます。

吸血鬼との恋を描いた「明治吸血奇譚シリーズ」、季節を擬人化した「四季彼氏シリーズ」など、ちょっと変わった恋愛が楽しめるのもシチュエーションCDの魅力です!

リアルな男性が好きなら「恋愛映画」

「イラストだと感情移入できない」という方は実写の恋愛映画がオススメ!視覚的なリアルさならやっぱり恋愛映画に勝るものはありません。好きな俳優さんが出ている映画を選んで、自分が主人公になったつもりで楽しみましょう!

邦画なら「彼女は嘘を愛しすぎてる」「ひだまりの彼女」、洋画なら「ワンデイ 23年のラブストーリー」がおすすめ!

実写ならではリアルさでハラハラドキドキしながらストーリーを楽しめるのはもちろん、「こんな恋愛したいなー!」って気にさせてくれます。

いかがでしたでしょうか?現実にトキメキがなくても、こういった方法でトキメキ補給が手軽にできちゃいます。トキメキ不足を感じた時はぜひ試してみてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事