• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

顔が大きく見える原因を解明!小顔スタイルで美人度120%アップ!

Date:2012.05.23

スタイルアップの最も効果的な方法は「小顔」。顔が小さければ、相対的に体が細長く華奢に見えます。でも、実際に生まれ持った骨格を変えるのは、外科的施工がいる…と下を向かないでください。

顔を大きくみせている正体は、実は「むくみ」。このむくみを解消することで、スッキリ美人の小顔になります。

目指せ小顔

モデルのような小顔。女性の誰もが憧れる、なぜなら小顔だからこそ、似合うファッションがある、髪型がある、メイクがある。写真に写りも納得、小顔なだけで「かわいい、きれい」と言われる。あぁ小顔…。

でも顔の大きさなんて遺伝の問題、今さらどうしようもない、とあきらめている女性、ちょっと待ってください。ちょっとした努力や工夫で、実は誰もが「小顔美人」を手にいれられるのです。

マッサージで小顔

顔が太ってみえる、だいぶつき顔…この原因は主に「むくみ」にあります。体の華奢さとは関係ありませ。顔デブと体デブはメカニズムが違うのです。

むくみやたるみをチェックするには、鏡に横顔をうつし、かるく顎を引いてください。その際に、顎が二重になっていたら、要注意。あなたの顔はむくんでいます。

むくみはリンパ液の流れが悪いこと、就寝前の水分の過剰摂取、塩分の取り過ぎなどから起こります。これを解消するには、リンパの流れをよくして代謝を上げるマッサージが効果的。

「鎖骨リンパ節」とは、鎖骨周辺にある全身の老廃物が溜まる場所。ここでうまく浄化されず、リンパ節が詰まることで、顔のむくみ発生します。まずはここからマッサージを開始。

鎖骨マッサージ

  1. 鎖骨の下を人差し指、中指、薬指を使ってやや強く押す。左右とも5回ほど。
  2. 手をグーにして鎖骨の下を内側から外側に向かって流すように滑らせる。
     左右5回ほど
  3. 伸ばした指全体で、耳の後ろから、鎖骨に向かって、やや強いちからでなでおろす。
     左右5回ほど。

    このマッサージで、リンパ節のつまりをある程度解消できます。さらに小顔をめざして、フェイスマッサージも。

    フェイスマッサージ

    フェイスマッサージは顔の毛細血管を損なわないように、オイルやクリームを塗って
    お風呂上りや、お湯につけて温めた指先で行いましょう。マッサージには人差し指、中指、薬指を使います。

    1. あごの下からゆっくりと3本の指で小さな円を描きながら、口のまわりを通って鼻の下までマッサージします。よくもみほぐすように、ゆっくりと3回。
    2. あごの下から、耳に向かって3本の指でゆっくり小さな円を描きながらマッサージ。口の端から耳まで、小鼻から耳の上までも同様に。

    小顔ストレッチ

    こちらは、小顔にするストレッチです。表情筋を伸ばすことで顔を小さくします。

    1. まず、耳の後ろの出っ張った骨の下のくぼみに親指を、眉尻と目尻の間の少しくぼんだ部分に小指をあてます。
    2. そのまま、頭がぶれないように注意し、息を鼻から吸いながら後ろにそらします。
    3. ゆっくりと息を吐き出し頭の位置をもどします。この1セットを10回。

    口開け体操

    こちらの体操は、プロの施行する矯正などでもすすめられるものです。

    1. 両手を顔の横(耳の前あたり)に指を伸ばした状態でそえ、左右から顔をおさえる。
    2. 口を大きく縦に10回開く。
    3. 片手を頭の上から、もう一方の手をあごの下から顔をはさみこむ。
    4. 口を「イ~」と言う時の状態になるように横に10回あける。

    簡単に小顔

    これらのマッサージや体操を継続して小顔美人になることが、根本的な解決方法ですが、大人の女性ならばメイクや髪型でも簡単に小顔に見せられます。

    メイクは「デカ目」強調メイクをおすすめ。パーツが大きければ、顔の大きさには相対的に小さく見えます。ファンデやパウダーで凹凸を出すことも重要。髪型は基本的に、アップはやめましょう。サイドの髪を下した方がすっきり小顔に見えます。

    他にも、姿勢ですが、猫背は顔が前に突き出るので、デブ顔に見えてしまいます。正しい姿勢で過ごすように心がけましょう。

    小顔を実感できると、自分に自信も出て、ホルモン分泌も盛んになり、美肌効果もついてきます。小顔美人を手にいれてスタイルアップを目指しましょう。

    この記事をシェアする

    関連記事