• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

普通の恋に満足出来ない恋人達へ贈る恋愛の発展方法とは

Date:2013.10.12

実際恋は誰とでも出来るけど

恋って、特別な何かになるのは、その恋を育てて行く過程で決まります。実際、恋って誰とでも出来るんですよね。思春期から20代前半に掛けて、男女の恋愛関係とは、かなりアバウトですぐに別の相手を見つけてしまいます。

しかし、これは、恋の痛手を受けた後から、男女共変わって行きます。恋をすることに臆病になる場合もあります。また、相手のことを良く理解してから恋愛しようと思うこともあります。

どちらかと言うと、学生の頃に次々付き合っていた頃に比べて、社会人になってからの方が守りに入ります。ただし、社会人になってから1年半程は、アバウトな恋愛関係がかなり発生する時期です。これを乗り越えると、本当に自分にとって大事な恋を探すように変わります。

肉体関係がマンネリさを作り出す

男女の性の問題とマンネリさは関係があります。大体付き合って数回目のデートでは、男女は肉体関係になっていると言われます。まずは肉体関係になってから、スタートするのです。だから、後から気持ちの問題が付いて来ます。

しかし、肉体関係にすぐになると言うことは、アバウトな関係を作ります。肉体的な快楽が誰と関係を結んでも同じなのか、違うのかを知りたくなるのです。それで、あちらと付き合って別れて、また別の人と付き合うようなことが発生します。

そして、最終的に行きつく先はマンネリさです。すると、人は別の人を探すようになります。

しかし、毎回マンネリして別れるのは、いい加減に何とかしたいものです。これを、解決する為に、付き合っている男女には、ある程度のドラマティックな演出をすることをお勧めします。

恋愛に夢中になれる瞬間を大事にすること

恋愛とは、そもそも2人の間にある特別な状況です。そこには、普段の生活を超えてしまう何かがあります。恋に陶酔しているとか、依存しているとか、愛に溺れているとか言いますが、それでも良いではないですか。

恋に夢中で、他のことが手につかないから、相手を追い払うと言う状況は、いい加減に辞めた方が良いのです。そもそも人が恋に夢中になって、何かが手につかなくなると言う状況は、人生の中で滅多にあることではありません。

そして、それだけ夢中になれる相手に出会えることもめったにないことなのです。それなら、そういう状況を、もっとロマンティックにドラマティックに演出して、日常を変えましょう。

恋愛に成熟したら2人の恋愛関係にドラマを起こす

恋人達に人気のデートスポットがあるのは、ある意味ドラマを作り出すことでもあります。
いつもと違う場所に2人で出掛けて思い出を作ることで、日常を超えるのです。

もちろん、それだけではダメで、普段相手がどんな生活をしているのか知ることも大事です。
しかし、恋愛をマンネリ状態にしない為には、いつもと違う場所へ行くことです。

外見を変えることでマンネリ化を解消する

さらに、2人の間をマンネリ化しない為には、いつもと違う自分を装うことです。こちらの装うと言う部分については、外見に関します。

内面を毎回コロコロ変えていたのでは話しになりません。ただ、相手を混乱させるだけです。だから、マンネリ化して来たと感じたら、思い切って髪型も服装も変えてみます。これは、相手に新鮮さを感じさせます。

しかし、そこで相手に何故急に外見が変わったのか伝えましょう。間違っても浮気相手が出来たから、外見を変えたのだと誤解させてはいけません。あなたの為に変えてみたと言うことをアピールしましょう。

そして、一気に髪型を変えて、前の方が良かったと言われたら困るので、髪型はウィッグで対応します。今は、ウィッグの種類が豊富で、色も黒から茶髪まであります。また、髪型もロングからショートまで多種あります。

エクステでは、ポニーテールや前髪だけもあるので、ワンポイントのお洒落に非常に便利となっています。さらに、つけまつ毛を利用しても良いですね。

ほんのささいなイメチェンでも、意外と2人の間にいつもと違う風が吹きます。これを利用して、一気に恋愛当初のような、全く知らない同志のようなドラマを演出します。

2人の恋が変化する状況を作り出すこと

恋愛当初は、どんなカップルもそれなりにドラマになりそうな展開をしています。だから、どんなカップルの話しも恋愛ドラマになり得るのです。それを思い出すことが必要です。

自分達も、テレビドラマのような恋愛をしていたことがある。また、もう一度そんな思いをしてみる。ここで、普段なら思いも掛けないような展開を考えてみます。

例えば、いつもは慣れていて絶対にしないようなことをしてみます。ずっと彼氏の車で渋滞の中を移動していたけれど、2人で電車を利用してどこかへ行ってみます。

たった、それだけのことでも、駅のホームで待ち合わせをしたり、ホームの向こうとこちら側に消えるだけで、胸が高まります。恋愛において、そういう胸がきゅんきゅんする瞬間は、必要なのです。

ただ、空気のようにいつも一緒にいると、空気ってとても大切なのに、その存在を忘れてしまうのですから。相手にとって自分が特別で、自分にとって相手がいかに特別なのかを、再認識する為にも、常にドラマ演出を忘れないようにして下さい。

そして、2人にとって恋の歴史を素敵に更新して行って欲しいです。それが、きっと素敵な恋の積み重ねになります。

この記事をシェアする

関連記事