• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恋を引き寄せる・遠ざけるメールテクニックを知っておこう

Date:2012.12.04

携帯電話の二大機能である電話とメール。今は最もポピュラーな連絡手段であり、お誘いや告白の手段としても、超メジャーであると言えます。

特にメール機能の方は直接のやりとりではないので、電話で直接話すよりも気軽に誘えてしまいます。しかしメールは相手の表情や真意がつかみにくいという点ではとても慎重に扱うべきものなのです。

その使い方を間違ってしまえば、恋が遠ざかっていくのもあっという間なのです。いったいどんなことに気を付けるべきなのか、今一度確認してみましょう。

よく言われる「メール神話」はもう古い?

メールテクニックと言えば、「好きな人への返信はすぐにはせず、少し焦らして返信する」、「付き合っていない男性にメールでハートマークを送るのはタブー」などがありますが、これはもう古いものです!

現在の恋愛に合うように考えてみると、草食系男子に肉食系女子という風潮から、「脈ありの人への返信はすぐにする。でないと機会を逃すことになる」「気になる人にはハートマークをさりげなく使ってアピールする」と考えた方が自然です。

SNS風の文章はタブー!

男性が嫌う女性のメール口調では、「報告メール」であると言われています。SNSが流行っている現在、男性へのメールでも「今日は○○で買い物。これからカフェでおしゃべりするよ」のようにただの状況を報告するだけのメールを送ってしまう女性が増えているようです。

これだと返信しにくいですし、なんのアピールなのか目的がさっぱり分かりません。こんなメールを送っているようでは、相手から見ても「ただのかまってちゃん」になってしまい、恋は遠ざかってしまいます。

状況を報告するにしても、「今度は○○くんも一緒にいこうよ?」「○○くんはこうゆうの好き?」など返信しやすいメールを送ることが大事です。

メールではツンデレは通用しない!

ちょっとツンデレな女性が好きという男性は多いと思いますが、残念ながらメールではツンデレは通用しません。顔が見えないので当たり前です。

「今度二人で遊ぼうよ」と男性から誘われたとして、面と向かって話しているのであれば、初めは「イヤ」と言ってみて、焦らしたり相手の様子を伺うことも出来ますが、メールで「イヤ」と一言送られてきたらどうでしょう。

ツンデレどころの話ではなく、ただの冷たい女と思われてしまいます。すぐにフォローのメールを送るにしても、タイムラグが必ず発生するので、取り返しのつかない事態になってしまう可能性もなきにしもあらずです。ツンデレは直接話している時だけにしておきましょう。

恋を引き寄せるメールは別れたあとに送る

遠ざけるメールだけでなく、恋を引き寄せるテクニックも知っておきましょう。直接会っているときには必要のないメールですが、必要なタイミングは彼と別れたあとすぐにやってきます。

例えば飲み会のあと、学校や職場で彼と別れ、家路についたあと。彼と別れたタイミングで、短いお礼のメールを送ることです。長いメールでは読む彼の方に負担なので、短くおさめておくことがポイントです。

「今日は楽しかったね。また二人で行こう」
「あの時の○○くん、面白かったよ」

一緒にいた時間を楽しんでいたこと、彼を褒めるような内容にすればアピールにもなります。

挨拶メール、特に夜がおすすめ

何か用事があってメールをした場合でも、メールを切る時には「おやすみなさい」と、夜の挨拶をすることが恋を呼ぶポイントです。

おやすみメールを送った相手は、一日の最後にやりとりをした相手として、頭の中に印象が強く残り、寝る時にあなたのことを思い出してもらえます。

気になっている人がいる人は、用事がある時は夜にメールを送ってください。付き合っている相手であれば、愛を深めるテクニックでもあります。

メールは画面上のやりとりで、無機質に見えがちなだけにちょっとした心遣いが大きく繁栄されます。恋を遠ざけるのではなく、うまく引き寄せられるようにメールを使ってください。

この記事をシェアする

関連記事