• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

続かない恋愛ばかりの女性必見!1人の人と長くお付き合いする方法

Date:2016.12.07

shutterstock_344664269

何か失敗をして、次はその失敗を繰り返さないようにするのが成長ですが、どうしても同じ失敗のループにはまって動けなくなってしまう人がいます。

例えば、アルバイトでコンビニのレジをしている人が、毎回お釣りを間違う場合、本人がいくら気を付けても、根本的な間違いの原因に気が付いていないと直せません。

緊張していると100円玉と50円玉を間違うとか、手が震えてうまくお金を掴めない、などです。これらは失敗の原因をつかんだ上で対処しなければ、何度も同じ失敗を繰り返します。

失敗するからダメな人間か、と言ったらそれは違います。

もしかしたら緊張しなくなれば失敗しないかもしれませんし、レジという仕事がそもそも向いていないだけかもしれません。

恋愛も同じです。原因がわからなければ、いつまでたっても同じところをぐるぐる回ることになります。

それは相手の男性が変わっても、環境が変わっても同じです。

最初はいい男だと思ったのに!続かない原因は何にある?

なぜか毎回、彼が仕事をやめてヒモになってしまう、浮気されてしまう、理由もわからないまま音信不通になる、急に冷たくなって捨てられる。

これらには大きな共通点があります。

それは、女性本人の“思いグセ”です。きっと男性にはそれがよくわかっています。

けれど、それを教えて改善させるほど彼らも甘くはありません。うまく利用するか、もしくは早い段階で見切りをつけて次へ行きます。

「じゃあ、私の失敗の原因はなんなの?」ということで、今回は、知らぬ間に染み付いてしまった思いグセを改善して、同じ失敗を繰り返す恋愛をストップする方法をご紹介します。

1:自分の癖を見つめてみよう!いつもの日常にヒントがある

みんな自分は普通だと思っています。

もちろん、それでいいのですし、そうでなければ毎日が不安でいっぱいです。だから、今までそれで普通に生活できていたのですから、特に問題はないはずです。

…が!自分がひとりで生きていくだけでは、普通で良いのですが、そこに他人が絡んでくると問題が生じます。

友人や恋人がそうです。

例えば、友人とルームシェアするとします。今まで自分が普通だと思っていたこと、常識だと思っていたことが、一緒に住む友人と違うということに気がつきます。
  • え?朝起きたらすぐ歯を磨くの?
  • シーツは毎日洗うんじゃないの?
  • ガスの元栓締めないの?
  • 雑誌は読んだらすぐ捨てるの?
  • テレビのリモコンをなくすってどういうこと?

自分の中の常識が崩れていくかもしれません。友人と住んだだけでもそれなのですから、他の人とも違いがあって当然です。

そこでやっと気が付く人がいます。「今まで自分が普通と思っていたことは、実は普通じゃないんじゃないか?」

普通とか常識、というものは、正直なところ生きている人間の数だけあると言っても過言ではありません。親子でも兄弟でも、その認識は異なります。

ではどうすればいいのか?と言えば、みんな違う、ということを認めなければなりません。

私は私のままでいいし、あなたはあなたでいいのです。

良くも悪くも自分の癖…当たり前すぎてわからないものを見る習慣

まずは、自分にはどんな癖があるのかを把握しなければなりません。それは、ひとりで部屋に閉じこもっていても、なかなか気が付きにくいものでしょう。

外に出て、学校や職場に行くと、気が合う人ばかりとは一緒にいられませんよね。仲の悪い人、意地の悪い人、八つ当たりする人もいます。

そういう人を見て、どう思いますか?「あの人嫌だなあ」とか「あんなふうにはなりたくないなあ」と思うのではないでしょうか。

人のふり見て我がふり直せ、とはこのことで、他人の嫌な部分を見て「あ、嫌だな」と思った時に、すぐ「自分も同じことをしていないだろうか?」と思い返してみてください。

普段、何気なく批判して終わっていますが、過去を振り返ってみると、自分も同じことをしてしまった経験がある場合もあります。

ということは、自分では気がつかなかったけれど、相手を不快にさせたり、そのせいで離れていってしまった人もいるのではないでしょうか。

自分の中では当たり前になってしまったことを、相手の行動によって気が付くことができるかどうか。

これは日頃から、“人のふり見て我がふり直せ”を習慣にして、常に自分に置き換えて考えてみることです。

SNSでも気が付ける?自分の思いグセは自分との対話で知る

たくさんの人と接する機会がある人は、自分の中にある角を摩擦によって丸くすることができるかもしれませんが、そういう環境にない人もいます。

ひとりでも自分の思いグセを知る方法があります。それが、SNSや読書です。SNSでは様々な人の意見が飛び交っています。

政治に関すること、ニュースで話題になっていることなどを見て、みんな思い思いに「私はこう思う」と書き込んでいるでしょう。

中には「そうだな」と思えることや、「違うんじゃないかな」と思うこともあるかと思います。

例えば、結婚したくない女性が増え出生率が低下している、というニュースがあって、「結婚なんか絶対したくない!」とか「出生率なんかウチら関係ないし」という書き込みがあったとします。

それを読んで、自分の意見を出してみます。

「自分はこう思う!」という意見を固めてみると、そこでひとつわかることがあります。

本当にそう思って普段から実行しているのか?ということです。

不法投棄の問題を見ても、「不法投棄よくない!」と言いながら、普段は空き缶をポイ捨てしていたら、矛盾しています。

海賊版DVDはダメだ!「そうだ!」と思いながら、自宅で見てはいませんか?普段のことを棚に上げて、綺麗事だけの意見を述べるのは簡単です。

しかし、その意見に信ぴょう性を持たせたいなら、日常にある矛盾を排除しなければなりません。

中身のない空っぽの意見では、人の心を動かすことはできません。嘘と同じです。

SNS以外にも、読書で気が付ける場合があります。

その場合も同様に、本に書いてあることを読んで「そうだなあ」と思ったら、自分がどうなのか思い返してみることです。

軌道修正する前に、自分が本当に正しいと思っていることを実行しているのか、その中に矛盾がないか確認することで、思いグセを見つけることができます。

2:優しくする・厳しくする…小手先の変化だけでは変わらない

前の彼の時、なぜうまくいかなかったのか。

そうだ、尽くしすぎたのが良くなかったんだ!なんでもやってあげて、優しくして、許してしまっていた。

だから今回は優しくしないぞ!甘やかさないように厳しくしよう!…と、対応を変えることで失敗を繰り返さないように努力する人もいます。

しかし、それで本当に良くなるのでしょうか。

本当に問題なのは、彼への対応の仕方だったのでしょうか?

なぜひとが離れていくのか、考えてみたときに、優しいとか厳しい、言葉遣いなどよりも、一番重要なのは、その人の考え方ではないでしょうか。

距離が縮まらないまま離れていく…よそよそしさが止まらない。・

例えば、新しい場所に行くと、最初は友達が何人もできるのに、いつのまにかひとりになっている人がいたとします。ほかの場所へ行っても同じパターンです。

見た目だって、対応の仕方だって、いたって普通。誰かの悪口を言うでも、悪いことをするでもありません。

本人は、なぜ自分から友人が去っていくのかわかりません。

このような場合、もちろん本人に原因があるのですが、本人が何か明確に悪い、ということではありません。

自然と友人が離れていく、ということで考えられるのは「考え方に大きな違いがある」「趣味嗜好に共通点がない」などがあげられます。

さらにあげるとするなら、距離感です。

最初はみんな初対面ですから、よそよそしいものですが、通常そこからお互いを知って距離感が縮まるものです。

しかし、なかなか仲良くならないまま離れていってしまう人の多くは、なかなか距離感を縮めることができない…それ以上仲良くなれないと判断された為です。

「友達はできないけど、仕事の人間関係はうまくいく」という人は、典型的なこのタイプで、何か役割を持つと適度な距離を保つことができます。

仕事であれば「仕事上の立場だから、ここから先は仲良くならなくてもいい」という一線を引くことでうまくいくのです。

プライベートなことになると、「友達ってどこからどこまでがOKなの?NGなの?」と距離感が掴めず、それなりの愛想を振りまいているので、人は離れていくのです。

もしそれが、友人ではなく彼だったら?彼はきっと「こいつはいつまでも心を開いてくれないんだろうな」と思います。

悪いことをしたわけでもないのに嫌われてしまう、人との関係が継続できない、というのは、無自覚に何か悪いことをしたでも、迷惑をかけてしまったということでもないのです。

手のかかる子ほど可愛い?人は頼ってもらうと嬉しいもの

すごく他人に迷惑をかけるのに、なぜかみんなから好かれる人がいます。本人も別に好かれようと努力しているわけではありません。

その人は、自然と人に様々なことをお願いできる人です。人はひとりじゃ生きられない、と言いますが、頑張ってひとりで生きている人がいます。

やろうと思えばできるものなのでしょう。

誰にも迷惑をかけずに、頑張って努力して。なんでも自分の力でやってしまう。それなのに、努力を認められるどころか、どんどん孤独になっていく。

どうして?頑張って誰にも迷惑かけないように生きてるのに?と思いますが、どうやら人というのは、ひとりで何でもできてしまう人より、「できないから助けて?」と言われた方が「しょうがねえな!」と手を貸したくなるものらしいのです。

自分で助けてあげた人というのは、貸しがある状態ですから、愛着がわきます。また「助けて?」と言うかもしれませんし、貸しがあるので話しかけやすいのです。

友人同士も恋人同士も同じで、あまりにも依存されると困りますが、たまに迷惑をかけられた方が仲良くなれるのです。

ちょっとしたことで、例えば「小銭足りないから10円貸して?」でも、「棚の上のもの取って?」でもいいので、仲良くなりたい人には適度にちっちゃな迷惑をかけてみましょう。

人に好かれたい・この人と仲良くなりたい、だから優しくしよう!厳しくしよう!言葉遣いを変えてみよう!というのは、うまく字が書けなくてペンを変えてみるようなもの。

うまく字を書くためには、ペンを変えてもダメです。書き順やバランスなどを見て、字そのものを変えていかなければなりません。

3、恋愛で失敗する女性は相手をよく見ていない?バランスを見る

恋愛で失敗する女性の多くは、視点を自分に持っています。

例えば、「あの人かっこいい!あんな人と付き合いたいなあ!」と思います。

けれど、自然な感じの白いワンピースを着ていそうな女性と、全身真っ黒のヴィジュアル系バンドの男性が付き合う、というのは、客観的に見るとバランスが悪いです。

白いワンピースの女性には、普通な感じの優しそうな彼がしっくりきますし、ヴィジュアル系の彼には、やっぱりちょっと派手目な女性が合うのかもしれません。

自分がどんな人間か、そして、このような人間にはどんな男性が似合うのか。

恋愛には自分の感情が先行してうまく行く場合と、そうでない場合があります。

アンバランスなカップル!好きになった人が好きでいいの?

自分が好きになった人と、一緒に歩いていてバランスがよかったなら、こんなにいいことはありません。バランスとは、身長とか体格のことではありません。

それは雰囲気だったり、ジャンルだったり、立場だったりするのでしょうが、当人たちにはわからないけれど、外側から見るとよくわかるものです。

「あの二人、いい雰囲気だよね」とか「いいカップルだよね」と言われるカップルのことです。このカップルを作る上で、必要な条件が2つあります。

  1. 自分がどんな人間か客観的に見ることができること。
  2. 彼という人間がどんな人間か分析することができること。

女性なら、例えばファッションの傾向で「私は、雑誌で言うなら〇〇系」というのがあると思います。

実際にその雑誌を真似ているのでもいいですし、知らぬ間に似てしまったのでもいいと思います。

では、その雑誌の女性に合う男性のタイプはどんなタイプでしょうか。OLさん中心の雑誌と、ヤンキー男子は合いますか?オタク男子は合いますか?

恋愛で失敗を繰り返す女性に多いのは、「好きになった人が好き」という女性です。自分がどんな人間か、すっかり忘れた状態で、好きになってしまうのです。

もちろん、恋愛において感情の動きというのは重要ですが、好きになった人と付き合ってみて、全員とうまくいくとは限りませんし、うまく行くタイプの男性を選んでいない場合もあります。

休日のOLさん風の女性と、ジャージに金髪の男性が歩いていると、どことなくミスマッチですが、本人だけはその違和感に気がつかず、「いつも失敗する!」と嘆いていることもあるのです。

恋愛がはじまってうまく行くまでの計算式を考えて行動すること

恋愛なんて自由なんだから、どんな人と付き合おうが勝手でしょ!と思うかもしれません。

しかし、恋愛して上手くいって幸せになる、というのが目的の場合、計画性は欠かせません。

恋は衝動!と言ってしまえばそれまでですが、最初に男性を見たときに「この人と恋愛したらどういう恋愛になるだろうか?」と計算しなければ、失敗のリスクは高くなります。

例えば「私は危険な香りがする男が好きなの!」と言っている女性がいて、明らかに危険な香りのする男性を選んで、いつも騙されて泣かされていても、やっぱり危険な香りのする男を選びます。

それでいて「私は男運がない」とか「何が間違っているのかわからない」と言います。

この場合、自分の好きという感情に忠実なあまり、計算を放棄しています。

危険な香りのする男が好き、ということはおそらく、ミステリアスな男性を選びます。ミステリアスということは、自分の感情を表に出さないのでしょう。

自分の感情を表に出さない、ということは、隠し事があるか、もしくは何か思っていても表面に出しませんから、付き合う彼女は不利です。

その上、この女性は「私はこういう男が好き!」と言い切ってしまう直球型。おそらく人との会話も直球でやり取りするのが向いています。つまり、嘘がつけないタイプです。

ということは、彼がミステリアスかつ不誠実な男性であれば、騙されてお金をとられても、浮気されても、彼女はいいカモでしかない、ということになります。

好きになる人を選ぶほど冷静になれない、と思うかもしれませんが、「この人ともし付き合ったら、どういう結末になるかな」と想像しながら男性と対峙してみる、という訓練を重ねれば、男を見る目はレベルアップします。

4:恋愛は相手ありき!今までの彼に共通するシグナルとは?

恋愛を進めていく上で、おそらく失敗するまでの間に彼は何度かシグナルを出しています。

彼の期待と別の行動をしたり、なんか違うな、と思わせる何かがあって、彼は「違うよ」という信号を小出しにしていたはずです。

「そんなのなかった!」と思う女性は、そのシグナルに気づけていないのです。

彼も始めは好きで付き合っているのですから、キレて突然別れるということはまずありません。

何度か目をつぶって、それでダメだから別れたり、音信不通になったりします。

もし、同じ失敗を繰り返しているような気がするのであれば、彼らに共通する何かを探さなければなりません。

彼の反応をしっかり見ていない…憶測のまま決定していないか?

何気なく電話するタイミングとか、いつもかける言葉など、よかれと思ってやっていることが彼にとっては良くない、ということが多々あるものです。

例えば、お弁当を作ってあげて、自分では上手にできたと思っていても、食べた人がどう思ったかわかりませんから、「今日のお弁当どうだった?」と質問します。

作った人は、味も抜群で点数にしたら100点だ!と思っていても、食べた人は「まあまあだったけど、味が薄かった」とか「ごはんが多くて、おかずが少なかった」など、その人なりの感想があります。

そこで、それらの意見をしっかり受け止め、次回作の参考にするというのが一般的ですが、中には「私が100点と思って作ったんだから、食べた人も100点と思っているに違いない!」と決め付ける人もいます。

自分で作ったものを自分で食べる場合はいいのですが、食べる人と作る人が違う、というのが恋愛における面倒な部分です。

しかも、弁当というのは、プレゼントみたいにもらって「ありがとう」で済むものではなく、食べなければなりませんから、さすがに不味くても残すことができません。

彼は気を使って「美味しかったよ」と言うかもしれませんし、あえて弁当のことには触れないかもしれません。

だからと言って「美味しかったんだな!次回もこれでいこう!」と決めつけては、彼は辛いかもしれません。

「もしかして、本当は違うんじゃないかな?」そう疑って見てみる、ということは大事です。間違いは、正しいと思い込んで見逃していたものの中にあるかもしれません。

彼は出している!些細なシグナルはいつか大きな波になる?

では、彼はどんな時にシグナルを出すのでしょうか。わかりやすいところで言うと、「あのさあ…いや、なんでもない」です。

この「なんでもない」の中には、言ってもどうせ無駄だろう、ということや、言っても面倒なことになりそうだな、という意味がこめられています。

しつこく質問して本音を聞き出して「なにそれ…私が悪いっていうの?」と感情的になってはいけません。

彼から聞き出すのは、あくまでアンケートです。

「ここを良くしたら、もっとよくなるよ」という改善点です。なので、彼は確かにシグナルを出しているけれども、彼女はそれを察知しないし、察知したところで感情的になるので、なかったことになりがちです。

二人で良い関係を築いていく、ということは、直して欲しい部分や改善点を、冷静な視点で話し合える必要があります。

そんな彼の些細なシグナルを見落とし、無視し、感情的になっていては、彼はいつか嫌になって離れていってしまいます。

そして、そのことに気づかなければ、次の恋愛でも同じことを繰り返すでしょう。

5:彼に期待しないで!彼のことはコントロールできないと知って

たまに耳にするのが「普通さ!誕生日プレゼントって、〇〇じゃない!?」という言葉。彼女の普通の基準が何かにもよりますが、彼に何を求めているのでしょうか。

「男だったら、こういう時〇〇するでしょ!」とか、「私のことなんだと思ってんの!?」というのもそうです。

どうやら、彼にはしてほしいことがあるのに、それがかなわないことが気に入らないのです。

普通という基準は、相手に通用しない場合もありますし、また世間とのズレも少なからず生じます。自分が変とか相手が変、ということではなく、自分の基準を相手に押し付けてはいけません。

また、同様に、相手にも相手の普通がありますから、それをお互いに認め合えることが重要です。それらを含め、相手をコントロールしようとしてはいけません。

どうしていつもそうなの!?…本当にほしいのはロボットですか?

恋愛をしたいはずなのに、自分の言うことをきいてくれる、思い通りになってくれる人を探している女性は割と多いです。

感情を表に出さなくても、心の中で「はあ?なんで気がつかないの?信じらんない!」と思ったことはありませんか?

もしくは後で友人に「うちの彼氏、マジでイライラする」と愚痴った経験は?

恋愛とは、思い通りに行かないことを楽しむものですが、まるでスムーズに行かないことがダメなことのように思っていると、自分も苦しいですし、相手も苦しいです。

そして、それに気がつかないまま別れて、次の彼にも同じように思っていると、やはりうまくはいきません。

それでは恋愛がしたいのではなく、なんでも言うことをきくロボットがほしいのです。

次の彼は私のこともよく理解してくれて、価値観が同じでありますように…と期待しても、同じ価値観の人はいません。自分の価値観を知っているのは自分だけです。

自分に合わせてもらう、相手にあわせてあげる、という前に、自分は自分自身のこと、相手は相手自身のことしかコントロールできないので、それを尊重するということを忘れないでください。

6:自分で変えられない人は大きな改革を!ひとりで海外旅行

思いグセが染み込んでしまっている人は、例え思いグセに気づくことができても、そこから抜け出すことができない場合があります。

  • 自分の良くないところはわかっているのに、直せない。
  • ネガティブ思考から抜け出せない。いっそ恋愛なんかしない方が楽かも…。

もしそうだとしても、恋愛しないから楽、とは言い切れません。恋愛は一対一の濃密なコミニュケーションですが、生きている間は恋愛以外でもコミニュケーションから逃れることはできません。

つまり、「恋愛はもうしないから、直さなくていいや!」では済まされない問題でもあるのです。こんな時は是非、ひとりで海外旅行をおすすめします。

見知らぬ土地で丸裸にされた気分になる…パーソナルの構築

全く知らない土地で、言葉も通じない中で、不安にならないわけがありません。大きなトラブルは起こらなかったとしても、歯がゆい思いはするでしょう。

普段の生活というのは、自分を装飾して生きています。

知らぬ間に当たり前になった日常のあらゆるものが、クッションの役割をしてくれているのです。

ところが、そんなクッションがないのが海外旅行です。しかもひとりきり、ということは困った時に信用できるのは自分自身です。

誰かに頼っていた部分や甘えていた部分が浮き彫りになります。そして帰国後は、思い知った足りない部分を補うようにすればいいのです。

今まで「これがすべてだ!」と信じ込んでいたものが、実はグラグラと危ういものだと思い知ることで、弱いところや足りないところ、誰かや何かに頼っていたところがあらわになるのです。

次回、またひとり海外旅行に行くまでに強化しよう!と思えば、自然と恋愛に向き合う姿勢が変化します。荒療治ですが、壁にぶつかったら海外へ行ってみましょう。

7:恋愛を変えたければ生き方を変えること!不幸は不幸を呼ぶ

不幸だ不幸だと嘆いて、同じところをぐるぐると回っている人はいます。恋愛に限らずです。そして、その原因を知らぬは本人ばかり。

かと言って、人はそれを指摘するほど余裕はありません。もしくは知りたければ、低姿勢で話を聞き、受け入れる覚悟がなければいけません。

原因というのは、人に見られたくないものでもありますし、指摘されたくないものでもあります。それでも、自分の背中が見えないように、他人にしかわからない自分のことというのはあります。

恋愛だけを変える、ということはできず、また、恋愛以外だけを変えるということもできません。恋愛を含めてすべての方向性を修正することで、何事も良い方向に導くことができます。

人の話を聞き理解すること…聞いてすぐ忘れるのでは意味がない

誰かにお説教された時、話を聞きながら「早く終わればいいのに」と思っている人と、「なぜ自分は今怒られているのか」と思いを巡らせる人がいます。

  • 前者は、なぜ自分が怒られているのか、ということよりも、お説教の時間がもったいないとか、話が済んだらもういいよね、くらいにしか考えません。
  • 後者は、今後二度と同じ間違いはすまいとして、自分がなぜ説教されているのか、そして繰り返さないように過去を振り返っているでしょう。

これを反省と言いますが、犯罪者の場合であれば、再犯して刑務所に戻ってくる人と、もう二度と犯罪を犯さない人、ということになります。

人の指摘や忠告を素直に受け入れることができる人は、失敗を繰り返しません。そして、指摘してくれた人に感謝できる人には、様々な人が忠告やアドバイスをくれます。

結果、多くの自分の改善点を受け取った人は、修正することができますから、どんどん成長することができるのです。

今までを壊して新しいものを作る!変化を恐れない覚悟で進む

自分が変わらなければ、また同じものが寄ってきます。間違いなく景色は変わりません。

いつもの当たり前の日常は安心できますが、それらを壊して新しいものを作る、という覚悟が結果的に恋愛での失敗もストップしてくれることでしょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント