• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

一人と長く付き合いたい…恋が長続きしない人の為のチェックリスト

Date:2014.01.06

モテないわけじゃない。恋人ができないワケじゃない。出会いのきっかけ作りも上手で、恋愛には積極的…でも、なぜか交際期間最長3カ月。とにかく、恋愛を長く続けられない人、いませんか?

もっとも悩ましい「恋のきっかけ」はつかめているのに、二人の関係を上手に育むことができないなんて、もったいない話ですよね。この人とだけは長く付き合いたい…でもいつもの調子であれば、続いても3カ月。今回は、そんな人のためのチェックリストです。

① 恋人にすべき相手ですか?

まず最初のチェックポイントとして、お相手のことを客観的に見つめてみましょう。本当に、あなたにとって恋人にすべき相手ですか?友達ではいけなかった?

はたまた、妻子がいる人と付き合い始めてしまったり、金銭感覚や異性関係の感覚が自分と大きくズレているなどなど、そもそも、恋人として長く付き合い続けられる相手ではない人を選んでいる、という可能性もあります。

② 毎日会っている

恋愛感情が盛り上がって、付き合い始めたばかりの頃は、一分一秒でも離れているのが寂しいような、常に恋人のことを考えているような、そんなとにかく頭の中がピンクでハートになりがちなものです。

そして、二人の幸せな気持ちの赴くままに、毎日会うのもステキなことだと思います。しかし、そもそも大人の恋には「時間が足りない」ものです。

情熱のままに何とか時間を作って深夜でも会いに行く、その日々は永遠には続かず、少しずつ二人の負担になって、関係が煩わしいものになっていきます。

③ 愛されたがりの愛し下手

恋人からの愛の言葉や、優しい仕草、そういったものに愛情を感じ満足して、それが当たり前になってくると、恋人から少し冷たくされるだけでとても悲しく、不安になります。

最初のうちはお相手もハイテンションで、人によっては欧米レベルの愛の言葉を連発してくれるかもしれませんが、1カ月も経てば冷静になり、穏やかな関係を育みたいと感じ始めるものです。

しかし、愛の言葉を言わなくなったことに不満を感じているあなたは、お相手の不誠実さを責めます。愛されること、与えられることばかりを求められたお相手は、長く付き合い続けることは難しいと感じてしまうのです。

④ 愛したがりの愛され下手

③とは逆のパターンです。好きすぎて、何でもしてあげたくなる愛情深い人の場合、逆に愛を受け取ることに臆病になっていませんか。好きでいて欲しいから、恋人のためを思って少し無理をしてでも会いに行ったり、プレゼントを用意したり。

恋人は、最初はなんて献身的な人だろうと最初は喜んでくれるかもしれません。しかし、少しずつあなたが自分を「頼ってくれない」「求めてくれない」ことに、不安や不満を感じ始めるのです。そして、無理をいているあなた自身も、やがて疲れてしまいます。

⑤ お互いの悪癖

悪癖、と言っても、食べ方や姿勢の話ではなく、コミュニケーションの取り方における「悪癖」です。これは、恋愛だけでなく自分では自覚していないことが多いので、とても厄介です。

頭脳派の人に多いのが、相手の言うことをひとまず否定しなければ気が済まない「否定癖」。仕事が忙しい人に多いのが、話のネタに困るといかに自分が辛く厳しい状況にあるのか滔々と愚痴る「愚痴り癖」。

ぶりっ子だけでなく、男性女性共に意外にいるのが、相手の話をアルカイックスマイルでただ黙って聴き続ける「聴き癖」。付き合い初めは、愚痴を言いたいこともあるだろうと許せても、ずっと付き合い続けていると鼻についてくるものです。

長く付き合いたい人であれば、正直に要望を伝えることも大切です。そうすると、お相手もあなたが自覚していない癖を教えてくれるかもしれません。自分の癖などあまり知りたくない話ですが、信頼して付き合い続けるにはこういった場面も大切ですよね。

いかがでしたか?私自身も身に覚えのあるチェックリストになりましたが…。他人だった二人が恋人同士になるというのは、ひとつの奇跡だと思います。そして、時間が関係を育んでいくこともあると思います。

折角の奇跡を、一瞬で終わらせないためにも、自身の恋愛スタイルを振り返ってみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事