• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

2人の恋愛の行方は星占いでも運命でもなく、ホルモンで決まる

Date:2015.04.22

shutterstock_145171492 - コピー

女性なら一度ぐらいは占星術、手相に人相占いなどで恋愛運や結婚運を占った経験がありますよね?

毎日欠かさず占いサイトでその日の恋愛運を占い“運命の出逢い”や“生涯のパートナー”を心待ちにしている女性も少なくないはずです。

あるいは、付き合ってもしくは結婚して長いカップルの中には「この人は私の運命の男性ではなかったのかも…」なんて自分の不運を人知れず嘆いている…なんて女性もいるかもしれません。

でもです!…運命だとか星の並びが貴女の恋愛運を左右するのではなく、私達の体の中で日々作り出されているホルモンが恋愛の行方に大きな影響を与えているって知っても貴女はこれからも恋愛運を毎日チェックし続けます?

男性&女性ホルモンが2人のハートに火をつける

「彼氏が欲しい!」とか、「男性と付き合いたい!」と沸々と湧き上がる異性への欲望は全て男性ホルモンであるテストステロンと女性ホルモンのエストロゲンのレベルが上がる事により起こります。

女性だからエストロゲンのレベルだけが関係していると思っている方も多いかもしれませんが、私達女性の体の中でもきちんとテストステロンが作られ、特に異性への募る思いに対して多大なる影響をもたらすのです。

よって、体調不良や病後などの理由でこの両方の性ホルモンが上手く分泌されていないと、「今月は恋愛絶頂期!」と占いに出ていたとしても、恋が生まれない事も大いに考えられるのです。

朝から夜まで彼に夢中なのは「ホルモン」のしわざ!?

お互いに好感がもててデートをする様になったものの、何だかその先が不安になり「本当に私は彼が好きなのかしら?」と悩んでいたら、もしかすると、ドーパミンやアドレナリン、そしてセロトニンが足りていないのかもしれません。

脳内ホルモン「ドーパミン」

ドーパミンは新たな恋人ができるとその恋愛関係を良くしようと奮起させてくれるホルモンなのです。

例えば、彼と会う前には自分がより綺麗に見える様にメイクやヘアスタイルに気を使ったり、彼に好かれようとする傾向がより強くなるのです。

※正確にはドーパミンはホルモンではなく、ホルモン調節に関わる神経伝達物質です。

副腎髄質ホルモン「アドレナリン」

アドレナリンは言わずと知れた興奮作用のあるホルモン。

アドレナリンのレベルが高ければ高い程、彼の側にいたり、声を聞くだけで、心拍数を上げ心臓をドキドキさせ、手に汗握るという体全体で「恋愛真っ只中!」を実感できるのです。

幸せホルモン「セロトニン」

セロトニンは今や誰もが知る“幸せホルモン”。これが増えれば、言うまでもなく充実感、満足感も高くなり「毎日楽しくて仕方ない!」という状態が続くという訳です。

但し、恋愛に関してはこの幸せホルモンはあり過ぎると相手に対して中毒症状を起こし、寝てもさめても一緒でも、離れていても常に彼の事しか考えられなくなり、彼にストーカー扱いされ、嫌われる恐れもあるのです。

オキシトシンがハッピーエンドのカギ

付き合いも長くなりお互いの事もだいぶ分かってくると徐々にドーパミン、アドレナリンそしてセロトニンレベルも落ち着き始めます。

そうなると段々“慣れ”や“おざなり感”などが出てきて自分はもちろんの事、彼の“浮気”の心配が出てくるのです。

そこで、重要になってくるのが“ラブホルモン”オキシトシン。2人の今後を決めるのはこのホルモンがカギを握っているのです。

ドイツのルネ・ハーレマン博士(神経科学の専門家)の研究結果によると、「キスやハグなどのスキンシップによって分泌されるオキシトシンは、男女間の関係を良くし、浮気をしにくくさせる効果がある」と述べています。

よって、恋愛関係や愛情が落ち着いたからと安心せずに、手を繋いだり、腕を組んで2人で歩いたり、ストレスを溜めず適度に2人で楽しい事をする様にして、オキシトシンレベルを一定に保つ事で幸せな恋愛関係を築きましょう。

恋愛のサイクルはホルモンサイクル

…とここまではホルモンの種類別に恋愛感情の変化や違いを紹介しましたが、実は私達女性はホルモンの周期も大きく恋愛に関わっているのです。

というのも、とある海外の実験結果によると排卵時の女性は恋愛相手に対して慎重に且つ、うるさい注文をつけたくなる傾向が強いのだそうです。

例えば、普段から自分の彼が草食系で自分より“女子力が高い”と思っていたりすると、排卵期にはより男らしくたくましい体型をしている男性に心を奪われるリスクが高くなるそうです。

要するにこの時期にちょっと男性から優しくされたり、細かな配慮をされると逆に“イラッ!”としてしまうのだそうで、「タダのPMS(月経前症候群)だわ!」なんて軽視していると突然の破局を迎える事にもなり兼ねません。

更に、ホルモンサイクルはなにも女性だけのモノとは限らず、女性よりはハッキリと分かってはいないようですが、男性も季節などでホルモンサイクルが変わりムードが一転する事も、ある研究では明らかになっているのだそうです。

恋愛運はあなたの健康次第です

shutterstock_184847921 - コピーという事で、私達の体内で常に分泌されているホルモンがこれだけ恋愛感情や恋愛関係に大きな影響を及ぼしているのが分かったのですから、恋愛占いにばかり2人の運命を委ねず、まずはライフスタイルから見直してはいかがでしょう?

ホルモンのバランスは食生活、充分な睡眠にストレスレベルと直結しています。

よって、あなたの恋愛運を上げる為には、食べ物に気を付けて、適度な運動と充分な睡眠、そして2人で毎日楽しくし有意義に過ごす事が何よりも大切なのです。

この記事をシェアする

関連記事