• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恋がしたい!恋がしたい!恋がしたい!オトナ女子の為の恋愛講座

Date:2012.11.03

「恋愛の仕方を忘れた」「恋愛ってどうやって始めるんだっけ?」「ドキドキって何?」あぁ~そんなんじゃあ、ダメダメっ!!せっかく女に生まれたのに、何を甘ったれているのでしょう。つい先日、職場の30代先輩女性の嘆きを聞いて、筆者は心底悲しくなりました。

恋をしなければ美しくだってなれません。女性と恋愛は切っても切れないものなのです。「いい男がいない」「出会いがない」なんて、ただの言い訳に過ぎません!そこでくすぶってるオトナ女子の方々!本当は恋がしたいくせに、色々と理由を付けて、自ら恋愛から遠退いているんじゃないでしょうか?

女性は「オンナ」であることをさぼっている

これは、大衆演劇で女形を演じている早乙女太一が放った言葉。この言葉、衝撃的でした。男性にこの言葉を言われて、自分自身はっとしたのです。うん、確かに。今や、オネェ系の皆様の方が、女子力が何倍もあるように思えるのは、やっぱり、私達女性が「オンナ」であることをサボっているからなのではないでしょうか?

普段のあなたの言動、大丈夫ですか?自分はオンナなのです!まずは、それを意識する!身だしなみに気を使うとか、女らしいことをするとか、そういうことって、意外と大事だったりするんです。

「男好き」や「ぶりっこ」ではないけれど…

自分を男性の対象である「オンナ」として意識することが出来れば、こっちのもの。まずは、意識的に、そして日常的に男性との接触を試みましょう。例えば、カフェなどで注文の際、男性の店員さんに声をかけるとか、男性のレジ係りのところへ並ぶとか、そういう小さなことです。

相手が男性というだけで、私達女性は、気付かないうちに「女らしく」行動してしまっているのです。「女らしく」行動できるようになると、自分をもっと女らしく見せようと、自分自身に気を使うようになります。

女なんですから、男が好きに決まっています。あえて男性と接触を持とうというのは、「男好き」でも「ぶりっこ」でもありません。「あの子は男の子とばかり一緒に居る」なんて、中学生みたいなただの妬みを口にしていませんか?それでは、出逢いも何も、あったもんじゃありませんよ。

色んな種類の人間から、ちやほやされるべし!

30代間近になると、特に恋愛に関しては、なぜか素直に喜んだり、肯定的に意見を聞くことが出来なくなってくように思えます。それが、恋愛から遠ざかっている一つの要因のような気がします。今まで色んな男性を見てきたのでしょう。

だからといって今までの固定観念や思い込みというのは、これからの出逢いには不必要です。素直に感じたことを素直に喜べる、そういう女性にこそ、良い出会いは巡ってきます。

女性は、ちやほやされて美しくなります。それは「綺麗だね」とか「可愛いね」とか、そういうことだけではありません。後輩の女性から「憧れの先輩」として慕われたり、男ともだちから「良い奴」といって信頼されたり、自分を認めてくれていると心から実感できることが、大切です。

嬉しいと感じる、そんな素直な気持ちを隠さないで下さい。対象は関係ありません。より多くの人間と接点を持つと、このちやほやの確立も多くなってきます。ちやほやされて嫌な気分にはなりません。そして、自分をもっと認めてもらいたくなります。そうゆう女性は、輝いて見えます。男性はそこを見逃しません。

過去の恋愛に捉われていると、未来はない!

人間、過去に捉われてしまうことは、仕方がないかもしれません。「また同じように振られるんじゃないか。」「もう男なんてコリゴリ。」「もう二度とダメ男にはひっかからないようにしよう。」傷つくくらいなら、傷つかない道を選ぶ?

しかし、過去に捉われているということは、あなたに変化がないということなんです。あなたの内面が変化すれば、出会う人も変わるのに。それに気付いていない女性は、本当にもったいない。

恋愛が出来ない女性は、セルフイメージが低い傾向にあります。あなたのセルフイメージ、もう一度構築し直してみて下さい。そうすれば良い恋愛に近づくことが出来ますよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント