• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ツラい恋をしているあなたへ…聞いて欲しい”切ない恋歌”特集

Date:2014.10.06

恋に落ちるのは、ある日突然思いがけないところから。好きになる相手を選ぶ余裕が無いから、恋なのです。

そして、そんな突然生まれた恋愛感情はキケンで危ない恋の相手に反応してしまうこともしばしば…ツラく悲しい恋、したくなくても恋に落ちてしまえば耐えなければならない痛みです。

毎日切ない思いをし、なにかある度に一喜一憂してしまう恋する乙女にぜひ聞いて欲しい“切ない恋歌”があります。ちょっぴり疲れた恋心に響く、素敵な曲揃いです!

GO!GO!7188の、“こいのうた”

タイトルだけを目にしたら、どんな曲かわからない人もいるかもしれませんが、この曲はきっとどこかで聞いたことのある歌だと思います。

カラオケで歌われる可能性の高さはもちろんのこと、何の気なしに聴いていても歌詞に引き込まれて思わず涙が出てきてしまうほど、恋をすることで女性が味わうツラさをとてもリアルに歌っている名曲です。

大好きだけれど、気付いてもらえなかったり、気持ちを直接伝えられなかったり…そんな悲しくて、もどかしい恋愛中の気持ちがとても共感できます。 」(20代女性・IT関連企業勤務)

好きになった男性には、他に思っている人がいるんだ…という内容の歌詞が、当時の自分の恋と重なって、聴くだけでなんだかとても泣けました。」(30代女性・介護職)

辛く悲しい純愛…そんな印象を与えるこの歌詞は、女性がまっすぐに思いを寄せ続けているにも関わらず、その気持ちをハッキリと口に出せずにいる心境を歌っているものです。

世間では肉食女子だとか、いろいろ女性が積極的だと言われていますが、女性全員がそういった性格なわけではありません。

自分から強気で恋愛に挑めず、思い通りにいかない恋に苦しんでいる人にこそ、この曲を聴いて少しでも踏み出す勇気を出してもらいたいです。

HYの“NAO”

言わずと知れた名曲、HYの“NAO”。

HYはこれ以外にも泣ける名曲をいくつも歌っていますが、特にツラい恋をしている人向けの歌詞で、カラオケで歌って号泣する女性もいるほどです。

当時好きになった彼には彼女がいました。その彼女は、美人でスタイルも良くって…。彼とわたしは仲は良いものの、友達以上恋人未満といった関係でした。彼も、彼女はいるのにわたしと会ってくれたから…気持ちがあるのか無いのか、遊びなのか本気なのかわからず毎日がとても苦しいときに、聴いていました。」(20代女性・グランドスタッフ)

この曲の歌詞に特徴的なのは、女性と彼の関係は友達以上であること。もしくは、友達以上だったことがあるということです。

それなのに、その先へいけない障害があるという状況で、苦しくて切ない恋心を歌っています。

好きになった彼に好きな人や彼女がいたり、婚約者がいたり、更には奥さんや子供までいたり…障害にも色々な種類がありますが、この曲がピッタリ当てはまるには“相手の男性があなたに優しくしてくれるかどうか”にあります。

この歌詞では男性は、あなたの恋心を知って、ある程度までは仲良くするものの、それ以上にはなれない…というなんともヒドイ男性です。

あなたの恋の相手が、あなたの気持ちを知りながらも、なんともいえない関係が続いているときにぜひ聴いてもらいたい1曲です。

EXILEのふたつの唇

最近メンバーがどんどん増えて、アイドル化してしまっている印象もあるEXILEですが、彼らの曲は本当に素晴らしいものばかりです。

“30代キラー”とも言われている通り、EXILEの曲には“人には言えない大人の秘密の恋”について歌っているかのような歌詞がとても多いです。

会社の上司と、不倫関係になってしまっていた時よく聞いていました。不倫は良くないと思いながらも、好きという気持ちは止められなかったです。この曲を聴くたびに“この関係は秘密にしよう”という気持ちになると同時に、たとえ不倫でも自分の好きという気持ちは真っ直ぐなんだと思えました。」(20代女性・公務員)
 

この曲は、誰にも言えない関係で、だれにも話せないようなことをしている大人の2人が秘密を共有しているようなスリリングな歌詞です。

二股や浮気、不倫の相手になってしまうのは本来なら避けたいとも許されないことでしょう。

でも、もしそういった知らずに知り合って、気持ちが惹かれたあとにその事実を知った場合は、どうでしょうか。女性にとっては純愛です。好きという気持ちに嘘はありません。

相手と出会うのがもう少し早ければ…といったところでしょうか。

そんな、世間的には許されずとも、恋本来の美しさ、儚さといった複雑な感情と情景を思い浮かべることのできる、少し大人の恋に悩んでいる人に聴いてもらいたい曲です。

恋に苦しんでいるのは、恋をしているから。恋ができるという喜びも忘れずに、音楽で恋のツラさを少し和らげてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事