• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

忘れたなら思い出せばいい!恋の仕方を忘れた女性に効く3つの方法

Date:2014.04.24

彼氏と別れてから、離婚してから、仕事で忙しくなってからなど何らかのきっかけによって、何年も恋をしていない女性は居ませんか?恋愛の仕方を忘れてしまっても大丈夫です!誰かを想って胸を熱くさせていた頃の気持ちを思い出せば良いのです。

今回は、恋を忘れた女性に効果的な3つの方法をご紹介します。

1 ドラマや映画など恋愛系を観てトキメキを身近に感じる

前の恋愛から期間がかなり空いている場合は、人を好きになるきっかけや恋する気持ちを忘れてしまっていることが考えられます。思い出すためにお勧めの方法は、恋愛系のドラマや映画を観ることです。

レンタルショップへ足を運ぶ前に、インターネットで評価が高い作品を検索することをお勧めします。主人公と自分を重ね合わせることができるように、女性目線で描かれた恋愛ドラマや映画を選ぶと感情移入しやすくなるでしょう。

ただし、不倫や浮気など複雑な恋愛模様が描かれている作品の場合は、「恋愛は面倒」、「恋愛は厄介」など悪いイメージを抱いて、恋を遠ざけてしまう可能性があります。

学生の淡い恋やハッピーエンドを迎える恋など、観終えた後で気分が良くなり、恋愛を前向きに考えられるような作品を選びましょう。また、時間が空いた時用として、恋愛漫画や恋愛小説を持ち歩くこともお勧めです。

DVDの場合は、レンタルしてテレビとデッキの電源を入れて、セットして再生してなど面倒な作業もありますが、本なら開いてすぐに恋愛の世界に入ることができます。

最近では、スマートフォンやタブレットで本の購入だけではなく、画面上で作品を読むこともできますので、DVDと同様に恋愛系として評価が高い作品を選んでみてはいかがでしょうか。

2 過去の恋愛期間中に流行った音楽を聴く

好きな男性が居る時には、恋愛ソングを聴くだけで胸がトキメキ、切ない気持になるものですが、そうではない場合はどんな音楽を聴いても何の感情も湧いてこないかもしれませんね。

「最近、どの曲も同じに聞こえる」という方は、流行りの音楽ではなく恋愛をしていた時の音楽を聴くことをお勧めします。

好きな男性から貰ったCDや付き合っている当時に流行っていた音楽などに触れることで、気持ちが過去へタイムスリップして恋愛期間中の自分を思い出すことができるでしょう。

どんな付き合い方をしていて、どうして別れたのか、自分の理想はどんな男性なのかなど、当時の恋愛を思い出すことはこれからの恋愛を成功へ導く鍵になります。

反省すべき点、改善すべき点など音楽を聴きながら思い出して、「今度こそは自分に合った男性と最高の恋愛をしよう!」と気分を高めるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

3 恋愛真っただ中に居る知人や友人と会う

恋愛が縁遠いものになっている場合は、恋を身近に感じる必要があります。しかし、好きな人が周りに居ない場合は、ドラマや映画を観ても非現実と思えるかもしれません。

そんな時には、恋愛真っただ中の知人や友人と会うことをお勧めします。近況報告と称して食事やお茶に誘いましょう。あなたに近しい人であればあるほど、ノンフィクションの恋愛話に入り込みやすくなります。

片想いや彼氏との関係に悩んでいる人と会えば、これまでのあなたの恋愛話を思い出してアドバイスすることになりますので、自然に気持ちが過去へ戻って恋愛していた時の感情を思い出すことができるでしょう。

また、幸せな恋愛をしている人と会えば、楽しげな表情を浮かべて話をする姿を見て、恋愛が人に与える影響の素晴らしさを実感できるかもしれません。

周りに恋愛している知人や友人が居ない場合は、インターネットの片想いや両想いのコミュニティーサイトやブログを閲覧してみてはいかがでしょうか。

恋する気持ちも大切に

恋をするとストレス緩和や不安解消効果があるホルモンが分泌されます。別名ハッピーホルモンと呼ばれるこのホルモンによって、気分が明るくなる、意欲的になるなど嬉しい効果が様々あります。

もちろん、辛い恋愛を選んでしまうと悲しみや苦しみなど負の感情のほうが多いと思うことあるかもしれませんが、辛いことがあるからこそ些細なことでも良いことがあれば何十倍、何百倍の幸せとして感じることができるのです。

「好きな人と目があった」、「話ができた」、「デートに誘われた」など、好きな男性ができると単調な生活が激変して喜びや幸せを感じる機会が増えるのではないでしょうか。

ストレス解消グッズや癒しの音楽などを試してもイライラが止まらない方は、この機会に恋する気持ちを思い出して理想の男性を探してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事