• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「告白されたけどNO!」男性のタイプに合わせた断り方とは?

Date:2014.02.14

好きな男性からの告白は嬉しいことですが、そうではない場合は断らなければいけません。優しく断るか、はっきり言い放つか、相手のタイプによって断り方を考えなければ逆切れされてしまうかもしれません。今回は、男性のタイプに合わせた断り方をご紹介します。

自信がある男性の場合

社長や役職のある男性は、成功体験が多いので自信があるタイプがほとんどです。告白されて断る時には、相手の男性の気分を害さないように時間をかけて断ることをお勧めします。

自信がある男性は、断られるわけがないという気持ちであなたに告白していることが多いので、即答して「どうして俺じゃダメなんだ!」とトラブルにならないようにその場で断らないようにしましょう。「ちょっと時間を下さい」と告白されてから数日後に断ることをお勧めします。

軽い気持ちで答えるのではなく、よく考えた上の結論として「大変嬉しいことなんですが、今は仕事のことで余裕がありません」、「好きと言ってもらえて嬉しいのですが、彼氏と別れたばかりで気持ちを切り替えられません」など喜びを伝えた後で、相手が納得するような内容で断りましょう

自信があるので一度断っただけでは納得してもらえないかもしれませんが、揺るがない気持ちを伝え続けることでいずれわかってもらえることでしょう。

臆病で大人しい男性の場合

普段から気持ちを表に出さず、大人しい男性の場合はきちんと断ることができないと期待を持ってしまうこともあります。告白された時に有効な断り方は、男性の存在を伝えることです。

「実は付き合っている彼氏が居るからごめんなさい」、「今、気になる人が居て、もしかしたら付き合えるかもしれない」など大人しい男性が入る隙間がないことをはっきり伝えましょう

臆病で大人しい男性は、あなた以外の女性との接触が少ない、好きになるまで時間がかかるなど恋愛と疎遠の生活をしていることが多いので、次の恋愛までずっとあなたを引きずってしまうこともあります。

「嬉しいけれど今は無理」、「私も好きだけど仕事が忙しいの」など勘違いさせる言葉は決して言わずに、絶対に可能性がないということを伝えましょう。

ナルシスト的な男性の場合

自分の顔や言動に酔うタイプのナルシスト的な男性は、あなたの周りにも居ることでしょう。そんな男性には、存在や言葉などを否定せずにきちんと断ることがポイントです。

ナルシスト的な男性は、あなたに告白するという行為に酔っているので、その酔いをさますように遮断せずにまずは受け止めましょう。

「好きと言ってくれて嬉しい」、「付き合いたいなんて光栄だよ」と喜びをアピールした上で、「でもあなたにふさわしくない」、「あなたにはもっと素敵な女性が合う」と彼の心を傷つけないような言葉を選びましょう

ナルシスト的な男性は、自分を魅力的な男性と考えており自分のことが一番大切ですし、プライドも高いので無理だということが伝われば、それ以上自分を傷つけずに守るためにあなたへ再び告白することはほとんどなく、「君の幸せを願っているよ」と納得してくれることでしょう。

タイプに合わせた断り方で

自分の想いを好きな人に伝えることはとても勇気がいることです。その想いに応えることができない場合は、男性のタイプに合わせた断り方をして、誤解や妙な期待を持たせずトラブルを防ぎましょう。

この記事をシェアする

関連記事