• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

告白して振られた後、相手の重荷にならない態度とは?

Date:2013.09.29

勇気を出して告白しても、残念なことに振られてしまうこともあります。失恋はつらいことです。しかし、だからといって、振った相手を恨んでも仕方のないこと。また、未練たっぷりに思いを彼にぶつけても、嫌われるだけです。

振られても、イイオンナでいるためには、告白した後の態度が大切です。その態度によって、振った相手の心の中に、アナタがどんな印象で残るかが決まります。せめて、相手の重荷にならない態度でいましょうね。

彼の前で暗い態度

失恋はつらいことです。振った彼の顔を見れば、その思いが込み上げてくるでしょう。しかし、そのつらい顔を彼に見せてはいけません。いかにも「私、つらくてどうしようもないんです」とヒロインぶっても、彼を困らせるだけです。

同情をひいて、構ってもらおうとしても無駄です。自分のつらい気持ちだけで、相手の立場や気持ちを考えていない女性、と思われてしまいますよ。彼の前で、今にも泣きそうな顔をしたり、暗い態度でいるのは、彼の重荷になってしまいます。

未練で追いかける

告白しても、振られても、相手への思いが消えるわけではありませんね。かえってつらくなり、もっと彼のそばにいたくなってしまうこともあります。それを行動に移してはいけませんよ。

『やっぱり諦められない!』と、デートに誘ったり、メールをしつこくしたり、くっついて離れなかったり、待ち伏せしたり、そんなことをすればするほど、嫌われます。ダメなものはダメ、なんです。未練で追いかけるのはやめましょう。

無視するのはNG

未練で追いかけるのはいけないといっても、反対に無視したり、あからさまに避けたりするのはよくありませんよ。

失恋したら、彼のことを忘れようとするのは必要ですが、だからといって、すれ違っても挨拶をしなかったり、無理に言葉を交わさなかったりするのは、大人の女性としてしてはいけないことです。

失恋して気持ちに余裕がないのは分かりますが、相手の気持ちや立場も分かってあげましょう。勝手に好きになって、告白したのは自分で、相手には何の罪もありません。そんな相手にイヤな思いをさせてはいけませんよね。

振られたことを言いふらす

誰かに話をすれば、失恋のつらい気持ちは軽くなるかもしれません。しかし、誰かれ構わずに振られたことについて、話しをするのはやめましょう。彼が悪いことをしたわけでもないのに、振った人というのは、悪者のように言われてしまうことがあります。

また、好奇心などによって、噂になることも。その噂が根も葉もない噂話になってしまうと、彼に迷惑がかかります。誰かにツラ気持ちを聞いて欲しい時には、信頼できる親しい友人にだけ話すようにしましょう。

彼の悪口を言う

振られて悔しい気持ちになることもあるでしょう。だからといって、自分が悲劇のヒロインになるべく、彼の悪口を言ってはいけませんよ。思いを打ち明けた時の態度が冷たかった、とか、告白したら冷たくなった、などということも言ってはいけません。

そんなことを言っていると彼が知ったら、間違いなく嫌われてしまいます。それに、そんなことを言う女性は、イヤな女、と周囲からも思われてしまいますよ。ツライ気持ちが一杯になっても、自分を見失わないように、態度や言動には注意するようにしましょう。

他の男性とイチャつく

「私だってモテないわけじゃないのよ」と彼に言いたい気持ちも分かります。しかし、これみよがしに、失恋した直後から他の男性とイチャついたりするのは、かえって情けない女性に見られてしまいますよ。彼の友達と仲良くなるのもNGです。

失恋しても彼のそばにいたい、という気持ちはなかなか消えませんよね。そんな時に、彼の友達のそばにいれば彼のことも分かる、と彼の友達と仲良くなったりする人がいますが、それも振られた彼にとっては、重荷になってしまいます。

彼の友達にとっても、どんな態度で接すればいいのか、気を遣わせることにもなりますよ。

自虐的な言動をする

振られた後、「どうせダメだと思ってたんだ」「やっぱり、もっとキレイな人じゃないとだめだよね」などといった、自虐的な言動は、自分の評価を下げてしまいます。

「そんなことないよ」と言ってほしくて、そんなことを言ってしまいたくなる気持ちもあるかもしれませんが、自虐的な言動は自分をもっとみじめにするだけです。彼にも、いい印象を与えません。彼にも余計な気を遣わせてしまう女性になってしまいますよ。

彼を責める

振られて悔しくなって怒りを彼にぶつけるような態度もいけませんよ。

「じゃあ、なんで優しくしたの?」「メールだっていつもきちんと返してくれてたじゃない」「あれはデートじゃなかったの?」などと、今までの二人の付き合いについて、彼を責めても、彼の気持ちが変わるものではありません。くれぐれも、逆切れはしないようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事