• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

告白してくれそうでしてくれない。告白をためらう男性の心理とは?

Date:2013.12.24

二人で話をしていても楽しい、食事をしていても楽しい、彼だって自分と一緒にいても楽しそう、時には悩みなんかも打ち明けてくれるし、私の話も聞いてくれる。どう考えても二人はイイ感じ。

でも、彼はなかなか告白してくれない。何度かいい雰囲気になったのに、はっきり「付き合おう」とも言ってくれないし、「好きだよ」とも言ってくれない。ということも、意外と多いですよね。

女性にとってはモヤモヤします。でも、焦って今の関係を壊すのもイヤです。イイ感じなのに、告白をためらっている男性は、一体何を考えているのでしょうか?

振られるのが怖い

告白したくてもできないのは、降られるのが怖いから、ですよね。これは女性だって同じことです。男性は女性が思っているよりも臆病なもの。「二人のこの関係なら振られるわけないでしょう」と女性が思っていても、男性にとっては、女性の心なんて分からないもの。

万が一のことも考えるわけです。相手の女性が自分といて楽しそうでも、これは優しいから楽しく装っているだけではないのか?本当は好きな人がいるのではないか?自分のことはただの友達としか思っていないのでは?とマイナスなことばかり考えてしまうのです。

その結果、告白したくてもためらってしまうのです。

自分は不釣り合いなのでは?

相手の女性が美人だったりかわいかったり、意外とモテたりする女性ならなおのこと。自分では釣り合わないのでは?と思っていると、告白をするのをためらってしまいます。

プライドの高い男性は、モテる女性と付き合うのは自尊心を満足させることができても、周りから「なぜあんなモテる女性があの男性なの?」などと言われると、傷ついてしまうのです。

自分よりももっとふさわしい男性が似合っているのかもしれない、と思っていると告白をためらってしまいます。

他の女性とも遊びたい

男性の中には、一人の女性と付き合うよりもたくさんの女性と遊んでいたい、と思っている人もいます。一人の女性に告白をして彼女にしてしまうと、自由がなくなりますよね。他の女性と気軽に遊べなくなります。束縛されるのがイヤと思っているかもしれません。

そのせいで告白をためらっているという可能性もあります。

女性と付き合うことにトラウマがある

以前に女性とお付き合いをして、あまり幸せではなかった、嫌な経験をした、といったトラウマがあると、女性とのお付き合いに二の足を踏んでしまうことがあります。

わざわざ告白をして恋人同士になったら、また嫌な思いをするのではないか?それなら今のままの方がいい、と思っているのかもしれません。

他に好きな女性がいる

最悪なことですが、実は彼はあなたのことは友達としか思っていない、他に好きな女性がいるのかもしれません。なかなか告白してくれないということは、その可能性も高いということです。他に好きな女性がいるのなら、あなたに告白しないのは当然のことですね。

言葉にするつもりがない

「好きだ、付き合ってください」という言葉を言わなくても、分かってるだろう、と思っている可能性もあります。大人の関係なら、そういったこともあるかもしれませんね。大人の男性ほど、はっきりと「交際してください」なんて言わないものです。

テレもあるのかもしれないし、中学生じゃないんだから、それくらい分かってよ、という男性の身勝手さかもしれません。だから告白しない、ということも考えられます。ただし、この場合はこちらが勘違いしないように、確認することも必要ですね。

今の関係が快適

告白をしてお付き合いをすることになると、今までとは変化が出てくる可能性もありますよね。

今までは彼氏ではなかったから、メールしなくてはならない、とか誕生日にはお祝いをしなければならない、とか気を遣う必要もなかったけれど、彼氏になったらそういうわけにもいかなくなります。女性からもある程度の束縛を受けるかもしれません。

自分の行動も制限がかかるかもしれません。女性がもっとずうずうしくなるかもしれません。でも、今は、ほどよい距離感があって、お互い束縛もせず、遊びたい時に遊べる、という快適な関係。今のままの方が楽だから、と考えているから告白しないのかもしれません。

タイミングがつかめない

どんなに仲がよいと思っていても、告白となると勇気がいるものです。それにできるだけカッコよく告白したい、と思う男性もいます。いろいろ考えていると、なかなかいいタイミングがつかめないまま、ずるずると今の状況になっている、ということもあります。

告白のタイミングは男性にとっても難しいものなのです。

この記事をシェアする

関連記事