• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

行楽の秋におすすめの「駒ケ岳登山」で山ガールを始めよう!

Date:2013.11.10

駒ケ岳で秋の紅葉を堪能しよう!

山ガール、というものが一時期ブームとなり、登山をする若い女性も増えている傾向に。今年もそろそろ登山に最適なシーズンが到来します。

駒ケ岳は本格的な登山・キャンプの体験ができる上に初心者にも比較的挑戦しやすい山です。アウトドアブームの今、登山デビューをしてみてはいかがでしょうか?

駒ケ岳の登山コース

標高1662mのしらび平駅まではロープウエイを使って登ることができます。登山コースがそこから作られており、頂上の標高は2956m。時間にして2時間程度あれば登頂することができます。

登山にかかる時間は短いのに対し、岩場を一歩一歩登っていくので本格的な登山と言えます。山道ではなく山の斜面を登っていくので、後ろを振り返れば登った距離が一目で見て分かるのです。山頂には山小屋もあり、予約していれば宿泊が可能。

駒ケ岳の山小屋「頂上山荘」は、山小屋の中でも珍しい個室になっていて女性にも安心して宿泊できます。テントや寝袋などのキャンプ用品を持っていなくても、頂上での星や日の出を見ることができるので初心者にもおすすめです。

山小屋の外にはテントを張って本格的なキャンプをする人たちもたくさんいます。頂上山荘から水を汲むことができますので、初めてのテント宿泊の場合も安心。トイレの設備もとてもキレイで、女性の登山者や小さな子供連れの方も多いです。

【画像挿入:11画像1】

http://www.chuo-alps.com/ropeway/access/index.html

登山に必要な物と服装

駒ケ岳は登山にかかる時間が短いので、日帰りの行楽でも十分楽しめます。ただし、しっかりとした装備をしていかないと、事故や怪我の元になりますので注意して下さい。必要なものをまとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

  • レインウエア
  • 防寒着
  • 帽子
  • 救急セット
  • タオル
  • 飲料
  • 食料
  • 着替え
  • 地図
  • ライト
  • 保険証の写し

以上は日帰り登山でも最低限必要な物になります。山の天候は変化しやすく、今まで晴れていたのに突然雨が降り出すことはよくあります。レイングッズや着替えは必ず持参しましょう。

服装は、登山シューズを必ず履くことが基本です。普通のスニーカーで登る方もいますが、岩場は滑りやすいので危険です。また、基本は重ね着で気温に合わせて脱ぎ着のしやすいものを着ていきましょう。女性の場合は下着も、汗をかいても良いようなスポーツタイプのものを選んで下さい。

山小屋に宿泊する場合食事の提供もお願いできます。初心者の方は荷物が重くならないように、余分な持ち物を減らすことも大事です。重たい荷物を持って登山するのは思いの他きつく、バランスを崩して転倒することも考えられますので注意して下さいい。

女性が持っていくべき物としては・・・

  • 生理用品
  • スキンケア製品
  • 日焼け止め

以上は重要になりますので、お忘れのないように。特に日焼け止めは必ず持参しましょう。山の紫外線は太陽に近い分とても強くなります。日焼け止めを塗っていても顔が火照ってしまうことがありますので、つばの広い帽子も忘れずに。首の後ろのうっかり焼けも注意しておきましょう。

楽しい登山にするために

まずは山登りの基本的な注意事項やルール、マナーをしっかりチェックしておきましょう。初心者向けの山と言っても危険はたくさんあります。

また、体調を万全にしておくことも大切です。風邪気味で登山し、気圧の大きな変化によって中耳炎になってしまうという例もあります。女性は生理中など普段の体調でない場合は中止する方が安心でしょう。

この記事をシェアする

関連記事