• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

足のこむら返りが突然起こり始めてもすっと消えていく簡単な対処法

Date:2014.06.12

寝ている間に突然足の裏がこむら返りになってしまった・・・なんてことありませんか?体を酷使した日などに多いのではないでしょうか?

こむらがえりの原因は寝ている時と起きているときで違う

寝ている時におこるこむら返りの原因は筋肉の収縮によるものです。そしてさらに、その原因は骨盤のゆるみということになります。骨盤は子宮や腸や膀胱などの臓器をハンモックのように支えています。

ですから、重い荷物をもったり、長時間同じ姿勢で座り続けていたりすると、骨盤の靭帯が伸びて骨盤がゆるむということになります。その状態で寝ていると、ふくらはぎや足の裏の筋肉も伸びている状態で寝ているということになります。

ですが、疲労回復の過程で、突然足の裏の筋肉がもとに戻ろうとして収縮をはじめます。それが痛みの原因となります。これに対して、普段突然足裏がこむらがえりになるということは、筋肉の収縮とは関係なく、ミネラル成分の不足ということになるそうです。

ミネラルはカリウム、カルシウム、鉄、ナトリウム、リンなどです。これらが不足すると足がつるということになるそうです。ですから、普段の食事でミネラルを十分補給することが必要になります。

女性の場合は、貧血のときに足裏がつったりすることが多いです。ホウレンソウやレバーを食材に使った食事を取り入れたり、急を要する場合ですと、鉄剤を処方してもらったりして、鉄の補給をしましょう。

そうすれば足裏のこむらかえりもなくなるそうです。では実際に寝ているときにこむら帰りが足の裏に起こってしまったらどうしたらいいのでしょうか?

壁が近くにあれば壁に足の裏を押し付けてみる

足の裏の筋肉が縮小するから痛いのだから、足の裏の筋肉を伸ばしてやればいいのです。ですから、壁にぴたりと足の裏をつけて、伸ばしてみましょう。

さらに痛みが悪化した場合は

眠たいかもしれませんが、起き上がってみましょう。今度は床にぴったりと足をくっつけて指もしっかり開いて体重を静かにのせていき、足裏をのばしていきます。こうすると足裏のこむらがえりは引いていきます。

それでも痛みが悪化する場合は

足の裏のうち、床についていない部分がこむらかえりになっている可能性があります。その場合は竹ぶみがあれば、竹ぶみを取り出してきて足裏を伸ばしましょう。そうすることで、こむらかえりは引いていきます。

竹ぶみが無い場合は、ドアのサンや、ゴルフボールなど、凹凸のあるものを踏んで伸びていない部分の筋肉を伸ばしてみましょう。いかがでしょうか?こむらかえりは伸ばすということがポイントとなるのですね。

この記事をシェアする

関連記事