• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

もしかして痛い?婚活中のアラサー女性が痛々しく見える瞬間4つ

Date:2015.08.19

shutterstock_83154073

結婚は女性にとって人生の一大イベント。どんな結婚式を挙げたいとか、どんな家庭を作りたいとか、小さい頃から希望がたくさんあったという女性も多いですよね。

ところが、最近は出会いの場がなかったり草食系男子が増えていることから、特定の相手がいないフリーの状態からはなかなか結婚しにくい状況です。そんな中で、周りの友人・知人が結婚していくのを見て焦り始めるアラサー女子が後を絶ちません。

出会いを求めて自分から行動する婚活はとても良いことですが、婚活にのめり込む姿が周りから痛いと思われている可能性も…。婚活中のアラサー女性が痛いと思われる特徴的な行動を4つご紹介します。

1.結婚相手を探す姿勢が必死すぎる

「痛い!」と思われる代表的なものが、婚活に必死すぎる行動です。具体的には以下のようなものがあります。

友達より婚活を優先しすぎる

今までは会社の飲み会や女子会にも積極的に参加していたのに、婚活を始めた途端に友達付き合いよりお見合いや合コンを優先するようになる人がいるようです。

少し誘いにのらなくなる程度ならともかく、ぱったり連絡が取れなくなったり、婚活が上手く行っていないとカリカリした態度を隠そうともしない人もいるのだとか。

「誰か紹介してよ」が口癖

結婚紹介所は婚活パーティーと並行して男性を紹介してもらったり、「婚活は嫌だけど紹介なら…」という理由でやたらと「誰か紹介して!」と言ってくる人がいます。

会うたびに「誰か紹介して!」と言われたらうんざりしますよね。1人くらいなら紹介できても、次から次へと紹介するなんてできません。

また、紹介してあげてもお礼がなかったり、紹介した人を「あの人はタイプじゃないから別の人を」と言ってくる失礼な人もいるようです。

SNSを活用して独身男性を探している

Facebookで見つけた知り合いや同級生にそれとなく合コンを持ち掛けたり、オフ会やイベントがあれば単身乗り込んで独身男性を探すという婚活をしている方もいます。

こういうやり方もアリですが、あまり親しくなかった人にまで片っ端から連絡を取ったり、ろくにイベントの内容を確認せず参加するのはちょっとやり過ぎですね。

2.結婚相手に高望みをしすぎる

結婚をするにはある程度の妥協が必要です。もちろん、自分の理想にぴったり合った人と結婚して幸せな生活を送っている女性もいますが、ほとんどの既婚女性は結婚の際に何かしらの妥協をしているのではないでしょうか?

ところが、痛いと言われる婚活女子は結婚相手に色々と望みすぎる傾向があります。

高スペックの男性しか見ていない

結婚紹介所や婚活パーティーではプロフィールの交換があり、最初に確認するのはお互いのスペックというケースが多いです。

そのため、婚活している方は年収や職業である程度判別するのですが、「年収は600万円以上が絶対!医者か弁護士以外お断り!」という強気な女性もいます。

20歳の女の子の発言なら仕方ないかなという気もしますが、ある程度年齢を重ねた大人の女性がこう言うのはちょっとどうなのでしょう…?

男性へのダメ出しが多すぎる

紹介してもらった男性と実際に会った後、友達に向かって男性のダメだったところをつらつらと挙げていく女性もいるそうです。

聞かされている方はその男性を知らないわけですし、いきなり知らない男性のダメ出しをされても微妙な気持ちになりますよね…。

3.美意識が高すぎる、美容にお金をかけすぎている

shutterstock_228505585 - コピー婚活の場は第一印象が勝負。見た目をキレイにしておくのは相手に良い印象を持ってもらうために必要なことです。しかし、やたらと美意識が高すぎるのも問題です。

若い子が着るような流行の最先端ファッションで頭からつま先まで固めていたり、ブランド物ばかり身に付けているのは婚活中の女性でなくてもちょっと痛い行動ですよね。

また、容姿やスタイルが良い女性は、自分よりずっと若い子と張り合えると思っていることもあるのだとか。

4.結婚に対してネガティブになりすぎる

婚活が一般的になり、たくさんの女性が婚活パーティーや結婚紹介所を利用するようになりました。なんとなく婚活すれば良い人がすぐ見つかりそうな感じもしますが、実際はなかなか良い人が見つからず婚活疲れを起こしてしまう女性も多いのだそうです。

婚活疲れでいつもどんより…

婚活疲れを起こした女性は「自分には魅力がない」「一生結婚できないかもしれない」とネガティブになってしまうケースが多いです。

疲れたと思ったら一度婚活を休めばいいのですが、「休んでいる間にもっと良い人と出会えるチャンスを逃すかもしれない」と思い込んでドツボにハマってしまうことも…。

こうなると軽いうつ状態と同じで表情が常にどんよりして、周りまでなんだか暗い雰囲気になってしまいます。

友達の結婚相手に文句をつけまくるケースも

また、ネガティブなだけでなく攻撃的になることもあるようです。

友達や同僚の結婚相手に「よくあんな人と結婚できるよね」「あの年収の男と結婚するなんて」と揚げ足を取るような文句をつけて周囲の人から距離を置かれるという話も耳にします。

いくら自分の婚活が上手くいかなくても他人の旦那さんをけなすようなことを言うのは人としてダメですよね。

婚活は自分のペースで続けることが大切

464現在、婚活をされている女性はドキッとする項目があったかもしれません。ただ待っているだけで「結婚できない」とぼやくより、婚活をして自分から出会いを見つけに行くことはとても良いことです。

けれど、婚活が原因で周囲から距離を置かれたり、友達と疎遠になってしまうのはもったいないですよね。

イライラしたり、焦っていつもと違う言動をしてしまわないように、婚活も自分のペースでのんびり続けていきましょう。それくらい余裕のある女性の方が魅力的に見えるそうですよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント一覧

コメント