• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

アラフォー独身女性必見!婚活サービスで成功させる方法

Date:2015.07.15

shutterstock_102752828 - コピー

一昔前までは20代で結婚するのが当たり前の時代でした。現代は結婚に対する意識や価値観が変わり、30代や40代前後でも婚活が活発です。

ここでは、なぜ晩婚化が進んだのか、アラフォー独女が幸せな結婚生活を送るために必要なこと、自分に合った婚活サービスの選び方などを紹介したいと思います。

なぜ晩婚化が進んだのか?晩婚化が進んだ4つの要因

2010年国勢調査によると20代後半の未婚率は 66.1%、男女別にみると男性は 71.8%、女性では60.3%という結果になりました。

戦後間もない1950年では、男性が 34.3%、女性が 15.2%であったのに対し、60年後の調査では、男性と女性共にかなり未婚年齢が上がってきています。この60年の間にいったい何が変化していったのでしょうか。

まずは、アラフォー女性の婚活の方法をご紹介する前に晩婚化が進んだ原因について探っていきましょう。

不況など社会的な影響から

日本では今所得格差が広がっています。まず、一つが世代間格差。今の高齢者は年金や社会保障にも恵まれています。その一方、若い世代の肩にはその負担がぎっしり重くのしかかっています。

今の50歳以下の人たちは、年を取ったとき、現在の高齢者のように充実した保障がもらえないことを百も承知ですが、この現実を私たちの力ではどうしようもできません。

世代間格差の他にも正規社員と非正規社員(アルバイトや派遣社員など)という格差もあります。35歳以上の男性でも非正規社員はとても多く存在しています。

「将来や仕事が安定しないのに結婚なんて考えられない。まずは家族を養えるだけの経済力をつけなければ…」と普通の男性であれば考えるのではないでしょうか。そして、それに伴い私たち女性も社会で働くのが当たり前の時代となっていったのです。

女性の社会進出が増えた

男女雇用機会均等法により、バリバリと働く女性たちが増えてきました。自らの力で収入を得られるようになったことにより、女性たちは経済的にも豊かになり、精神的にも自立してきています。

実際に「男性に頼らなくても生きていけるかも?」なんて考える女性たちも増えてきたように感じます。

仕事をバリバリとやっている女性たちは

「もし結婚して子供ができたら仕事を辞めなくてはならないかもしれない」
「自分が育休や産休で休んでいる間、今のポジションは失われてしまうかもしれない」
「復帰できるかどうかも分からない」

そんな不安にかられると結婚はまだまだいいかな…なんて思ったり。

実際に今の日本では、女性にとってキャリアの維持と子育ての両立はとても難しいのが現実です。職場によっては産休や育休が取りにくかったり、復帰後の職位が保障されていないなんてざらにあるからです。

女性が仕事に生きがいを持って働けるようになった今、結婚と仕事を天秤にかけて「結婚はもう少し先でもいいかな」なんて二の足を踏んでしまうのもうなずけますよね。

恋愛の自由化が活発に

スマホやSNSを通して男女の出会いは簡単になってきました。結婚を考えた真剣な交際に発展することももちろんありますが、異性との出会いチャンスが増えれば増えるほど、別れも簡単にできてしまうもの。そうなると結婚まで進みにくい。

恋愛至上主義が一般化したことでお見合いの割合も非常に少なくなってきました。

近所や知り合いのおばちゃんが、年頃の男女を紹介しあいながら、結婚へ導くという日本古くからの仲人制度もほとんどなくなり、当人同士がお互いの魅力にひかれあいながら、交際~結婚へと発展していく…。

そのため、消極的な性格だったり、出会いがなかったり、見た目的に自信がない男女たちは、「恋愛したくてもできない、結婚したくてもできない」という結果に陥りやすくなったのです。

本気で結婚を考えていない

このように見てきますと晩婚化が進んできている背景にはいろいろあるということが分かりました。しかし、最も大きな原因は、結婚に対する真剣度です。

「本当に結婚したい!!」
「なんとしてでも今すぐ結婚したい!!」

と本気で思っていれば婚活をとっくの昔から始めていたと思います。しかし、本気で考えていなかったからこそ、晩婚となったのです。

本気で結婚に踏み切れなかった大きな理由に独身生活の快適さを上げる人もいるかもしれません。結婚すると時間やお金などの自由がなくなり、いろいろな面で縛られてしまうのは当然のこと。独り身はやっぱり気楽です。自由があります。

「今はまだいいかなっ」とダラダラ過ごし、気がついたときには、周りは既婚者ばかりだった。

なんてアラフォー独身女性たちはよく嘆いていますが、まさにそんな感じです。「いい人がいれば…」と運に任せているといつまでたっても結婚ってできませんもの。

アラフォー独女が幸せな結婚をするには

このように社会的な背景から個人的な考えまで様々な理由で晩婚化が進んでいます。アラフォーになってはじめて「結婚しよう!」と思い、婚活をスタートする人もたくさんいます。

しかし、です。いきなり婚活を始めても失敗してしまいます。というのも結婚市場で人気になるのは若い女性たちです。いくら同世代に比べて美人でもてはやされたとしても「若さ」という武器には勝てません。

だからこそ、婚活を始めるなら闇雲に動くのは厳禁ですよ。

では、アラフォーで婚活を成功させるにはどの点に気をつけたらよいのでしょうか。

「出会いがない」と人や環境のせいにしない

  • 私にぴったりの男性がいない
  • 出会いの場がない

このように人や環境のせいにしているうちは、素敵なパートナーに出会うことはできません。周囲のせいにすることで自分に原因があるなんて微塵も感じていないからです。

アラフォーまで結婚できなかったというのにはそれなりの理由があると思います。それは、結婚できない人自身に原因があると責めているわけではありませんよ。それは誤解しないでくださいね。

たとえば、自分にあった男性が身近にいなかったり、長く付き合っていた人と結婚寸前までいっていたのにお互いの家庭の事情などで一緒になれなかったり、仕事に没頭して気が付いたら独身のままだったり…。実際に環境やタイミングなどが原因だったかもしれません。

しかし、すべてをそのせいにばかりいてはダメです。もし、ぴったりの男性が身近にいなかったり、自分から動かなければ出会いのチャンスがないのであれば、出会いの場に自ら出向くとか、もっと能動的に動くなどいくらでも方法はあるのですから。

自分の価値を冷静に判断する

結婚相手に求める条件、あなたはいくつありますか?

「外見、学歴、年収、身長、性格などすべての条件がパーフェクトだったら…」なんて考えたりしていませんか?

誰でもが少しでも条件の良い人と結婚したいと思っているはず。でも、そんな理想的な男性なんてほんの一握りです。

それに相手の条件が良ければ良いほど、他の女性たちからの人気もあり、モテます。モテれば当然ですが、競争倍率も高くなる。自分自身もその人から選んでもらえるような素敵な女性になれるように外見から中身まで磨かなくてはなりません。

でも、条件のよい男性が選ぶ女性というのは、大体が若いきれいな女性だったりするのが現実…。厳しいことをいってしまうと相手の条件ばかりにこだわって上から目線でリサーチする前に冷静に自分の価値を判断するということが大事です。

自分はそれほどでないのに相手に求めるものが高いといつまでたってもパートナーなど作れません。やはり、幸せな結婚をする人というのは、自分の価値を良く知り、それに似合ったパートナーと付き合ってゴールインしているように感じます。

また、外見や年収など目に見える評価ばかりでなく

  • 優しさや思いやり
  • 決断力
  • 心の広さ

など、内面的なところにも目を向けると良いでしょう。目に見える条件で結婚しても長続きしないからです。

結婚は生活なので人と人との相性や思いやりなどの内面的な良さは外せません。これがうまくいかなければ結婚生活は長続きしない!これは、周りの既婚者たちをみても本当にそう思います。私自身も心底思う今日この頃です。

若さに負けない武器を持つ

正直にいいます。恋愛や結婚市場にいて「若さ」は決定的な武器です。そう、悲しいことに若いというだけで有利なのです。

20代の頃いくら美しかったとしても、40代になれば、どんなにメイクに力を入れたとしても若い女性たちにはかないません。ハリのあった肌も弾力を失いますし、シワだってできます。体型も崩れていくことはしかたないことでしょう。

私も鏡をみながら、自分の顔の衰えにため息をつくことが多々あります。エイジング化粧品を使用したり、ジムに通うなど確かに努力である程度は抑えられたとしても限界がありますしね。

特に男性というのは、女性の見た目にハマります。潤いのある肌や体型の整った若い女性というのはそれだけで価値があるのです。また、子供を産んで育てるということを考えれば、妻にするには若い女性の方がいいに決まっていますしね。

悲しいことですが、これは一般的に本当のことです。受け入れなければならない現実です。

「であれば、アラフォーで婚活なんて無理があるんじゃないの?」と思われがちですが、若さに代わる自分の魅力を探してそれを磨いて武器にすれば、いいのではないでしょうか?

「若さに代わるもの?」たとえば、そのひとつに人生経験がありますよね。40歳の人は20歳の人に比べて20年も多くこの世に生きて色々な社会経験を積んでいるわけです。

相手への配慮や親身になって対応できる能力、ミスや失敗があってもそれを頭ごなしに叱るのではなく、受け止めてあげられる懐の広さ。これは、今まで生きてきた中で自分も同じように悩んだり、失敗したことがあるからこそ、できることです。

若い女性に負けないアラフォー女性の魅力を上げてみました。

  • 落ち着きのあるところ
  • 大人としての余裕
  • 一本筋が通った強さ
  • 心の広さや母性
  • やさしさや気づかい
  • 相手に対しての思いやり
  • いつも笑顔
  • 女性としての色気
  • 人生経験が豊富
  • 酸いも甘いも噛分けたバランスの良さ
  • 料理の腕やレパートリーの多さ

「一般的に」という意味で個人差はありますが…。

でもこのように上げてみるとアラフォー女性って若い女性なんかよりもすごい魅力的だと思いませんか!若さの代わりになる武器って色々あるんです。

「この人と一緒にいてホッとするな」
「大人の包容力がたまらないよ」

と相手に思わせたらしめたもの。ぜひとも若い女性にはない、大人の女性の魅力を十分に培っておきたいものですよね。

上手に婚活サービスを利用しよう

shutterstock_268593518 - コピー
アラフォーまで結婚しなかった(またはできなかった)には、それなりの理由があるかと思います。

  • 仕事が好き(仕事にのめり込み過ぎた)
  • 自由気ままな独身生活に慣れてしまった
  • 性格的に受け身(自分から行かない。男性からのアプローチを待つタイプ)
  • 隙のない美人(男性が近寄りにくい雰囲気)
  • 魅力的な男性が近くにいなかった

他にもそれぞれ人によって若い頃に結婚しなかった(できなかった)理由はあるかと思います。上記にあげた理由より「結婚したい!」という気持ちが勝っていたなら、きっとアラフォーまで独身を貫いていなかったでしょうね。

しかし、今、本気で「結婚したい!」と思っているなら、婚活を真剣に考えるべきです。たとえば、婚活サービスを利用するというのも賢い方法ですよね。

結婚情報サービス

結婚情報サービスは

  • 相手の条件にこだわる(少しでも条件の良い男性と出会いたい)
  • 出会いの量やチャンスがほしい
  • 自分に自信があり、性格はどちらかというと前向きなタイプ
  • ある程度お金に余裕がある

という人におススメな婚活サービスです。

ツヴァイ、ノッツェ、オーネットといった大手の結婚情報サービスに登録して相手を探すという方法です。

まずは、会員になり、相手の希望条件を伝えたり、自分のプロフィールを提供したりして、双方が気に入ったらお見合いをマッチングしてもらうという方法です。(データーマッチング型)

結婚情報サービスでは実年齢が公開されます。見た目に自信があるのであれば、写真出しでアピールするのも良いでしょう。ちなみに入金と登録料を入れて10~15万くらい、その他月会費も1万円ほどかかります。(運営会社によって多少の差あり)

年齢も外見も公開、その上で気に入ってくれたなら、あとはフィーリングだけ。結婚情報サイトへの登録は自分の価値を知るうえで非常に勉強になるものです。「婚活市場で自分の本当の価値を知りたい!」という方は一度登録してみてはいかがでしょうか。

結婚相談所・仲人

結婚相談所や仲人制度は

  • 自分だけで一生涯の相手を探すのに不安がある
  • 背中をポンッと押されたい
  • 自己PRが苦手でサポートがほしい

という人に向いている婚活サービスです。

お堅いイメージのある結婚相談所。昔からある仲人やカウンセラーが入って男女それぞれの相談に乗りながら、互いに求める相手を探して紹介してくれる方法です。

この結婚相談所や仲人制度は公的な独身証明書を出さなければ入会できないという会社がとても多く存在しています。

相談者が会社の情報から検索して条件に合う人を探すというパターンと仲人が相談者のプロフィールを見て相手を見極めるというパターンの2タイプがあります。

婚活パーティー

婚活パーティーは

  • 価格が安い
  • 一度にたくさんの男性と出会える
  • 相手の雰囲気が分かりやすい

というメリットがある婚活方法です。

パーティー主催会社がイベント形式で催す会費制のお見合いパーティーのこと。会社勤めの人が集まりやすいように週末や土曜の夜、日曜の昼間に行われることが多いようですね。

男女合わせて10人くらいとこじんまりとしたものから、30人規模、100人もの大規模なパーティーまで。

男女1つずつ隣の席に移動しながら会話し、話した後はフリータイムで気になった人ともう一度話せるという主流のパーティースタイルから、料理やスポーツ、バスツアーなどのイベント式スタイルまで様々なパーティースタイルがあります。

前もって相手の情報を知らないので会った直後に感じたインパクト(直感)というものをダイレクトに感じることができます。つまり、条件や理屈ではなく、本能的なもので相手とのフィーリングを重視したい人に向いている婚活法ではないでしょうか。

また、一度に大勢の男性と出会うことができるので、仕事などでなかなか婚活をマメにできないという人にお勧めです。ただし、パーティーに参加している人のすべてがすべて真剣に結婚相手を探しているとは限らないのでお気をつけて!

趣味やサークル

趣味やサークルでの出会いは

  • 自然な形で男性と出会いたい
  • 結婚相手は同じ趣味の人がいい
  • 自分も楽しみながら婚活したい
  • 休日など時間に余裕がある

という人に向いている婚活方法ですね。

共通の趣味やサークルを通して自然な形で仲良しになっていきたいという人にとても向いているかと思います。

とはいっても、ただ趣味やサークルに没頭したり、楽しんでいたら、婚活にはなりません。たとえば、バレエや茶道や華道といった女性が多いところに入っても男性との出会う確率ははるかに少ないでしょう。

逆にテニスやゴルフなどは男性との出会うチャンスがあると思います。手とり足とり教えてもらえるのではないでしょうか。

最近では、男性と一緒に料理をしよう!なんて婚活企画もあるようですよ。このようなイベントは、料理作りを通して仲良くなっていこうという婚活イベントの一種ですが、それがご縁で実際に付き合って結婚したというカップルもいるとか。

婚活サイト SNS

婚活サイトでの出会いは

  • 毎日忙しくてなかなか出会いの場に行けない
  • 自宅にいながら出会いのチャンスがほしい
  • 婚活にお金をかけられない

という方にピッタリな婚活方法です。

ネットサイトに登録して希望に合った人とメール交換し、出会うという今どきの出会い方法もあります。エキサイト恋愛結婚やヤフー縁結び、ブライダルネットなんていうのが有名ですよね。

facebook、mixi、twitterなどのSNSをつかったソーシャル婚活も意外と浸透しているようですね。

わざわざ合コンやサークルなどで婚活しなくても相手を自宅で探し、コンタクトがとれるので忙しい方にピッタリです。

料金もゼロ円から1万円以内とお安めに設定されているので気楽に始められる反面、個人情報流出などの危険性もあるので要注意です。個人情報が拡散しないためにも、気を許して色々な情報をネット上に書いてしまうことのないように気を付けた方がいいでしょう。

ただし記事最初の晩婚化の原因のところで書きましたが、出会い系やSNSで色々な男性と巡り合えるチャンスが増える一方、相手選びを慎重に行い、サービスを正しく利用しないとただの都合のよい遊び相手になってしまう危険性があります。

結婚を真剣に考えるなら、適切なサイト選びも大事です。サポートがしっかりとしているかどうか、下調べをして選んでくださいね。運営会社が大手であれば、何かあったときにきちんと対処してくれると思います。

自分に合った婚活法でステキな出会いを!

shutterstock_200257784 - コピー

このように男女の出会い方は色々な方法があります。

「アラフォーだから結婚なんて無理」と言わずにぜひとも出会いの機会を広げてください。きっと素敵な出会いがあるはず!その中で「これぞ!」というお相手に出会えたら、若い女性には負けないアラフォー女性の魅力を十分に発揮してみてください。

アラフォー女性の婚活がうまくいくポイントは2点です。

  • 若さには勝てないのでそれに代わる自分だけの武器を持つこと
  • 自分の価値を良く知り、それに似合った男性を探すこと

人生80年。アラフォー女性たちの幸せゲットはまだまだこれからですよ!

この記事をシェアする

関連記事

コメント