• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

婚活の最初のデートのときに着ていく服は似合う服or着たい服?

Date:2013.12.01

さあ、婚活最初のデートの日。あなたは何を着ていきますか?似合う服?着たい服?

婚活では着たい服を着よう!

自分が着たい服というのは試着してから似合うから着たいのです。本当に自分に似合っていなければ試着した時点でなんだか違うと買ったりしませんよね。

だけど、普段はクラシカルな服をきている女性が、以前から着たいと思っていたカジュアル系の服を着るというのはとってもいいことだと思います。

普段はパンツしかはかなかったけれど、モデル誌のあの人のような服をきてみたい、なんてとってもOKだと思います。それが思いきりミニスカートでも、露出系でも派手でもいいと思います。

相手がこう思うだろうからこういう服を着るというのはNG

男性に持てるのはなになに系というところから着る服を選ぶのはNGです。それは着たい服ではなくて着るべき服ということで義務になっているからです。大事なのは服に着られるのではなく、服を着こなすということです。そうすればどんな服でも着れます。

たぶん似合わないだろうから、というのはきっと本当は着たくないのだと思います。体形の問題もあります。ですが、無意識のうちに日々の自分の体形をも汲んだファッションを追求しているはずです。

ファッションに無頓着なのは一番ダメ

よくファッションに無頓着だからといっておしゃれをしない女性がいます。その時点でファッションに無頓着ではないと思います。きっとその女性はファッションよりも光るものを持っているのでしょう。

ファッションを意識しないと無頓着とはニュアンスが違います。なんとなく着ているというのは一番よくないということです。

日ごろからファッション誌に目を通す

何気なく服をきているという人は一度ファッション誌で勉強してみるのも一つです。図書館にいけば置いてあります。つまり似合う服から着たい服へチャレンジするということが大切なのです。そこで頑張れば輝きが増すはずです。

ですが窮屈な服はやめましょう。それは着たい服ではありません。背伸びして無理してきている感を少しでも持ったら、最初は着たいと思っていたかもしれませんが、それは単なるお門違いだったというだけです。

ですから意外と着たい服を探すというのはとっても難しいことなのです。その結果、シンプルな服が一番いいわという結論にたどりつけば、それが着たい服ということになります。

この記事をシェアする

関連記事