• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

婚活成功はプロフィールが握っている!魅力を最大限に発揮する書き方

Date:2016.09.02

shutterstock_454033078最近は、キャリアを手に入れてから結婚を考える女性や結婚願望が薄い女性が増加しつつあることから、男女共に初婚年齢が上昇中です。

周りに気づいて結婚に焦りを感じる女性が出逢いを求める場所は、合コンよりも婚活パーティーサイトが多いようです。

婚活では、プロフィールが重要視される傾向があるので、いくら自分を着飾っても質素な内容では魅力も半減してしまいます。

婚活が成功するか、それとも成功しないかは、プロフィールが握っていると言っても過言ではないのです。

今回は、自分の魅力を最大限に発揮するためにプロフィールを充実させる方法や魅力ポイントをプラスさせる書き方についてご紹介しましょう。

どうしてそんなに重要?婚活の際にプロフィールが重要視される理由

婚活パーティーや結婚相談所では、必ずと言っていいほどプロフィールを書くことが当たり前になっているようです。

プロフィールの細かい内容は、登録した結婚相談所や婚活パーティー会社によって違いますが、基本的には大きな違いはありません。

婚活のプロフィールは、相手を知る手がかりになりますし、第一印象として心に残ることもありますから、軽く考えずに真剣に向き合うことをお勧めします。

スーパーに並ぶ商品を思い出してください。商品は、ただ棚に置いておけば売れるわけではありません。

キャッチフレーズや商品の特徴など、何か消費者を引き付ける文言や写真が商品パッケージポスターなどに書かれているはずです。

結婚するために婚活会社に登録し、手数料や参加料を支払っているのですから元を取らなければもったいないです。

婚活する際には、自分を商品の一つだと考えて相手へきちんと正しく、そして好意を持ってもらえるような情報を記載する必要があるのです。

ここでは、婚活の際にプロフィールが重要視される具体的な理由についてご紹介します。

これを読めば、プロフィールと真剣に向き合おうという気持ちになるのではないでしょうか。

自己紹介になるから

プロフィールには、名前や年齢などの基本的な情報だけではなく、プロフィールや売り込みポイントなどを記入できます。

事前提出の場合は、会う前に相手へ情報を伝えることができる唯一の方法です。

情報がほとんどなくただ会うより、簡単でも自己紹介があることで相手のことを想像できます

事前のプロフィールによって相手へ良い印象を与えることができれば、婚活成功への第一歩ではないでしょうか。

自己アピールになるから

プロフィール欄は、登録会社ごとに違うとご紹介しましたが、中には自己アピールする欄がない場合もあります。

その際は、ご自身の職業や趣味などの欄で相手へさりげなくアピールしちゃいましょう。男性が好む職種は、以下のような仕事をする女性と言われています。

  • 保育士
  • 幼稚園教諭
  • 介護士
  • 看護師
  • キャビンアテンダント
  • 受付嬢

上記のような優しさや気配り、配慮などが求められる仕事が多いようです。

しかし、例え上記のような仕事をしていないからと言って悲観する必要はありません。

「家族の介護をしている」、「ボランティア活動に参加している」、「親戚や友達にベビーシッターをよく頼まれる」など一言添えるだけでも同様の効果が期待できるでしょう。

希望条件を口頭ではなく明記できるから

プロフィールが重要視される理由として、希望条件を口頭ではなく文字で伝えることができるというメリットがあるからです。

希望年収や恋人遍歴、長男かどうかなどはなかなか面と向かって聞きづらいですが、事前に明記しておくことで相手に会ってから聞く必要もありません。

最近では、共働きや専業主婦を希望するかどうかの欄も設けられているプロフィールも増えているようなので、チェックを入れるだけで言いづらいことを伝えることができます。

希望や意見に関して多々ある場合はできるだけ自分の口からではなく、プロフィールからか婚活会社の担当者の口から伝えたほうが相手も聞き入れやすいようです。

写真で相手を想像しやすいから

プロフィール欄には写真を添付することもあります。実際に会ってみてから顔を知るというスタイルの結婚相談所もあるようですが、添付することが増えつつあるようです。

会ってみてから好みの顔ではないと断られるよりは、事前に顔を知っておいてもらってから会ったほうが婚活はスムーズにいくということから、添付が必須ということもあります。

写真から相手に魅かれるという一目惚れを狙う場合には、スナップ写真ではなく写真館で正装して撮影した写真を持ち込む女性も増えているようです。

プロフィールに花を添えると考えれば気合も入るでしょう。婚活に対する真剣な態度は、同じく真剣に結婚相手を探す男性の胸に響くのではないでしょうか。

履歴書代わりになるから

実際の雰囲気は会ってみなければわかりませんが、詳細に自分のことを記載することで履歴書のような役割を果たします。

特に面白さや興味深さのない内容よりは、内容が充実していたほうが相手の人間性がわかりやすく、将来を想像しやすいので結婚へと発展する可能性も高まるのではないでしょうか。

婚活プロフって具体的にどんな内容?一般的なプロフィールの内容とは?

先ほどもご紹介した通り、登録した結婚相談所や婚活パーティー会社によってプロフィールの内容は違いますが、具体的な内容は以下です。

  • 氏名
  • 年齢
  • 趣味
  • 職業
  • 出身地
  • 自分の性格
  • 希望や理想
  • お相手への条件
  • 自己PR

上記にプラスして写真の添付が必須になる場合もあります。

応募したいと思った婚活関連会社のホームページを見ると登録時に必要な物やプロフィールについての詳細が書かれていますので、事前に確認してから登録しても良いでしょう。

プロフィールはどんな風に書くの?内容を充実させる書き方を身につけよう

では、具体的にどんなプロフィールを書いたら男性から好意を持たれやすくなるのでしょうか。

まずは、NGワードについてご紹介しましょう。避けるべき事項は以下です。

  • 経歴詐称や嘘
  • 特にない、興味なし(空欄にすることも)など真剣さが欠ける言葉
  • 希望条件ばかり並べる
  • 嫌、嫌いなど否定的な言葉
  • ネガティブな言葉
  • タバコやギャンブル好きなど女性らしさとはかけ離れたアピール
  • 3000万~5000万円までという高額な年収

上記のような言葉は、男性からの興味をプロフィールの段階で喪失させてしまう可能性があります。NGワードとして使わないように気を付けましょう。

では、一体どんなプロフィールを書けばいいのかと悩む方も多いでしょう。

ここからは、婚活用プロフィールの内容を充実させる書き方について詳しくご紹介していきましょう。

趣味や休日の過ごし方の欄はできるだけ充実させる

婚活は、付き合う相手を探しているわけではなく結婚する相手を探す活動です。

結婚して生涯を共にする相手ですから、趣味や休日の過ごし方が同じタイプのほうが無理なく過ごせるでしょう。

ですから、趣味や休日の過ごし方についてはできるだけ詳しく丁寧に記載することをお勧めします。

例えば、趣味がドライブの場合は「ドライブ好き」と一言だけではなく文章にして記載しましょう。

例文は以下です。

例文:「車が好きなのでドライブはもちろんですが、遠方の温泉地や観光名所などへ出かけることも好きです」

ドライブだけではなく、遠方に出かけるという文字を入れるとアクティブなイメージを持ってもらえることができますし、行動的な女性と認識してもらえるでしょう。

また、趣味が旅行の場合は「旅行好き」と一言だけではなく文章にして記載しましょう。

例文は以下です。

例文:「旅行が好きなので日本や海外問わず出かけています。旅行した気分になれる旅番組も大好きで、BS番組を観ることも好きです」

旅行好きだけでは、日本なのか海外なのかどちらへ行くことが好きかわかりません。

テレビ視聴も好きと書くことで旅行ばかりでお金がかかる女性ではなく、旅番組でも満足できる女性と伝えることができます。

この他に趣味としてお勧めしたいものは以下です。

  • 映画鑑賞
  • 節約料理
  • 洗濯や掃除
  • 園芸
  • 資格取得

この他にも、男性が好みやすい野球やサッカーなどを応援することが好きという趣味お勧めです。

先程ご紹介した通り、上記のような趣味を一言ではなく文章にすることで、どんなことが好きで、どんな性格かも一緒に伝えることができるでしょう。

趣味は1個でなくても良いので、幾つかの趣味を組み合わせることで、相手の男性が共通点を見つけることができるかもしれません。

また、休日の過ごし方の欄にも趣味と同様に文章で書くことをお勧めします。

趣味の欄で書ききれなかった事柄を書いても良いでしょうし、趣味とは別の一面を出しても良いでしょう。

「休日は友達や家族と会ってリフレッシュしたり、家でのんびり過ごすこともあります」

趣味でアクティブさを出した方は、逆に家で過ごすことが好きと言う一面も出しておくと、アグレッシブな女性と落ち着いた女性の両面を出すことができるでしょう。

自分の性格は否定せず肯定的に書く

婚活のプロフィールでは、自分の性格についても触れなければいけない欄があります。

明るく、朗らか、誰とでも仲良くできるなどアピールできるような性格であれば、どんどん書いて全面に押し出していきましょう。

自分の性格で嫌だなと思う部分がある場合は、そのまま書かずにあくまでも客観的に書きましょう。

自分の性格は、否定せずに肯定的に書かなければ男性の目に留まりにくくなるからです。

例えば、以下のような否定的性格は肯定的に書き換えましょう。

  • 「子供っぽい性格」と言われる場合は、「子供と感性が合うようで子供と遊ぶことが好きです」と母性を漂わせましょう
  • 「貧乏性」と言われる場合は、「どんな物でも大事にするので長く大事に使うことから節約上手です」と家庭的な面を漂わせましょう
  • 「合コン好き」と言われる場合は、「人と会うことが好きで友達に誘われたら出かけるというフットワークの軽さがあります」と活発で明るいイメージを漂わせましょう

自己PR欄は必ず埋める

プロフィールの中にある自己PR欄は必ず埋めることで、結婚したい気持ちが強さや真剣さを伝えることができます。

ただ単に「結婚したいです」と一言だけでは、効果はありません。そもそも結婚したい男女が登録しているわけですから、結婚したいという気持ちはみんな一緒です。

ここでは、他の女性とは違った書き方をしてあなたの魅力を伝えるべきです。

例えば、以下です。

  • 「穏やかな性格の割に粘り強さもあると周りの友達から言われています。素敵な男性と出逢えたら、持ち前の粘り強さで私に飽きてしまわないように頑張りたいと思います」
  • 「仕事を頑張っていて、気づいたら周りの友達はみんな結婚していました。これからは仕事ではなく、家庭を一番に考える妻と母親を目指していこうと思います」

自己PR欄は、PRして良い欄ですからし過ぎということはありませんので、謙虚にならずしっかり自分をPRしましょう。

自由記述欄を上手に活用する

婚活プロフィールの中には、自由記述欄を設けている婚活会社もあります。

自由記述欄だからと手を付けない方もいるようですが、上手に活用して自分の魅力をあますことなく伝えましょう。

「笑顔が絶えない穏やかな家庭を築きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします」と、あえてお願いしてみても良いでしょう。

また、絵が得意な方は結婚式を挙げる男女や子供と3人での家庭生活などを描いても良いでしょうし、詩が好きな方はポエムを書いても良いでしょう。

血液型や好きな国、季節など記述スペースがなかったことを書いても良いでしょう。

せっかくの自由記入欄なのですから、何も書かないなんてもったいないですので、絵でもお願いでも自分の好きな音楽ジャンルでも何でも良いですから埋めることをお勧めします。

書き方次第で印象が変わる!魅力をアップさせるプロフの書き方はコレ!

婚活のプロフィールは、真面目に伝える部分だけではなく、ユーモアや楽しさを伝える言葉や文を交えてありきたりにしないことで魅力はアップするでしょう。

また、男性は言葉よりも数字によってイメージを明確化しやすいと言われていますので、数字を上手に使うこともお勧めです。

魅力をアップさせたい時にお勧めの内容を3個ご紹介しましょう。

  • 「私の好物ランキングベスト3ご紹介!」と自由欄でランキングを紹介してみる
  • 解けそうで解けないなぞなぞ書いて「答えは私と会ってくれたらお教えします」と答えを教えない
  • 旅行好き、映画好き、検定好きなどは、旅行や映画鑑賞回数や検定合格した資格の数など具体的な数字も書く

この他にも魅力をアップさせるプロフィールの書き方はまだまだあります。具体的な書き方についてご紹介していきましょう。

全体的なバランスを考える

まずは、プロフィール全体を眺めてどんな項目があるか確認しましょう。

確認しないで書き始めてしまうと、欄ごとに文字数が違う、同じことを何度も書くなど全体的なバランスが悪くなる可能性があります。

絵ではないので見た目は関係ないと思うかもしれませんが、小さい字でダラダラと書かれているプロフィールは読みにくいですし、飽きすぎも質素過ぎて興味が湧かない可能性があります。

プロフィールの書き方に苦手意識がある方は、まずは最初に項目すべてを確認した上、予め下書きしてから書き始めるほうが良いかもしれません。

全体の文字の大きさや文章の量を合わせながら書くことで、プロフィールと真面目に向き合う女性という印象も残せるでしょう。

また、文字と文字の間隔を空ける、丸を付けるだけの項目は乱雑に囲まないなどによっても魅力的なプロフィールに見えるのではないでしょうか。

重要でも内容によっては繰り返すとくどいので一度だけと決める

年収○千万円や長男ではない人、公務員希望などご自身の希望は重要なことですが、だからと言ってプロフィールに何度も同じことを書くとくどい印象が残ります

更に、あまり希望や要望ばかり記入するとわがままな印象を与えることもあります。

先ほどもご紹介しましたが、自分に取って譲れないことだけ記入して、詳細事項はスタッフに直接伝えましょう。

そうすることで、要望が少ない謙虚な女性というイメージになるので魅力的なプロフィールのままで提出することができるでしょう。

相手に対して望むことは、女性だけではなく男性にも同様にあることですし、会ってみると気にしていた部分が消えるほど魅力的な人だったということもあります。

嫌な気持ちを抱えて結婚しないように希望や要望は伝えても良いですが、あくまでも一度だけ書けば、相手にくどい印象を与えないでしょう。

また、あくまでも希望と明言することもお勧めです。

「必ずしもではなく、あくまでも希望です」と書き添えることで、全ての相手の男性にチャンスを与えることになりますし、結婚確率アップに繋がるでしょう。

嘘になら無い程度に魅力ポイントをちりばめる

魅力ある部分を書くことは魅力に繋がりますが、書きすぎると高飛車なイメージや近寄りがたいイメージを与えることもあります。

魅力ポイントとしてお勧めの言葉は、「笑顔」です。笑顔は、昔から敵ではないということを伝える手段として使われてきました。

結婚するなら笑顔溢れる家庭を築きたいと誰もが思うのはないでしょうか。

例文は以下です。

例文:「前向きになれるので、普段から笑顔で過ごすことを心がけています」

上記のように、明るい女性というイメージを与える、笑顔だけではなく前向きという言葉も使うことであなたの魅力はアップするでしょう。

バストが大きい、足が細いなど自身でアピールしたい部分があっても、お相手の男性はもしかしたらバストが小さいタイプが好きかもしれません。

容姿についての好みは個人によって違いますし、異性にモテるかどうかも本人にはわからないことなので書かないほうが無難でしょう。

どうしても書きたい場合は、以下のように書きましょう。

  • 「学生時代は異性ウケが良くてモテましたが、今は仕事中心でなかなか出逢いがありません」
  • 「若い時からスタイルがいいと言われているので、体型をキープしたくて週末はジムに通っています」

異性ウケを過去の出来事にすることで、今遊んでいるイメージが消えますし、スタイルについても保てているのはジムに通っているからという努力家のイメージになります。

プロフィールを魅力的に見せることで自身の魅力もアップしますが、あくまでも本当のことを書いた場合です。

あまりハードルを上げ過ぎると相手の男性にがっかりされることもありますので、後で会うことを念頭に置いて魅力ポイントをちりばめましょう。

ご紹介した文はあくまでも例文なので、ご自身とすり合わせて魅力的な文章を考えてみて下さい。

プロフィールは字体も大切!下手でもイイから心を込めて丁寧に書こう!

婚活用のプロフィールだけではなく、履歴書や各種応募用紙、手紙など誰かに文字で内容を伝える際には字体も大切です。

プロのように整った字を書くことができなくても、例えバランスが悪い文字しか書けなくても1字1字に想いを込めて書くことが大切です。

文字は顔や声と同じようにあなた自身を表す特徴の一つですから、丁寧に書くことで相手の心に訴えかけることができるのではないでしょうか。

特に、婚活のプロフィールは将来を左右する大切なものですから、文字に自信がない方は以下のことに意識しましょう。

文字と文字が重ならならないように間隔を空けることはもちろんですが、中心にくる部位だけは真っ直ぐ書くことを意識しましょう。

文字が斜めにならないように定規や下敷きを文字の下に添えながら書くこともお勧めです。
慣れてしまえば意識しなくても自然にかけるようになるでしょう。

婚活会社によっては事前提出ではない場合もあります。婚活パーティーの場合は、プロフィールだけではなく名札も自分で記入することもあるのです。

男性と会う当日に何かを書くという形式をとる会社もあります。

大事な書類やプロフィールを書く時に焦らないよう、普段から文字を丁寧に書くことを意識してくださいね!

この記事をシェアする

関連記事