• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚前に見極めておきたい。「こんな男性」と結婚すると苦労する

Date:2012.08.30

恋愛と結婚は別のもの、というと反感をかうことが多いですが、結婚すると楽しいことばかりではなく、つらいこともいやなことも乗り越えていかなくてはなりません。

人間は苦しいときに本当の姿が見える、というように、「ここぞ!」というときに頼りになる男性と結婚するのが理想です。

盲目的な恋はいつかは冷めてしまうことが多いです。冷めたときに、今度は別の愛情が生まれ、その人と生涯を共にできるといいのですが、耐えられないくらいいやになってしまっても離婚はそう簡単ではありません。

完璧な男性はそうはいないかもしれませんが、もしかしたら恋愛中にみえるその男性のこんな言動やあんな行動が、結婚後にはあなたの苦労になってしまうかもしれません。

すべてが母親任せの同居男性

母親が専業主婦で家事すべてをこなし、彼には掃除一つ、片付け一つやらせない、という環境で育った男性。自分の部屋の掃除も母親任せで、自分は仕事と遊ぶだけ、という男性はもちろん結婚後も妻にそれを任せます。

妻が仕事をしていようが、家事は女性がやるものと思い込んでいるので、手伝うことはしません。さらに掃除も洗濯も料理もできないので、奥さんがいないと困るのですが、それでも自分でやろうとは考えません。

共働きだと疲れてご飯を作りたくない日もあるので、ときには外食もしたいものですが、そんな男性に限って家でご飯を食べることを好みます。

周囲のマメな旦那さんを引き合いに出し「こんな旦那さんは偉い」と言ってみても、自分には関係ない、よそはよそ、とどこ吹く風。

こんな男性と結婚するなら、専業主婦になるか、彼を教育していかなければ妻のあなたが苦労をする可能性が高いです。

金銭感覚のない男性

お金に困らずに育った男性は金銭感覚がないので、結婚後やりくりができません。電気はこれだけ使えば電気代がかかるし、お金がないと払えない、と言ってもどうにかなるだろうと妻に任せきり。

計画性がないので、欲しいと思ったものはお金がなくても買ってしまう。もちろん貯金もできません。結婚後は奥さんがしっかりとお金の管理をして、無駄に使わせないようにしないと生活していくことができません。

自分が1番という男性

自分の好みや趣味を最優先する男性。デートも自分の好きな場所しか行かない、映画も自分の観たいものを観るだけで彼女の好みに合わせない、ということが多い男性は注意しましょう。

結婚後も自分の行きたいところに自分だけで行ってしまったり、奥さんの希望を聞いてくれないことが多くなります。お互いが趣味のある友達と出かけることも多くなり、夫婦一緒の行動が少なくなり、夫婦でいる意味とは?なんて考え出します。

一つでもいいので二人で楽しめる趣味を持たなければ、夫婦の危機を招くことも。

転職を繰り返す男性

一つの会社にとどまることなく、転職を繰り返す男性は結婚後も安定した職に就けるとは思えません。最低でも3年は同じ会社で仕事をしているかどうかが目安になりますが、転職ばかりしているということは、その男性の性格に難アリ、かもしれません。

こらえ性がない、協調性がない、飽きっぽいなどの性格で仕事も続かないようでは家族を養っていくことができないでしょう。

仕事のできない男性との結婚は苦労しますよ。その分奥さんは旦那さんの分までずっと仕事を続けていく覚悟が必要です。

モテる男性

女性にモテる男性は浮気の心配が絶えません。仕事で遅くなったとしても、浮気では?と疑ってしまう毎日を過ごすことになるかもしれません。モテる男性はよほどしっかりと「浮気はしない!」と思っていないと誘惑が多い分、誘惑に負けてしまいます。

女性の友達が多く、飲みや遊びに出かける男性も注意が必要。浮気をしたことがある場合は、結婚は考えた方がいいかもしれません。

考え方が違う

よく離婚の原因として性格の不一致、というのがありますが、意見が違うと疲れてしまいます。お互い自自分の意見が通らないとストレスになりますよね。しょっちゅう意見の食い違いでケンカをしてしまうことにもなります。

意見を言い合える最初のうちはいいのですが、徐々にケンカするのも面倒になって何も言わなくなるのは幸せな結婚生活をしているとは言いがたいですね。結婚前にどれだけ意見が合うか、考え方が同じか、を確認しておくことが大切ですよ。

この記事をシェアする

関連記事