• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

コンタクトレンズはソフトとハードどっちがいいの?

Date:2013.09.17

コンタクトレンズを購入する時、ソフトレンズとハードレンズのどちらにしようか迷ったことはありませんか?眼科医が必ず勧めてくるのはハードレンズ。ではハードレンズは何がソフトレンズより良いのでしょうか。

ハードレンズのメリット・デメリット

ハードレンズはやはり扱いやすいというのがメリットのようです。
お手入れもソフトレンズより楽ですし、大きさもソフトレンズより小さいので目に酸素が届きやすいというのが、眼医者さんの勧める理由のようです。

眼に酸素が届かないとどうなるかというと、目の奥の細胞が死んでいくそうです。死んだ細胞は生き返ったりしないので、周りの他の生きている細胞が肥大するそうですよ。自分の細胞がどうなっているかは眼科で見てもらえます。
そしてハードレンズは、目にゴミが入ると痛くて涙が出て大変ですよね。でもそれがいいそうです。痛い場合、どうにかして目に入ったゴミを取ろうと、レンズを外したり目を洗ったりするので、結果的に目を傷つけにくいようですね。

ではデメリットはというと、いつゴミのせいで痛くなるかわからないので、外で遊びにくいとかマスカラなどアイメイクをしにくいといったことでしょうか。
目が充血してしまうのもハードレンズの特徴ですね。充血がひどいと見た感じもあまり良くないですもんね。日頃からおしゃれに気をつかう人にとってはハードレンズは厄介なものかもしれません。

ソフトレンズのメリット・デメリット

ではソフトレンズはどうでしょう。
ソフトレンズは目の充血もありませんし、ゴミを気にする必要もなく、アイメイクもバッチリ!でも先ほど述べたハードレンズの反対で、ゴミを気にしないと、知らないうちに目に傷がついてしまうこともよくあるそうです。

お手入れも手を抜くと失明の危険もあるとか・・・ それに黒目全体を覆ってしまうので目には酸素が届きにくいし、目のことを考えるとソフトレンズはあまりよくないのかもしれないですね。

ではどうしたらいい?

やはり眼科医の勧めるとおりハードレンズを主に使うのがよさそうです。
しかし、どうしてもハードレンズでは都合が悪い時-例えば、目にゴミが入って涙なんか流していられない時、お化粧をばっちり決めていかなくてはならない時、スポーツ時-などは、使い捨てのワンデーレンズはいかがでしょう?

ソフトレンズは酸素が届かない分、長時間の装用は避けなくてはならないので、ハードをメインに必要な時だけワンデーを使うというのが良さそうですね。ワンデーレンズは、目を輪郭をくっきり見せるラインの入ったものやカラーレンズもあるので、おしゃれも思いっきり楽しめますよね。

あなたもコンタクトレンズはハードとワンデーを併用して、おしゃれに、かつ、目の健康も考えて過ごしてみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事