• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

コラーゲン食品の効果は嘘?本当に美肌効果のある摂り方とは

Date:2014.10.03

美肌を保つために努力している人たちの中には、お肌のためにコラーゲンを摂るようにしているという人も多いのではないでしょうか。中にはコラーゲンを摂るために多額のお金をつぎ込んでいるコラーゲン信者もいるかもしれません。

しかし、ひと言で「コラーゲン」と言っても様々な種類があることはご存知でしょうか?お金の無駄遣いにならないように、本当に効果のあるコラーゲンを知っておきましょう。

コラーゲンは食べても無駄?

「年と共に失われてしまうお肌のハリや潤いを補うためにはコラーゲンが必要!」これは嘘ではありません。実際、お肌だけに限らず人の体にとってコラーゲンは重要なもので、コラーゲンなどの減少が肌の老化に大きく関わっています。

しかし、「コラーゲンが含まれるものを食べると、コラーゲンが補給できる!」というのは嘘。

例えばコラーゲンがたっぷりの高級なフカヒレを食べたとしても、体の中に入ってしまえば消化されて一旦アミノ酸に分解されます。

体に吸収された後にまたコラーゲンとなるわけではなく、他の食べ物と同じように様々なものに振り分けられてしまうのです。爪を食べたらまた爪になって生えてくる訳ではないというのと同じです。

コラーゲンの中にはコラーゲンにしか含まれない成分があるのも事実です。しかし、一般的な食べ物で効果を出したい場合は山のように食べる必要があり、フカヒレ程度では全く効果はありません。

コラーゲンの効果は思い込みのパワー

コラーゲン信者の中には「いや、コラーゲンをたくさん摂った次の日は、肌がプルプルしている!効果が無いはずがない!」という人もいるかもしれません。確かにお肌に良さそうなものを食べた次の日にはお肌の調子がいいことがありますよね。

この点について以前知り合いの皮膚科医に聞いてみたのですが、お医者様曰く「思い込みのパワーですね。」とのこと。

「人の体は不思議なもので、気持ち次第でコンディションが左右されてしまう部分がある。例えば、悩みが多すぎると体に異常が出て病気になったりするでしょ?

それと同じで、『コレを食べたら明日はお肌がプルプル!』と強く思い込むことで、実際に効果が出ているんじゃないかな。」

もしそうなら、コラーゲンじゃなくても効果が出るかもしれませんよね。

本当に効果のあるコラーゲンとは

テレビのCMや雜誌の広告などでも美肌のためのコラーゲンサプリメント食品をたくさん目にします。コラーゲンを食べてもコラーゲンにならないなら、これらのサプリメント食品も無駄ということになるのでしょうか。

サプリメント食品を選ぶ時に注意して見るべきなのは、「コラーゲンがどれだけ含まれているか」ということよりも、「コラーゲンが低分子のコラーゲンペプチドかどうか」という点です。

一般的な食べ物に含まれるコラーゲンは高分子であるため効果がありませんが、低分子コラーゲンペプチドの場合はコラーゲン特有の成分が体に吸収されやすいため、医学的にも長期的に食べ続ければ効果があると認められています。

高額なコラーゲン商品も成分を見てみれば市販のゼラチンと変わらないというようなものもありますので、騙されることなくしっかりと効果のあるものを見分けましょう!

この記事をシェアする

関連記事